初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

トレッキング

トレッキングシューズにゴアテックスは必要?後悔しないトレッキングシューズの選び方

2015.06.05

今年は山デビュー!今年は富士山に登る!という人も多いのではないでしょうか。

ちょっと待って!ちょっと待って!

はやる気持ちを抑えて、まずは準備から始めましょう。山に行くにはそれ相応の装備が必要です。

とはいえ、一気に全て揃えることは難しいと思いますので、まずは基本だけご紹介します。足は第二の心臓!ということで、今回のテーマはトレッキングシューズです!

トレッキングシューズって?

photo by PIXTA

トレッキングシューズは、レインウェアと並んで最も重要な登山装備の一つと言われています。

登山は歩くスポーツなので当たり前といえば当たり前なんですが、サイズはもちろんのこと自分の目的に合ったシューズを選ばないと、とんでもない後悔をすることもあります。

ひとえにトレッキングシューズと言っても、軽登山用の比較的ソフトなものから雪山登山用のハードなものまで種類は様々です。

しかしその多くで共通するのが「ゴアテックス」という防水透湿素材を使っていることです。

ゴアテックスとは?

ゴアテックスとは防水透湿素材と言われるもので、レインウェアにもよく使われている素材です。

雨合羽や長靴では雨を防ぐことはできますが、どうしてもその内側に嫌な蒸れを感じてしまいますよね。体が濡れると汗冷えを起こしますし、足が濡れるとそれは靴ずれにつながります。

ゴアテックスは外部からの雨の侵入を防ぎ内部の蒸れを逃がしてくれるので、登山のようなハードなコンディションも想定されるアクティビティでは、時には命を救うほどに重要な役割を果たしてくれます。

山の天気は変わりやすい

photo by PIXTA

「雨の日には行かないから大丈夫。」なんて思ってませんか?山ではその斜面を流れる風の影響で、常に上空の大気が不安定になっています。

なので、晴れていたかと思えば急に土砂降りになったり、そしてまた何事もなかったかのように晴れたりということが起こりやすいのです。

そのため、天候に関わらずゴアテックスのレインウェアは必ず持っていくというのが登山の基本になっています。また、天気が晴れていてもぬかるみや朝露で湿った草地を歩くことも多くあるので油断は禁物です。

どうしてもゴアテックスのトレッキングシューズじゃなきゃダメ?

最近ではトレイルランニングやウルトラライトスタイルの登山が人気になり、トレイルランニングシューズで登山をする人が増えてきました。

しかし、軽いから。おしゃれだから。普段履きもできそうだから。という理由でトレイルランニングシューズを買ってしまうと、後悔することになるかもしれません。

は軽量性と通気性を優先するため、トレッキングシューズほど堅牢性や防水性を意識しない作りになっています。この二つは、全く役割の異なったものであると言えます。

トレイルランニングシューズはあくまで二足目三足目として、ある程度経験を積んで状況によって装備を変えられるようになってから買った方がいいかもしれませんね。

最初のトレッキングシューズ

photo by PIXTA

決して安い買い物ではないトレッキングシューズ。どれが無難なの?それは、その人がどこに目標を置くかによって変わってきます。

それほどアップダウンがなくきちんと整備された道をハイキングするくらいなら、それこそトレイルランニングシューズでも大丈夫かもしれません。

でも、ゆくゆくは富士山や奥多摩に行ってみたいという人であれば、やはりゴアテックスのトレッキングシューズを選んだほうが良いでしょう。一足目のシューズは自分の基本となるものですから、いろんな状況に対応できるものがいいですね。

まずはお店に行って、実際にトレッキングシューズを履いてみましょう!その際は、お店の人にフィッティングしてもらうのをおすすめします!

トレッキングシューズを手に入れたら、早速デビューさせてみましょう!アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、山デビューにぴったりのトレッキングのツアーも多数紹介しています。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でトレッキングツアーをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ryo

ryo

登山歴5年。バックパックを担いでの旅がライフワーク。
他にもボルダリング、釣り、サーフィンなどやりたいことがいっぱい。
詳しい方は是非教えてください!