初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

スキューバダイビング 沖縄県

久米島のスキューバダイビングショップでツアーに参加しよう!思い出作りはショップにお任せ!

2015.12.08
久米島ではスキューバダイビングショップがたくさんのツアーを開催しています。ところで「ダイビングショップ」って何するところ?ダイビングショップの役割と、久米島のダイビング・ツアーの特徴をご紹介します

スキューバダイビングといえば沖縄、沖縄といえば島、島といえば沖縄にはたくさんありますが、今回は久米島をピックアップ!久米島は、沖縄本島の西側にあるスキューバダイビングの地として有名な島です。

久米島に行くのであれば、ぜひ海に潜ってその美しさを実感してもらいたい!でも、スキューバダイビングで海の世界をのぞきたい場合、どこにどう問い合わせたら良いのでしょう?ということで、今日はスキューバダイビングショップの役割と、久米島スキューバダイビングの特徴をご紹介します!

スキューバダイビングショップの役割

そもそも「スキューバダイビングショップ」とは何をしているところなのでしょうか?

「ショップ」というと、ダイビング器材の販売を行っているイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は器材の販売の規模は小さく、ダイビングツアー主催の方をメインでやっている場所がほとんどなんです!

スキューバダイビングショップが主催するツアー:初心者用

スキューバダイビングショップが主催する初心者用のツアーは「体験ダイビング」と呼ばれるものです。水着と「潜るぞ!」という気持ちだけを持参すればすぐにできるスキューバダイビングで、水中のガイドであるインストラクターたちが海の世界を見せてくれます。

参考記事:スキューバダイビング迷っているなら「体験ダイビング」がおすすめ!

スキューバダイビングショップが主催するツアー:経験者用

スキューバダイビングショップが主催する経験者用のツアーは「ファンダイビング」と呼ばれるもので、スキューバダイビングのライセンス所有者が参加できるツアーです。

「体験ダイビング」の経験者は、再度体験ダイビングに参加できます。ライセンス取得には専門コースを受講する必要があります。

参考記事:スキューバダイビングを始めるには?ライセンス取得までの流れをご紹介!

スキューバダイビングショップは「スクール」も兼ねる

スキューバダイビングショップは「ショップ」と呼ばれていますが、「スクール」も兼ねている場所がほとんどです。初級レベルのライセンス取得コースからインストラクター養成コースまで、ショップによって様々なコースを開講しています。

参考記事:誰でも分かる!スキューバダイビングライセンスの種類まるっと紹介!

思い出作りはスキューバダイビングショップにお任せを!

上記のように、スキューバダイビングショップでは初心者・経験者共に楽しめるツアーを企画し、ライセンス取得希望者にはコースも開講しています。久米島に行く際、海の世界をのぞいてみたい人は是非スキューバダイビングショップに問い合わせてみてください。皆さんのスケジュールや予算に合った思い出作りを提供してくれます!

久米島でのスキューバダイビング

スキューバダイビングショップの役割がわかったところで、今度は久米島のスキューバダイビングについてご紹介です。

久米島スキューバダイビングのエントリー方法

スキューバダイビングを始める際、海への入り方はビーチから歩いて入る「ビーチ・エントリー」と、ボートで沖に出てから入る「ボート・エントリー」の2種類があります。久米島でのスキューバダイビングは「ボート・エントリー」が主流。スタートからダイバー気分満点です!

久米島スキューバダイビングの特徴

久米島の東西にはサンゴ礁が発達していて、防波堤のような役目を果たしています(バリアリーフ)。そのおかげで穏やかな海のエリアが広いのが特徴で、海中地形や魚の種類も豊富なため、初心者からベテランまでスキューバダイビングを楽しめます。

参考記事:久米島へスキューバダイビングをしに行こう!【離島の海の魅力シリーズその1】

久米島でのスキューバダイビング・ツアー

久米島のスキューバダイビング・ツアーは、「ボートで出かけ休憩は港」というパターンが主流です。ダイビング・スポットの多くがボートで片道10分ほどの距離なので、ダイビングとダイビングの間の休憩時に港に帰ってくることが可能なんです。船の上にい続ける必要がないので、船酔いしやすい人でも比較的らくに楽しむことができます。

1日1回潜るだけのツアーもあります。その際は港での休憩はなく、ダイビング終了後はショップに帰ることになります。

久米島のスキューバダイビング・スポット

久米島のスキューバダイビングショップが主催するツアーの行き先(ダイビング・スポット)は、上記1つと下記2つの参考記事でも紹介していますが、ここでももう1つ紹介します!

■アーラ■

#アーラ浜#久米島#gopro

A photo posted by yyy999 (@9yyy9) on

久米島で一番のサンセットが見られるアーラ浜の沖合にあるダイビング・スポットが「アーラ」です。島の南側なので北風の影響を受けず冬場も潜れ、リーフの切れ目(クレバス)やケーブなどの地形と、サンゴの群生も楽しめます。サンゴの中に身をひそめている小さい生き物を探し始めたら最後、止まりません!初心者から上級者までそれぞれの楽しみ方ができるダイビング・スポットです。

参考記事:

沖縄スキューバダイビング・ツアーの魅力!本島から離島まで一挙大公開!

沖縄スキューバダイビングのおすすめはこれだ!初心者向けスポットまとめ

これからスキューバダイビングの計画を始めるという人は、まずダイビングショップ選びから始めることをおすすめします。楽しく潜るのにショップ、スタッフとの相性は大切だからです。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、沖縄本島にある初心者が安心して参加できるスキューバダイビングショップのツアーを紹介しています。「どこから始めたら良いかわからない」という人は、是非参考にしてみてください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で沖縄スキューバダイビング・ツアーをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。
小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。

ツアーを予約する