初めてのカヌー体験!服装と持ち物はどうすればいい? 2016.02.14 カヌー・カヤック

初めてカヌー体験ツアーに参加する時、服装と持ち物はどうすればいいか、お悩みの方も少なくないはず。カヌーを体験する際の基本的な服装と持ち物についてご案内します。

初めてカヌー体験ツアーに参加する時、服装と持ち物はどうすればいいか、お悩みの方も少なくないことでしょう。

今回はカヌーを体験する際の基本的な服装と持ち物についてご案内します。

カヌー体験時の服装で気をつけるポイント

水に濡れても動きやすく体を冷やさないものをチョイス

河川や湖でパドルを漕いで進むカヌー体験をする時の服装のポイントは以下です。

  • 水に濡れても構わない
  • 動きやすく快適
  • 水を弾きやすい生地素材を選ぶ(吸収性の良い綿はNG)

全身を使うスポーツですので、動きやすいのが大前提。転覆したりして水の中に落ちても動きを妨げない、濡れた場合も体を冷やさない服装を念頭に置いておきましょう。

綿やデニムは避けよう

photo by PIXTA

トレーナーやジーンズ生地、チノパン、スカートなどの綿製品は、濡れると重くなって動きが制限されてしまう上、体温を奪うため、寒い秋や冬場だけでなく、夏場においても危険です。安全管理上、綿素材の服装での体験ツアーの参加を禁止しているカヌースクールも多いので、綿の衣料品は避けましょう。

体験カヌー参加時のオススメの服装とは?

濡れても保温性、速乾性のある化繊素材の運動着を

おすすめなのは、濡れても保温性があるフリース素材や、速乾性のあるドライシャツといった化繊生地の服装です。マラソンやジムで身に付けるような運動着だと良いでしょう。夏場はショートパンツが快適ですが、日焼け防止にはロングパンツがベストです。

夏は水着も活用しよう

photo by PIXTA

夏場であれば、水着での参加をOKしているスクールもありますが、確認が必要です。水着で参加する場合も、念のためシャツとロングパンツも持っておきたいもの。水着を下着代わりに使うと便利で快適です。

泳ぎやすく日焼け防止にもなるラッシュガードなら、一層良いでしょう。トイレの時などに着脱しやすいセパレートタイプがベターです。

寒い季節は風を通さないレインウェアや防水ジャケットを

濡れたまま風に当たると体温を奪われてしまうため、風を通さないレインウェアや防水ジャケット、ウィンドブレーカーも用意しておきましょう。

夏以外の季節は、防寒の機能もある防水ジャケットは必須です。寒い季節は、保温性をアップさせる長袖のドライシャツなど、化繊のインナーウェアも準備して下さい。

レンタルもうまく利用しよう!

スクールによっては、ライフジャケットなどの基本装備以外にも、レインウェアや防水ジャケットなどをレンタルしているところもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

意外と忘れがちな必需品と役立つ便利品

水に濡れるレジャーの必需品!タオル

photo by PIXTA

濡れた体や、濡れた衣類の水気を吸収するために吸収性の良いタオルを2〜3枚用意しておきましょう。汚れてもいい大きめのタオルがオススメです。

日差し予防に!防水のハット

夏はもちろん、他の季節でも、日焼け防止や雨対策にもなるハットタイプの帽子が必需品です。風に飛ばされにくいあご紐が付いているものが理想的でしょう。

カヌー用があればベスト!防水の靴

靴は濡れても構わず、運動に適したマリンシューズ、ハイキングシューズなどがおすすめです。ケガや危険防止にも、底が厚すぎるものや薄すぎるものはやめましょう。着替え時にはサンダルがあると便利ですが、足のケガを防ぐためにも体験時には履かないほうが良いでしょう。

雨天時や秋や冬には、レインブーツが推奨されており、レンタルシューズを用意してくれているツアーもありますが、有料の場合もあります。ご自身でお持ちの防水サンダルや靴があれば持ってきましょう。

着替えとタオル以外にも用意しておきたいもの

日差し対策:サングラス

photo by PIXTA

水場の強い日差しにはサングラスがあると好ましいですが、体験中に水の中に落としてしまわないように、メガネバンドもあわせて準備しておきましょう。また、視界の眩しさをガードしてくれるので安全面の上でも持っておくといいでしょう。

ビニール袋でも代用可能!防水の袋

貴重品やスマートフォンなどの電子機器などをしまうための防水バッグも、できれば完全防水のものを揃えておきたいものです。中身はカヌー体験中の水分補給のための飲料水、万が一ケガをした際に必要となる健康保険証のコピーを入れておくのにも便利です。

なければビニール袋でも代用OK!濡れた着替えを持って帰るのにも便利ですよ。

日焼け対策!:日焼け止め

photo by PIXTA

水上は日焼けをしやすく、対策をしていないと場合によってはやけどのような状態になってしまうこともあるので、特に夏場は日焼け止めも用意しましょう。

準備万端でカヌー体験を楽しもう!全国のツアー情報は「そとあそび」で!

スクールや体験ツアー、季節によっても参加する時の服装や持ち物が微妙に異なることがあるため、事前にチェックしておきましょう。

カヌーやカヤックは年齢性別を問わず楽しめますが、自然の中で行うアウトドアスポーツですので、急な天候や温度の変化にも対応できるよう、服装や持ち物は万全の準備をしておくことが望まれます。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、お子様から60歳以上のシニア世代まで、初心者でも参加できる全国各地の体験ツアーの情報を掲載しております。ぜひご一読ください。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

最新記事

related entries

石垣島
2019.06.25

何度でも行きたい!川平湾で絶景シュノーケリングを満喫しよう

石垣島の人気絶景スポット・川平湾(かびらわん)に行くならシュノーケリングをしなきゃもったいない!美しすぎる海を眺めて、泳いで、とことん味わえる、ガイド付きで初心者も安心のツアーをご紹介します。

記事を読む
秩父・長瀞
2019.06.24

都心からアクセス良好の長瀞で、スリル満点のラフティング体験!

埼玉県の長瀞渓谷は、地球の窓とも称される岩畳が有名な景勝地。大興奮の川下りが楽しめるラフティングスポットとしても有名で、初心者から上級者までラフティングを楽しむことができます。今回はラフティングデビューにぴったりのグランデックスのツアーをご紹介!

記事を読む
秩父・長瀞
2019.06.23

初心者でも楽しい!長瀞の渓谷美を楽しむカヌー・カヤックツアー

都心からすぐに行ける自然の宝庫・長瀞は、天然記念物の岩畳や長瀞渓谷の自然美を楽しめる観光地でありながら、カヌーやカヤックのメッカとしても有名!そんな長瀞渓谷で、初心者でも気軽に参加できるカヌーツアーご紹介します。

記事を読む
バンジージャンプ
2019.06.23

これぞ決定版!日本でできるバンジージャンプスポットまとめ

日本国内のバンジージャンプを、飛ぶ高さ順のランキング形式で紹介します!とびっきりのスリルと爽快感を味わいたい人は必見です。

記事を読む
沖縄県
2019.06.22

沖縄は温泉がすごい!?おすすめの温泉スポット10選

沖縄で温泉!?意外な気もしますが、実は沖縄では各地に温泉施設があるんです。今回はその中でも本島にしぼり、おすすめの温泉施設を紹介!雨の日やマリンスポーツで体が冷えた後は温泉にゆっくり浸かりたいもの。沖縄旅行をするなら、ぜひ温泉も楽しみましょう。

記事を読む
明石・神戸
2019.06.22

グルメに絶景…魅力いっぱいの明石のイチオシ観光スポット20選!

かの有名な「源氏物語」の舞台でもあり、名物の「明石焼き」でも有名な兵庫県・明石市。今回は、歴史的な名所も点在する同市の魅力を堪能できる、おすすめスポットを20ヶ所ご紹介します!心もお腹も満たされる明石へ出かけてみませんか?

記事を読む
関西・近畿
2019.06.21

地底の秘境を進め!関西の洞窟探検(ケイビング )ツアー3選と観光洞窟2選

日本で3番目の長さを誇る河内風穴を筆頭に、秘境ともいえる洞窟や鍾乳洞が点在している関西。洞窟内を探検するケイビングを楽しめるスポットもあるんです!今回は探検家気分を味わえる関西のケイビングツアーと、観光洞窟を厳選して紹介します。

記事を読む
水上(みなかみ)
2019.06.20

GoProを使ってとっておきの瞬間を撮影体験!「GO SOTO CAMP 2019」レポート

今回は、群馬県のみなかみを舞台に開催された、アウトドアアクティビティの撮影と映像編集を体験するイベント「GO SOTO CAMP 2019」のレポートをお届けします。

記事を読む
釧路
2019.06.19

【北海道】幻想的な世界に溶け込む!日本の秘境・釧路湿原のカヌーの旅

世界に誇る手付かずの大自然「釧路湿原」。そこで出合う圧巻の景観はとても感動的です。そんな釧路湿原の自然をカヌーで間近に感じてみませんか?幻想的な釧路湿原を満喫できる“カヌーの旅”へいざ、出かけよう!

記事を読む
千葉県
2019.06.18

【千葉県】乗馬未経験OK!心も体も癒やされる外乗ツアーまとめ

新しいアウトドアアクティビティに挑戦するなら、都心から近い千葉県で“ホーストレッキング(外乗)”はいかが?季節ごとに移りゆく豊かな自然の中、温厚な馬とともに非日常体験ができる魅力的なアクティビティです。

記事を読む

ツアーを予約する