初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

蔵王

山形蔵王でスノーシュー!名物の樹氷も見られるおすすめスポット3選

2015.12.06
日本国内、世界的にも珍しい大きな樹氷が見られる蔵王連峰では、スノーシューを履いて美しい樹氷を観に行くツアーが人気を集めています。山形蔵王近辺でスノーシュートレッキングしながら、怪物のように大きな「モンスター樹氷」も眺められるおすすめスポットを3つご紹介します。

photo by PIXTA

山形県と宮城県の南部の県境にある蔵王連峰は、日本国内、世界的にも珍しい大きな珍しい樹氷が見られることで知られています。

蔵王連峰の山形県側は「山形蔵王」、宮城県側は「宮城蔵王」と呼ばれていて、言わば「西洋式かんじき」であるスノーシューを履いて美しい樹氷を観に行くツアーが人気を集めています。

山形蔵王近辺でスノーシュートレッキングしながら、怪物のように大きな「モンスター樹氷」も眺められるおすすめスポットを3つご紹介します。

1.蔵王坊平(ぼうだいら)高原/蔵王ライザワールドスキー場

いい天気でした^ ^#青空#樹氷

A post shared by moko Mashi (@mokomashi) on

蔵王坊平(ぼうだいら)高原は、宮城県蔵王町の「お釜」と言われる火口湖から山形県側に下る蔵王エコーライン沿いに位置しています。標高1000~1200メートルにあって気温が下界より平均6~7度低く、冬季には蔵王名物の樹氷観察やスノーハイキング・トレッキングが気軽に楽しめます。

蔵王坊平高原の主要な施設は、有名な「蔵王温泉スキー場」に隣接する「蔵王ライザワールドスキー場」です。標高約1450メートルの最終リフトを降りた辺りから既に一面樹氷帯となっているのが壮観です。蔵王温泉の急斜面とは異なり、広々とした比較的なだらかな斜面にモンスター樹氷がゴツゴツと点在しているのも見ものです。

スノーシューやかんじき、クロスカントリースキーで樹氷めぐりを堪能することができます。

■基本情報
・名称:蔵王ライザワールドスキー場
・住所:山形県上山市蔵王坊平高原
・アクセス:【電車】JRかみのやま温泉駅よりシャトルバスで30分
【車】東北中央自動車道・山形上山ICより30分
・営業期間:12月16日〜4月2日
・電話番号:023-679-2311

2.熊野岳、刈田岳(かつただけ)

photo by PIXTA

「蔵王ライザワールドスキー場」から東の方角に緩やかな斜面を登ると、蔵王観光の中心地となっている「お釜」があります。「蔵王ライザワールドスキー場」の樹氷原から「御田の神湿原」の広大な雪原を抜けて「お釜」に向かうと、左に熊野岳、右に刈田岳(かつただけ)が見えてきます。

蔵王連峰の主峰である熊野岳と刈田岳の間の「馬の背」と呼ばれる一帯は、火山岩や火山礫で覆われた荒涼とした岩原です。

白一色の「馬の背」は、神秘的な雰囲気をたたえています。冬の「馬の背」から見られる「お釜」の風景が、迫力満点です。

■基本情報
・名称:熊野岳
・住所:山形県上山市蔵王
・アクセス:【電車】JR山形駅より山交バス乗車「蔵王刈田山頂(お釜)」下車
【車】東北自動車道・村田ICから蔵王ハイライン

■基本情報
・名称:刈田岳
・住所:宮城県刈田郡蔵王町
・アクセス:【電車+バス】東北本線白石駅よりバスで100分
【車】東北自動車道白石ICより70分

3.お釜

熊野岳と刈田岳の稜線の向こうに「お釜」があります。

周囲の荒々しい火口壁も雪に包まれた「お釜」はまさしく絶景です。晴れた日には太平洋の大海原が見渡せます。

例年11月上旬から4月下旬頃までは蔵王エコーライン・ハイラインの冬期通行止めに伴い、基本的には「お釜」を見学することができません。が、スノーシューやネイチャースキーなどのツアーでは、ウィンターシーズンの「お釜」の景色を満喫できます。

■基本情報
・名称:お釜
・住所:宮城県刈田郡蔵王町
・アクセス:東北自動車道・村田ICもしくは白石ICより車で約1時間
・電話番号:0224-33-2215

宮城蔵王の美しい樹氷原は「宮城蔵王自然学校」のスノーシューツアーで堪能しよう

宮城蔵王の標高約1681メートルの後烏帽子岳(うしろえぼしだけ)の美しい樹氷原を行くスノーシューツアー「宮城蔵王自然学校 えぼし岳登頂1日コース」もおすすめです。

宮城県最大規模の「みやぎ蔵王えぼしリゾート」というスキー場の最上部から、標高差約330メートルのコースでダイナミックに登頂するプログラムで、毎年1月中旬から3月中旬頃まで、お子様は保護者同伴が必要ですが小学3年生からご参加いただけます。

宮城蔵王の樹氷だけでなく、冬山登山の達成感も手軽に味わえます。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、こうした宮城蔵王のスノーシューツアーの詳細についてご案内しておりますので、ぜひご一読下さい。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で「宮城蔵王自然学校 えぼし岳登頂1日コース」をチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yuuko

yuuko

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。