北海道の気になる温泉大集合!いい湯を求めて北海道を旅しよう 2017.05.23 北海道

北海道で人気の高い温泉をエリア別(道東・道央・道南・道北)にご紹介。日帰りでも宿泊でも利用できる温泉もあり。これを読んで北海道湯めぐりの旅に行こう!

北の大地・北海道は年間を通して人気の観光地。自然が豊富で天然温泉も多く湧き出ています。この記事では、北海道の温泉を4つのエリア(道央・道東・道北・道南)ごとにご紹介していきます。

北海道旅行や、湯めぐりのご参考にしてくださいね。

道央エリア

photo by PIXTA

北海道の中央よりやや東側の道央エリア。小樽、札幌、新千歳、ニセコなど新幹線でも飛行機でもアクセスが良く、短期滞在の旅行でも楽しめ、人気の観光スポットも集中しています。

市街地でショッピングや観光を楽しめる上、車で1、2時間も移動すると北海道の大自然も体験できるので、短期間で効率よく旅行するのにおすすめのエリアです。

道央エリアでは、積丹ブルーを味わえる積丹でのシーカヤックや、ニセコでのラフティングなどのアクティビティも楽しむことができるんですよ。

そんなアクティビティの後にもおすすめな道央エリアの温泉地を地域別にご紹介します。

小樽

小樽運河 photo by PIXTA

異国情緒触れる街並みや、ガラス細工やオルゴール館、運河に立ち並ぶ倉庫群と、街歩きするだけでも飽きない小樽。

スイーツの聖地としても知られ、北海道スイーツの本店や、オシャレなカフェも小樽には多いので、女子旅やカップルにおすすめです。

そんな小樽の温泉地といえば朝里川温泉。小樽市街地からも車で15分ほど、スキー場やホテル、保養所が点在しています。

小樽朝里川温泉 小樽朝里クラッセホテル

朝里川温泉の中でも、リゾートホテルとして幅広い世代に支持されている「朝里クラッセホテル」。

温泉はサウナ付きの大浴場や岩づくりの露天風呂で、泉質はカルシウム、ナトリウムを含む塩化物温泉。日帰り温泉としても利用できます。

温泉以外にもプール、スパ。テニスコート、フィットネスジム。アリーナなどホテル内だけでも飽きずに過ごせる施設が充実。


満月の夜にはロビーでコンサートも開催されているので、贅沢な夜を過ごせること間違いなし。リゾートがお好きな方、1ランク上のおもてなしを味わいたい方にはぜひおすすめのホテルです。

小樽朝里クラッセホテル
  • 北海道小樽市朝里川温泉2丁目676
  • 0134-52-3800

・アクセス:【車】札幌自動車道「朝里IC」より5分
・【電車・バス】小樽築港駅からバスで15分
・宿泊料金:プラン・時期によって異なる
・日帰り温泉料金:大人800円、小人300円(土日は大人1,000円、小人500円)
・利用時間:11:00~16:00(最終15:00)※平日は21:00(最終20:00)まで

ニセコ

ニセコ|羊蹄山 photo by PIXTA

北海道の中でも国内外から人気のニセコエリア。北海道の玄関口・新千歳空港から車で2時間と行きやすく、四季折々の楽しみ方ができるとあって、一年を通して人気のスポットです。

春は桜や芝桜、夏はラフティングなどのアクティビティが盛んで、秋は紅葉、冬はスキーと来るものを飽きさせません。宿泊施設やレストランも多く、季節を問わず観光客でにぎわいます。

ニセコ昆布温泉鶴雅別荘 杢の抄

ニセコの中でも最近口コミ人気急上昇なのが、「ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘杢の抄(つるがべっそう もくのしょう)」。

ハイセンスな内装とお洒落なインテリア、JAZZの流れる館内はまさに大人のための別荘。ラグジュアリーでいて、落ち着く雰囲気が休日の心と体をゆったりと過ごさせてくれます。

お部屋は露天風呂付きのスイートルームの他に、展望風呂付のデラックスルームやモダンな和洋室などどれも素敵なお部屋ばかり。その他共用施設として、露天風呂、貸切風呂などお風呂も充実しています。

泉質はナトリウムを含む塩化物・炭酸水素温泉で、トリートメント専門店によるエステメニューもあるので、お風呂の後はリフレクソロジーやフェイシャルエステでさらに極上体験も味わってみては?

お湯だけでなくお料理も格別。ニセコの大自然の恵みを匠の技で贅沢にいただくことができます。

季節のお膳がついた夕食とセットの日帰りプランもあるので、日帰りでも宿泊でも旅程に合わせて選んでみては!?

食とお湯と至れり尽くせり。記念日や特別な旅行にぴったりのお宿です。

ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘杢の抄
  • 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ393
  • 0136-59-2323

・アクセス:JRニセコ駅から車で15分
※JRニセコ駅から無料送迎車あり
・宿泊料金:プラン・時期によって異なる
・日帰りプラン料金:【夕食+入浴付】大人9,504円~
※前日20時までに要予約

定山渓

定山渓|さっぽろ湖 photo by PIXTA

札幌から1時間ほどの景勝地・定山渓(じょうざんけい)。四季折々の風景を楽しむことができ、日本屈指の紅葉の名所でもあります。近くには定山渓ダムや定山渓神社もあり、札幌市内にいながら自然も楽しむことができます。

定山渓温泉 定山渓ホテル

そんな定山渓には宿泊施設が点在していますが、ここでご紹介するのはファミリーにおすすめの定山渓ホテル。

View this post on Instagram

おはようございます。

A post shared by Junya Ueda (@junya_to_you) on

さすが北海道!な広々とした大浴場が自慢で、露天風呂や子供用の滑り台もあり、お子様も大喜び。大浴場の他にも岩風呂やサウナがある中浴場もあり、時間によって男女入れ替え制で利用でき、日帰り入浴も可能。

お食事は50種類以上のバイキングプランやお部屋での和食膳もあるので、お子様の年齢や好みによって選んでみては?

定山渓ホテル
  • 北海道札幌市南区定山渓温泉西4丁目340
  • 011-598-3390

・アクセス:札幌から中央バスで70分
※要予約で無料シャトルバスあり
・宿泊料金:プラン・時期によって異なる
・日帰り温泉料金:大人880円、子供500円
・利用時間:8:00~22:45まで(最終受付22:00)

道北エリア

美瑛の丘 photo by PIXTA

子供が喜ぶ旭山動物園のある旭川や、断崖絶壁の続く層雲峡、北海道観光の代名詞・富良野、美瑛など幅広い年齢層に人気のある道北エリア。

各観光地の間は道も整備され運転もしやすいので、旭川空港からレンタカーを借りてドライブするもよし、電車の旅を楽しんでもよし。見どころが多いので、2泊以上の滞在がおすすめです。

層雲峡

photo by PIXTA

大雪山国立公園にある風光明媚な峡谷、層雲峡(そううんきょう)。断崖絶壁が24キロも続き、ダイナミックな自然と四季折々の風景を目にすることができます。

年間100万人以上の観光客が訪れ、層雲峡には宿泊施設が点在。温泉を楽しみながら雄大な景色を楽しむことができます。

層雲峡温泉 層雲峡朝陽亭

ここでご紹介する「層雲峡 朝陽亭(ちょうようてい)」は、層雲峡・朝陽リゾート内の宿泊施設で、温泉が充実。近くには黒岳ロープウェイや人気の旭山動物園もあるので、観光の拠点にするのにもおすすめのホテルですよ。

朝陽山を眼前に入れる露天風呂、雰囲気のある内湯のほか、無料シャトルバスに乗って5分先にある朝陽リゾートホテルのお風呂にも入ることができるので、リゾート内で湯めぐりもできちゃうんです。

日帰り入浴や、宿泊料の半額以下で8時間滞在できる日帰りプランもあるので、観光の合間に立ち寄るのもいいですね。

層雲峡温泉 層雲峡朝陽亭
  • 北海道上川郡上川町層雲峡温泉
  • 01658-5-3241

・アクセス:旭川空港から車で90分
※要予約で札幌駅、旭山動物園東門より無料シャトルバスあり
・宿泊料金:プラン・時期によって異なる
・日帰り入浴:大人800円、小学生400円、幼児無料
・利用時間:13:00~20:00(最終受付19:00)

富良野・美瑛

photo by PIXTA

北海道屈指の観光スポット、富良野・美瑛。絶大な人気を誇るこのエリアは、その美しい自然やゆったり流れる時間に多くの人が魅了され続けています。

ラベンダー畑や、美瑛の丘などの人気スポットに、雄大な大地を空から観光できるモーターパラグライダーも楽しめるんですよ。

そんな富良野・美瑛で意外に知られていない温泉郷をご紹介します。

白金温泉 大雪山白金観光ホテル

富良野と美瑛の間に位置する美瑛白金温泉。有名なパワースポット・青い池や不動の滝からもすぐ近くにあり、富良野、美瑛、旭川にもアクセスが良く、知る人ぞ知る温泉郷です。

ご紹介する大雪山白金観光ホテルは、白金温泉を代表するホテルで、完全放流式の天然温泉を使用した大浴場や露天風呂が自慢。もちろん日帰りでも利用ができます。

View this post on Instagram

今日の夕食♪

A post shared by ぴずも (@pismo_kumachan) on

宿泊費は比較的リーズナブルながら、お料理は「北の食材こだわりの宿」に指定されているだけあって、季節の旬の味が提供されています。

立地よし、お値段よし、食・お湯にも満足できるバランスの良いホテルなので、道央観光の際には利用してみてくださいね。

白金温泉 大雪山白金観光ホテル
  • 北海道上川郡美瑛町白金温泉
  • 0166―94-3111

・アクセス:JR美瑛駅から車で35分
※旭川市内より無料送迎バスあり
・宿泊料金:料金:プラン・時期によって異なる
・日帰り入浴:大人1,000円、小学生400円
・利用時間:11:30~21:00(日・祝日は11:00~)

道東エリア

知床の海 photo by PIXTA

北海道のおよそ東側半分に当たる道東エリア。

酪農が盛んな十勝平野などの内陸部から、網走、知床、根室と海沿い地域に分かれ、地域によっても特色のあるエリアです。

オホーツク北見~知床

photo by PIXTA

道東の中でもオホーツクの海に面した海岸線は、絶景ポイントの多いエリアが点在。

夕日のきれいな北見、網走、流氷と監獄の街・網走や、世界遺産に認定され知床五湖ツアーなどが楽しめる知床など、日本最北の海だからこそ見られる景色が待っています。

ウトロ温泉(知床温泉) 知床グランドホテル 北こぶし

道東エリアといえば、やはり行きたい世界遺産の地・知床。オホーツク海にせり出した半島は雄大で美しい自然が広がり、そこに住む野生動物のありのままの姿を見ることもできます。

そんな知床半島の根元にあるウトロ温泉郷は、目の前にはオホーツク海、近くには知床五湖や自然センター、オロンコ岩、オシコシンノ滝などがあり、どこを切り取っても世界遺産知床の絶景。

ここでおすすめするウトロ温泉「知床グランドホテル 北こぶし」は、海沿いの立地を生かした造り、洗練されたデザイン、そして文句なしのお風呂とお料理で国内外からの観光客をもてなしてくれます。

泊まったら絶対に入りたい「天空のいで湯」は、オホーツク海を目の前に入れる展望大浴場や露天風呂があり、あまりの絶景に海と空の間にで浮かんでいるような錯覚に陥ってしまいます。

チェックインから翌朝9時半まで入浴可能なので、宿泊すれば知床の海に昇る朝日を見ながら入浴もできるかも!?14〜20時の間は日帰り入浴での利用もできます。

2017年4月に館内のレストランがリニューアルされ、お料理も一新。ぜひ一度知床の自然と極上のおもてなしを体験してみてはいかがでしょうか?

ウトロ温泉(知床温泉)知床グランドホテル 北こぶし
  • 北海道斜里郡斜里町ウトロ東172番地
  • 0152―24-2021

・アクセス:JR知床斜里駅から車で60分
・宿泊料金:プラン・時期によって異なる
・日帰り入浴:大人1,000円、子供500円
・利用時間:14:00~20:00

北見温泉 サロマ湖鶴雅リゾート

道東エリアの北にある北見は北海道で一番大きなサロマ湖があり、大きな弧を描くオホーツク海の湾岸線は夕日の名所ともいわれています。

そんなサロマ湖畔に佇む北見温泉「サロマ湖鶴雅リゾート」。北海道内でも人気の鶴雅リゾートですが、こちらはオホーツク海の目の前ともあり、お食事のレベルが高いと評判。

食事はビュッフェスタイルで提供されていますが、魚介類も新鮮で美味!オープンキッチンでシェフが目の前で提供してくれるので、ついつい食べ過ぎてしまうかも!?

自慢の夕陽を見ながらのお風呂も楽しめて、気分は最高潮。目の前の水平線を見ながら、ゆったりとした時間を手に入れることができますよ。日帰り入浴も可能なので、夕日の時間に合わせて立ち寄ってみては?

北見温泉 サロマ湖鶴雅リゾート
  • 北海道北見市常呂町栄浦306番地1
  • TEL.0152-54-2000

・アクセス:女満別空港から車で65分、オホーツク紋別空港から車で100分
・宿泊料金:プラン・時期によって異なる
・日帰り入浴:大人1,000円、子供500円
・利用時間:14:00~20:00(土日祝は12:00~) ※最終受付19:00

道東・内陸部

十勝平野 photo by PIXTA

十勝平野は北海道一の広大な畑が広がり、地平線が丸く弧を描いているのが実感できます。そんな十勝では熱気球フリーフライトなどのアクティビティも人気。

水量にも恵まれた十勝川ラフティングツアーなどのリバーアクティビティや、温泉愛好家も足しげく通うマニア向けの温泉地が多数あります。

十勝川温泉 丸美ヶ丘温泉ホテル

地元の人に愛される十勝の温泉「丸美ヶ丘温泉ホテル」。モール泉と呼ばれる、植物由来の有機物が溶け込んだ温泉で、つるつる美肌効果もあるのだとか。

温泉は内湯のみの2種類ですが、温泉の窓には十勝の森林の景色が広がり、露天風呂さながらの癒しを味わうことができます。

オーストラリア人の番台さんと、パートナーの女性の方が営むレトロで味のあるカフェも魅力の一つ。日帰り温泉としても利用できるので、地元の人々にも愛されている名湯です。

十勝川温泉 丸美ヶ丘温泉
  • 北海道河東郡音更町宝来本通6丁目2
  • 0155-31-6161

・アクセス:JR帯広駅から車で15分
・宿泊料金:素泊まり大人3,600円
・日帰り入浴:大人400円、小学生100円、幼児50円
・利用時間:14:00~23:30

川湯温泉 川湯観光ホテル

道東エリアでおすすめの温泉の一つ、弟子屈(てしかが)町にある川湯温泉。100%源泉かけ流しのお湯は酸性で、古くから薬湯として地元の人に親しまれています。

その知名度は低いものの、温泉マニアの中では有名な温泉地なんです。ここでは、そんな川湯温泉の中でもひときわ存在感を放つ、川湯観光ホテルをご紹介。

温泉は、幅広い年齢でも楽しめるよう、温度が低・中・高と分かれていて、子供からシニアまで川湯の名湯をゆっくり楽しむことができます。

酸性の硫黄泉は上がった後も体がぽかぽか。ちょっとぴりっとしますが、殺菌作用が高く、皮膚病などにも効くといわれています。

食事は東北海道の食材をつかった手作りの品々。優しく健康的な旬の味を頂くことができます。そのほか、館内には路地裏横丁があり、駄菓子屋さんや囲炉裏のお部屋、手作りの絵葉書を作れる工房などがあり、温かい旅の思い出を作れること間違いなしです。

川湯温泉 川湯観光ホテル
  • 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1丁目2-30
  • 015-483-2121

・アクセス:女満別空港から車で60分
・宿泊料金:プラン・時期によって異なる
・日帰り入浴:大人700円、小学生350円、幼児無料
・利用時間:13:00~21:00
※GW、お盆期間などは日帰り入浴が利用できない場合あり

道南エリア

函館の夜景 photo by PIXTA

函館山からの夜景が有名な道南エリア。函館ロープウェイや五稜郭、松前城など有名スポットが多く、函館空港から1時間圏内で観光めぐりができるので、短期滞在でも気軽に北海道を楽しめるとあって空路、陸路共に人気のエリアです。

ここではそんな道南エリアの宿泊施設をご紹介します。

湯の川温泉 湯の川観光ホテル祥苑

函館の人気温泉地、湯の川温泉。中でもリーズナブルな価格設定で人気のホテル祥苑。伊藤園グループが経営している、365日同一価格設定のお宿なので、ハイシーズンでも宿泊費をやすく抑えることができるんです。

もちろん安さだけではありません。大浴場と露天風呂、その他無料のカラオケルームや卓球場、有料のバーラウンジや居酒屋、マッサージ処と楽しめる施設が充実。

お値段は、1泊2食付きで7,800円(基本プラン)〜と驚きの価格!食事時間は90分の時間制限あるものの、アルコールを含むドリンク飲み放題もついてこのお値段は嬉しいですよね。

こんな素敵な露天風呂付きのお部屋や、個室でのお食事つきプラン、朝食のみのプランもあるので、ご家族でもおひとりさまでも気兼ねなく利用することができますよ。

湯の川温泉 湯の川観光ホテル祥苑
  • 北海道函館市湯川町2-4-20
  • 0138-36-1000

・アクセス:函館空港から車で10分、函館駅から車で15分
・料金:【一泊二食つき】大人8,424円~、小学生7,344円、幼児5,292円、3歳未満無料

以上、北海道のエリア別おすすめの温泉をご紹介しましたが、いかがでしたか?

北海道は食べ物も美味しく、いいお湯もいたるところにあるので、心も体も癒されること間違いなしです。ぜひ訪れてみてくださいね。

レジャー・アクティビティの予約サイト「そとあそび」では、北海道をはじめ全国のさまざまなアクティビティツアーをご紹介しています。こちらもぜひお出かけのご参考にしてくださいね。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する