寒い東京からバイバイ!冬の沖縄でゆったりマングローブカヤックを楽しもう 2017.11.15 カヌー・カヤック 沖縄県

沖縄の魅力は夏だけでも海だけでもないんです!冬のやわらかな日差しの中でマングローブカヤックができるのは今だけ!新しい沖縄の魅力をぜひぜひ満喫しちゃってください♪

沖縄といえばやっぱり夏?

いえいえ、冬の沖縄にはたくさんの魅力があふれています!暑すぎないので、ゆっくりと観光やアクティビティを満喫できます。

中でも、カヤックは初心者でも手軽に楽しめる人気のアクティビティ♪マングローブの森でマイナスイオンたっぷりの空気を浴びる…想像しただけでもリフレッシュできちゃいそうですね!

今回は、冬でも楽しめるマングローブカヤックについてご紹介します♪

そもそもカヤックって?

カヤック(カヌー)とは人が持ち上げて移動できる船の総称です。パドル(オール)を使い漕いで進みます。より水面を身近に感じながら、のんびりと水上散歩を楽しむことができるアクティビティです。

冬のマングローブカヤックについて

photo by PIXTA

「マングローブカヤックって夏限定じゃないの?」とお思いの方もいるかもしれませんが、マングローブは一年中緑の葉を付ける常緑樹。カヤック自体は冬でも楽しめるアクティビティなので、装備をしっかりとしておけば寒い時期でも快適に遊ぶことができます。

しかし、沖縄とはいえ冬のカヤックツアーには寒さ対策が必要!気温が20度ほどある日でも、水に濡れるといっきに体温を奪われてしまいます。

基本的にカヤックツアーに参加する際は、下半身は水に濡れることを覚悟しておいた方が無難。速乾性のある素材のパンツや、ズボンタイプの雨具を履いておけばバッチリです!

上半身については、速乾性の高い素材のインナーに、ウインドブレーカーなどの上着を羽織るのがおすすめ。日差しの強い日は半袖だけで過ごすこともできるようですが、気温の変動に備え、動きやすい上着を持参しておくのが無難です。

沖縄では、宮古島や石垣島、西表島などの離島でもマングローブカヤックツアーが体験可能ですが、旅行プランに組み込むなら断然本島がおすすめ♪

定番観光スポット・首里城がある那覇市内から、車で1時間程度の場所にあるマングローブ林もいくつかあり、アクセスも便利♪宿泊先から行きやすく、観光コースに組み込みやすいですよ。

それでは、沖縄本島で人気のマングローブスポット、「比謝(ひじゃ)川」、「慶佐次(げさし)川」、「億首(おくくび)川」で開催されているツアーをちょっとだけ覗いてみましょう!

【本島中南部】比謝川 マングローブカヤックツアー

沖縄本島中部を流れる比謝(ひじゃ)川は、島内で最大の州域面積を誇り、沖縄県民の水源となっている重要な河川。周囲にはマングローブをはじめとした亜熱帯の植物が群生しています。

そんな比謝川で人気のマングローブカヤックツアーといえば、「カヤックイーズ」の体験ツアー!しっかりとしたサポートと、見どころ満載のコースに定評があります。

まずは陸上でパドルの使い方についての講習からスタートです。沖縄は穏やかな流れの川が多いですが、油断は禁物。しっかりと動作を覚えて安全に楽しんでくださいね。不安な点はインストラクターにどんどん質問してください!

いよいよ川へ!最初は陸上で習ったパドルの使い方を確認します。実際に水の中で使うと、変な力が入ってしまったりして意外と大変なことも。しかし、ご自身のペースで進んで行きましょう。慣れてくるとだんだん周りの景色が目に飛び込んでくるようになります♪

川の両岸にはマングローブが…!自然にできたアーチをくぐったり、干潮時にはなんと根っこを見ることもできるんだとか!

ちなみにマングローブとは、海水と淡水の混じる潮の干満のある場所に生育する木の総称です。沖縄ではオヒルギ・メヒルギ・ヤエヤマヒルギなどを見ることができます。

ここでしか会えない生物や鳥たちもたくさん!小さいものが多いのでよーく目を凝らして探してみてくださいね。

もしガジュマルの木を見つけたら、ぜひお願いごとをしてみてください!ガジュマルは沖縄では精霊キジムナーの宿る木と言われています。キジムナーは多くの幸せをもたらす神様としてとっても大切にされているんですよ♪

穏やかな風や刻々と変わる水面のきらめきをしっかりと目に焼きつけてくださいね!

カヤックイーズ
  • 沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜566-15

・サービス名:沖縄本島・比謝川 マングローブカヤックツアー
・参加条件:4歳以上
・開催期間:通年
・料金:5,500円~

【本島北部】慶佐次川 マングローブカヤックツアー

沖縄本島北部の東側の太平洋に面している慶佐次湾から流れ込んでいる、慶佐次(げさし)川周辺には豊かな自然がいっぱい!下流には島内で2番目の広さを誇るマングローブ林が広がっています。

そんな慶佐次川でマングローブカヤックツアーを開催している「やんばる.クラブ」では、カヤックの上で釣りを楽しめる“カヤックフィッシング”とセットのコースが大人気!

ショップからわずか30秒の場所で、カヌーのレクチャーをスタート。操作の仕方を一通り教わったら、いよいよマングローブ観察へ出発!慶佐次川上流へ向かい、漕ぎ進めて行きます。

しばらくすると、目の前には雄大なマングローブ群が!東京ドーム2個分の規模を誇る林の中では、数種類のマングローブを見ることができます。

ガイドの詳しい解説を聞いたり、触れるほど近くに寄って葉っぱの表面や手触りを確かめてみたり…図鑑を読むだけでは分からない驚きと発見があるはずですよ♪

マングローブを堪能した後は、休憩をはさんでカヤックフィッシングへGO!カヌーに必要な釣り道具を積み込んでいきます。

釣り未経験者でもご安心を!必要な道具はすべて貸し出してもらえ、初めてでも釣りを楽しめるようガイドがしっかりサポートしてくれます。

もしかしたら、初挑戦でこんな大物が釣れるかも?!

竿の扱いに慣れてきたら、沖合のポイントまで移動してさらに釣りを満喫!沖合では釣れる魚の種類が変わるので、釣りの楽しさがさらに広がります。

見どころ満載のマングローブカヤックツアーです♪

やんばる.クラブ
  • 沖縄県東村慶佐次155

・サービス名:沖縄本島 慶佐次川 マングローブカヤック
・参加条件:3歳以上から ※コースにより異なる
・開催期間:通年
・料金:4,000円~

【本島中央部】億首川 マングローブカヤックツアー

沖縄本島中央部の東海岸にある、国頭郡金武町を流れる億首(おくくび)川。億首川の河口付近では、本島で唯一4種類のマングローブを見ることができます。

那覇空港からはレンタカーで約70分、人気の観光スポット「万座毛(まんざもう)」から約25分、青の洞窟で有名な「真栄田岬(まえだみさき)」から約35分と、沖縄旅行の際に立ち寄りやすいスポットです。

家族旅行の際にマングローブカヤックを楽しみたい方には、億首川を舞台にした「アンダゴ」の体験ツアーがおすすめ!1歳のお子さんから参加OKで、1グループ完全貸切制なので、家族みんなで楽しむことができます!

ガイドも小さなお子様のペースを見ながら進めてくれるので、周りに気兼ねせずマイペースでOKです。

小さなお子様は、パパママの膝の上に乗ってカヤックツーリングスタート!

川の流れる水の音や、キラキラの木漏れ日、野鳥の鳴き声、風で葉が擦れる音…カヤックに乗るとさまざまな体験が待っています。マングローブについてまだよく分からない小さなお子様でも、「気持ち良い!楽しい!」と感じられるはず♪

ツアーの中では、干潟に暮らす生き物を実際に手に取って見たり、鍾乳洞が連なる天然の洞窟を探検したりとお楽しみポイントもいっぱい!冒険好きなお子さん必見のカヤックツアーになっています。

ファミリーだけでなく、プライベート感を重視したツアーをお探しの方にもおすすめのコース。カップルや友達同士でも、思う存分カヤックの旅を堪能しましょう!

アンダゴ
  • 沖縄県国頭郡金武町金武11818-2 自然体験学習施設 ネイチャーみらい館 ネイチャーみらい館

・サービス名:沖縄本島・億首川マングローブカヤック
・所要時間:約2時間
・参加条件:1歳〜
・開催期間:通年
・料金:5,500円~

暑すぎない冬こそカヤックを楽しもう!

今回は日中のツアーをご紹介しましたが、この他にもロマンチックな夕日を眺めながらのサンセットツアーや、満天の星空の下で夜の生物たちを観察できるナイトツアーもあります!異なる時間帯でチャレンジしてみるのも楽しそうですね♪

やわらかな日差しの中でカヤックできるのは冬だからこそ。寒い都会から飛び出してスローな時間を満喫してください!

アウトドアレジャーの予約サイト「そとあそび」では沖縄で楽しめるカヌー・カヤックツアーをたくさん紹介しています。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

(編集部注*2015年12月08日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する