初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

キャニオニング・シャワークライミング

キャニオニングツアーで必要なものは?川遊びで準備・装備するもの

2015.08.31
キャニオニングでの服装や装備品、必要なものをご紹介します。初めての方はぜひ参考にしてみてください。

水辺のアクティビティとして大人気のキャニオニング。

しかしキャニオニングツアーに行くのはいいけど一体どういう服装で行けばいいのか、どういったものを装備するのか悩まれてる方もいるのではないでしょうか?

そこで今回はキャニオニングでの服装と装備するものをご紹介します!

そもそもキャニオニングとは

キャニオニングとは「キャニオン=渓谷」で遊ぶこと。ロープを使って滝を降りたり、淵を泳ぎながら下流に進んでいくスポーツです。

キャニオニングツアーでの服装は普段通りでOK!だけど対策アイテムも必要!

キャニオニングツアーへ行く際は特別な格好をする必要はありません。いつも通りの服装で大丈夫です。

手ぶらで行くことも可能ですが、より気持ちよくツアーを楽しみたい方や着替える際のことなども考慮していくつか必要なもの、あると便利なものがあるので紹介します。

1 水着、水着がない場合はそれに替わる下着

こちらはどのツアー会社でも準備してもらうものとして紹介されています。ウェットスーツの下に着用するので大きすぎず、乾きやすいものにしましょう。

2 ゴーグル・メガネバンド

川の水が目に入ったりメガネが水没したりする恐れがあるのでゴーグル・メガネバンドを持っていくと便利です。

3 日焼け止め

日焼けが気になる方は日焼け止めも持っていきましょう。アウトドア全般に言えることですが熱中症の恐れもあるので、水分補給もこまめにとりましょう!

4 タオル、サンダル

着替える際にあると便利なのがこの2点。ツアー終了後、周辺の温泉に行かれる方は入浴セットも忘れずに。

5 ソックス

キャニオニングをしていると靴の中に細かい川砂利が入ってきます。より快適に遊ぶ為にソックスを準備しましょう。

6 その他準備すること

手足の爪が長い方は、ツアー中に怪我をしないように切っておいた方がいいです。指輪・ピアス・ブレスレット・ネックレス・時計などもツアー中は外しておいて下さいね!

キャニオニングツアーで装備するもの

「服装や必要なものの準備はOK!では装備品は?」

装備は全てツアー会社のレンタル品を使って参加することができます。ではキャニオニングをする際にどういったものを装備して、どういった効果があるものなのかを簡単に紹介します!

1 ヘルメット

リバースポーツ用の水抜けが良く丈夫なヘルメット。大切な頭の保護します。

2 ライフジャケット

からだをプカプカ浮かせて、泳げない人でも自然と楽しむことができる道具。転んだときの衝撃吸収の効果もあるので安心です!

3 ウエットスーツ

冷たい川の水でも全身の体温を保つことができる防寒具。寒さに弱い女性の方でも、春から秋まで快適に遊べます。

4 スライダーパンツ

大切なおしりを守り、天然岩でのスライダーをエキサイティングに滑る為に必要不可欠なアイテムです。

5 キャニオニングブーツ&グローブ

渓流専用のリバーシューズなので、濡れた岩場でも滑りにくく暖かいです。グローブは岩などから手を守り、安心して遊べます。

キャニオニングツアー旅行の参考に

さて今回はキャニオニングでの服装や装備品のご紹介をしました。ツアーではレンタル品や必要なものをしっかり準備して、より快適に楽しみましょう!

アウトドアレジャー専門予約サイト「そとあそび」では日本全国のキャニオニングツアーを随時紹介しています。ツアーのスケジュールや送迎の有無などの情報も掲載しているので是非計画を練る際はご利用してみてくださいね!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でキャニオニングを探してみる

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

Takeda Kohei

Takeda Kohei

新潟県出身、新潟県在住。高校時代は沖縄で過ごし、ダイビングや清流トレッキングなどを体験し、アウトドアや自然、観光などに興味を持つようになる。今年の目標はラフティングやキャニオニングを体験してその魅力を伝えること!