初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.4.20

見どころは琵琶湖だけじゃない!滋賀県のおすすめ観光スポット12選

琵琶湖があるところとして知られる滋賀県。実は琵琶湖以外にもオススメのスポットがたくさんあるんです!今回は中でもおすすめのスポットを12箇所ご紹介します!
関連:【滋賀県
photo by Ippei Suzuki

photo by Ippei Suzuki

近畿地方でゆっくり自然を楽しみながら観光できる場所といえば、滋賀県です。大阪、京都からもアクセスしやすく、日本最大の面積と貯水量の「琵琶湖」を有することで知られています。

四方を山に囲まれた内陸の県で、交通の便もよいことから古くから陸上交通の要として栄えてきました。今回は、滋賀県のおすすめ観光スポットを紹介します!

1.八幡堀

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

八幡堀は、戦国時代に造られた滋賀県近江八幡市にある人工の水路です。はじめはお城の濠として作られましたが、江戸時代には近江商人による町の発展に大きな役割を果たしました。

幅員約15m、全長6mの八幡堀の堀沿いには、美しい白壁の土蔵や旧家が建ち並びます。ドラマや映画撮影のロケ地としても人気で、「手こぎ舟」で船頭のガイドによる水郷めぐりを楽しむこともできます。

2.満月寺浮御堂

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

琵琶湖上に建てられている「浮御堂」は、平安時代に湖上安全と衆生済度を祈願して建立されたもの。広大な湖に伸びる橋の先に建つ、美しい宝形造の仏殿です。

近江八景のひとつ「堅田の落雁」でも名高く、湖中に浮かぶお堂の景観の素晴らしさは、松尾芭蕉をはじめ多くの人々に愛されてきました。

境内の観音堂には、重要文化財である聖観音座像が安置されているそうです。

◼︎基本情報
・名称:満月寺浮御堂
・住所:滋賀県大津市本堅田1-16-18
・アクセス:JR湖西線「堅田」駅より江若交通町内循環バス「出町」下車徒歩約5分、名神「大津IC」から車で約45分

3.彦根城

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

彦根市に築城されている、国宝に指定された天守のうちの一つである彦根城。江戸時代初期に、彦根藩の藩主である井伊直継によって、20年近い歳月をかけて建設されました。

天守は気高い雄姿を誇り、城内には天秤櫓や太鼓門櫓など重要文化財が現存します。春には約1200本の桜が満開に咲き、城北側にある玄宮園では11月から12月にかけて美しい紅葉が楽しめます。

また、城下には江戸時代の城下町を再現した「夢京橋キャッスルロード」があり、白壁と黒格子の町屋風に統一された街並みを眺めることができます。

◼︎基本情報
・名称:彦根城
・住所:滋賀県彦根市金亀町1-1
・アクセス:JR彦根駅で下車徒歩10分、名神高速道路彦根ICから車で10分

4.白髭神社

photo by CHU

photo by CHU

「白髭神社」は、滋賀県北西部の高島市にある、日本最大の湖・琵琶湖に面した神社。近江の厳島とも呼ばれる近江最古の大社です。

沖島を背景に琵琶湖畔に朱塗りの大鳥居が浮かび、国道161号線をはさんで社殿が鎮座します。こちらは全国にある白鬚神社の総本社とされ、「白鬚さん」、「明神さん」の名で広く親しまれています。

延命長寿・長生きの神様として知られ、縁結び・子授け・開運招福・学業成就・交通安全など、人の営みごとすべての「導きの神」でもあります。

◼︎基本情報
・名称:白髭神社
・住所:滋賀県高島市鵜川215
・アクセス:JR湖西線近江高島駅下車徒歩40分、名神高速京都東ICから車で50分

5.金剛輪寺

photo by k-hiro

photo by k-hiro

「金剛輪寺」は天台宗の仏教寺院で、周辺にある「百済寺」「西明寺」と合わせて「湖東三山」と呼ばれています。

天平十三年に行基が創立した寺で、長い石畳の参道を行くと、石段の上に大きな本堂が現れます。鎌倉時代の建築で、広々とした境内は気持がよく、秋には美しい紅葉を楽しむことができます。

本堂の大悲閣が国宝に、三重塔や木造十一面観音像など13の文化財は国の重要文化財に指定されています。

◼︎基本情報
・名称:金剛輪寺
・住所:滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺874
・アクセス:JR稲枝駅よりタクシーで15分、湖東三山ICを出て信号右折1分。

6.比叡山延暦寺

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

滋賀県観光でやはり外せないのが、「比叡山延暦寺」。標高848mの比叡山全体を境内とする日本天台宗の本山寺院で、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている貴重な旧跡です。

境内は大きく「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」という3つのエリアに分かれており、中でも東塔には本堂にあたる根元中堂があります。延暦寺発祥の地であり、国宝にも指定されている歴史の深い貴重な存在です。

それぞれが離れているため、全てを見て回るのはかなりの時間がかかります。あらかじめ拝観したい場所を決めておき、巡るのがおすすめです。

□ 基本情報
・名称:比叡山延暦寺
・住所:滋賀県大津市坂本本町4220
・アクセス:JR比叡山坂本駅より、駅前からバス約10分でケーブル坂本駅→ケーブル約10分でケーブル延暦寺→徒歩約7分

7.石山寺

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

琵琶湖の南端近くに位置している「石山寺」は、琵琶湖から唯一流れている瀬田川の右岸にある美しい寺院。西国三十三ヵ所の第十三番目の札所です。

景観が素晴らしい寺院としても有名で、石山寺は”枕草子”や”蜻蛉日記”など多くの文学作品に登場しており、”近江八景”の1つ”石山秋月(いしやまのしゅうげつ)”としても知られています。

紅葉の季節になるとより一層美しい寺院になり、この時期は夜になるとライトアップも。2015年に日本夜景遺産にも指定された荘厳な景観をぜひ確かめておきましょう。

□ 基本情報
・名称:石山寺
・住所: 滋賀県大津市石山寺1-1-1
・アクセス:京阪電車・石山坂本線 石山寺駅下車後、徒歩約10分

8.MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

神慈秀明会の会主・小山美秀子のコレクションを展示するため開館した「ミホ ミュージアム」。信楽町郊外の山中にあり、”桃源郷”をイメージして造られた美術館は建築容積の8割が地下に埋まっており、周囲の自然に溶け込むようにデザインされた近代的な建物が印象的。

受付をする棟と展示館が離れており、その間の道は桜並木、トンネル、吊り橋と続きます。展示館に辿り着くまでの景色も素晴らしいと評判です。

収蔵されている作品たちはかなりの点数で、世界中の優品を2000点以上のコレクションが含まれています。日本の私立美術館としては有数の規模を誇る貴重な施設です。

□ 基本情報
・名称:MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)
・住所:滋賀県甲賀市信楽町田代300
・アクセス:東海道本線石山駅より帝産湖南交通バスMIHO MUSEUM行き約50分

9.黒壁スクエア

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

「黒壁スクエア」とは滋賀県の長浜市旧市街にある観光スポット。”黒壁”とは黒漆喰を使用した和風建築のことで、黒壁スクエアには”黒壁1號館”から”30號館”まで存在します。

建物のほとんどはその情緒のある外観を活かした内容になっており、美術館やギャラリー、ガラス工房をはじめレストランやカフェなど趣のある素敵なお店がたくさんあるので、どこに立ち寄ろうか迷ってしまうほど。

日本最大のガラス芸術の展示がある場所としても有名で、一年を通して多くの観光客が訪れている長浜に来たなら外せない人気スポットです。

□ 基本情報
・名称:黒壁スクエア
・住所:滋賀県長浜市元浜町12-38
・アクセス:JR琵琶湖線 長浜駅 徒歩5分

10.伊吹山

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

「伊吹山」は標高1,377mの滋賀県と岐阜県にまたがる”伊吹山地”の主峰であり、滋賀県最高峰の山。古くより霊峰とされ、”古事記”などにも名が記されているほどの歴史の深い山で、日本百名山にも選ばれています。

冬になると雪をかぶり真っ白になった姿が美しく、雪のない季節も登山をする道中でたくさんの高山植物や花畑が目を楽しませてくれます。滋賀最高峰の山だけあって、山頂は気持ちの良い絶景です。

眺めるのも登るのも楽しい、まさしく名山に相応しい山といえるでしょう。

□ 基本情報
・名称:伊吹山
・住所:滋賀県米原市上野
・アクセス:北陸本線 長浜駅より湖国バスで「伊吹登山口」バス停下車

11.安土城跡

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

その名のとおり、あの有名な本能寺の変の際に火を放たれ焼失してしまった安土城の跡を見ることができます。辿り着くまでに長い石段を登っていかなければならず、安定した靴で行くのがおすすめです。

石段を登った先には天守閣跡が広がり、その当時の出来事を想像しながら見ていくと感慨深いものがあります。周囲の風景も素晴らしく、琵琶湖を一望できる絶景スポットとしても評判の場所です。

□ 基本情報
・名称:安土城跡
・住所:滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
・アクセス:JR琵琶湖線安土駅下車 徒歩20分

12.ゼログラビティー ロッククライミング体験

ゼログラビティー」は滋賀で本格ロッククライミング体験ができる数少ない貴重なショップ。クライミングは全身を使って岩を登るため、エクササイズとしても最近注目を浴びています。

体験の舞台となるのは、琵琶湖そばの山中にある”獅子岩”と呼ばれる約50mもの高さのある岩。登るルートの選択によって初心者から上級者まで楽しめるようになっており、同じ場所でみんなが楽しめるのもクライミングの魅力のひとつといえます。

コースを登り切って岩の頂上から見える風景は琵琶湖を見渡せる絶景!達成感と開放感が一緒に味わえる、人気のアクティビティです。

□ 基本情報
・名称:ゼログラビティー
・住所:滋賀県高島市勝野1400 たかしまびれっじ7号館 ゼログラビティー滋賀事務所
・アクセス:JR湖西線 近江高島駅より徒歩約5~10分

滋賀県は、歴史的建造物や豊かな自然に溢れるおすすめの観光地です!ぜひこの土地の魅力を体験してみてはいかがでしょうか?

最後にご紹介した「ゼログラビティー」のロッククライミング体験はアクティビティの予約サイト「そとあそび」より予約申し込みが可能です。

クライミング以外にもたくさんのアクティビティツアーを紹介していますので、早速チェックして、思い出深い素敵な旅行プランを立てましょう!

【関連記事】
渋川でキャニオニング!滋賀屈指の景観を誇る周辺エリア紹介

初心者でもOK!春の彩りを感じるレジャー・アクティビティツアーまとめ【関西】

関西でラフティングとバーベキューを同時に楽しめるスポットまとめ

(編集部注*2015年3月13日に公開された記事を再編集したものです。)

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

sotoasobi

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」

アウトドア・レジャー専門の予約サイト『そとあそび』が運営しています。自然との関わりを楽しむ人を増やしたいという想いを持って、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび