初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

水上(みなかみ)

関東の秘境・利根川源流域のカヤック体験ツアーで人気の湖4選

2015.09.04
リバースポーツのメッカ、群馬県みなかみ町の利根川源流カヤック体験ツアーで人気の奥利根湖、ならまた湖など、関東の秘境とも言われ、今なお手付かずの自然を堪能できる湖を4つご紹介します。
利根川 カヌー カヤック

群馬県北部、利根川源流にあるみなかみ町は、リバーカヤック、ラフティング、キャニオニングなどで国内外から多くの観光客が訪れるリバースポーツのメッカ。

利根川源流域のカヤック体験ツアーで人気の奥利根湖、ならまた湖など、関東の秘境とも言われ、今なお手付かずの自然を堪能できる湖を4つご紹介します。

奥利根湖(おくとねこ)

利根川最上流にある矢木沢ダムが堰(せ)き止められてできたダム湖で、下流の洞元湖(どうげんこ)、藤原湖と共に奥利根三湖と呼ばれます。広さ約5.1平方キロメートルと奥利根三湖の中で最大。

周囲が利根川源流部自然環境保全地域に指定されており、ブナやナラの原生林の紅葉や新緑が美しいことから「日本のリトルカナダ」と称されるほど。

ダム湖百選にも選ばれており、奥利根湖から水源の大水上山大雪渓(おおみなかみやまだいせっけい)までの利根川源流部は管理道路もなく、カヌー・カヤックなどで湖上からしか見られない大自然が広がっています。

ならまた湖

奥利根湖の矢木沢ダムと同様、関東の上水道の水がめとなっている奈良俣(ならまた)ダムによってできた人造湖。尾瀬の峰々からの沢水が流れ込み、至仏山(しぶつさん)、笠ヶ岳(かさがたけ)といった尾瀬の絶景を湖面に映し出して、ダム湖百選に選定されています。

カヌーやカヤック、キャンプなどで人気ですが、エンジン付ボート類のレジャーが禁止されているため、カヌー・カヤックの湖上の旅は、ならまた湖の自然を味わえる貴重な体験になります。

奈良俣ダムは利根川の支流・楢俣川(ならまたがわ)に岩石や土砂を積み上げて建設したロックフィルダムで、5~7月の間に矢木沢ダムと同時に点検放流が行われることがあり、スキージャンプ式の豪快な水しぶきが圧巻です。

洞元湖(どうげんこ)

利根川本流上流部の須田貝ダムに堰き止められてできたダム湖で、湖に注ぐ洞元の滝により命名。広さ約1.3平方キロメートルで二股の形状をしており、左側を行くと矢木沢ダムのある利根川源流へ、右側を進むと奈良俣ダムへと繋がります。

湖岸のブナの原生林と湖面の鮮やかな青が、美しいコントラストを繰り広げます。秋の紅葉も見もの。湖面から見上げる奈良俣ダムは大迫力です。

付近には宝川温泉や湯の小屋温泉があり、秘境の温泉地として知られています。ちなみに須田貝ダムは、日本初の地下発電所を持つ発電専用のダム。

藤原湖

首都圏の治水、利水のために造られた利根川水系ダムの中で最も古い1959年に完成した藤原ダムによってできた湖。上に挙げた3つの湖よりさらに下流に位置。奥州(おうしゅう)平泉の藤原一族が隠れ住んだという伝説のある藤原郷の民家が今も湖底に眠っています。

毎年4月下旬~5月上旬の雪解けシーズンにはダムから雪解け水が勢い良く放出され、そのダイナミックな景観が評判。湖畔には水芭蕉池がある公園や水生植物園があり、周辺は春は山桜、秋は紅葉の名所になっています。

みなかみから最も近く、夏は藤原湖畔マラソン、花火大会が開催されています。

秘境と言うに相応しい利根川源流域の大自然をカヤックツアーで満喫しよう

これらの湖がある群馬県みなかみ町まで、都心から電車・車で2~3時間。みなかみには日帰りで利用できる天然温泉の施設も数多く、近くの温泉施設の入浴チケット付のカヤック体験ツアーもあります。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、3歳のお子様から60歳以上の高齢者の方まで楽しめる利根川源流エリアの湖の様々なカヤックツアーの情報について詳しく掲載しています。

秘境と言うに相応しい奥利根の大自然をカヤックツアーで満喫してみませんか?

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yuuko

yuuko

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。