初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

秩父・長瀞

秩父・長瀞で人気の日帰り温泉スポットまとめ!アウトドアスポーツを楽しんだら日帰り温泉へ!

2015.08.23
秩父・長瀞でアウトドアスポーツを楽しんだら、ゆっくり休みたい!そんな方には日帰り温泉が、おすすめ!疲れた身体をゆっくり温泉で癒す。秩父・長瀞で人気の日帰り温泉をご紹介します!
関連:【秩父・長瀞

秩父山地に囲まれた埼玉県の秩父・長瀞エリア。自然豊かな美しい川と山があり、多くの観光客が訪れる人気のスポットなっています。

秩父・長瀞では、その雄大な自然を思う存分に楽しめるアウトドアスポーツが、いま大人気!荒川の川下りを楽しむラフティングやリバーブギ、リバーSUPが人気を集めています。

アウトドアスポーツの後は、ゆっくり温泉へ

身体を動かした後は、ゆっくり疲れを取りたい思いませんか?

疲れを取るには、ゆっくりと温泉につかるのが一番。動かした身体と共に心も休まります。秩父・長瀞には、疲れを癒してくれる日帰り温泉があります!

今回は、アウトドアスポーツの後にゆっくり休める、秩父・長瀞の人気の日帰り温泉をご紹介します!

秩父川端温泉 梵の湯

秩父川端温泉梵の湯は、秩父市にある日帰り温泉施設で、館内全て畳敷きの開放的な癒しの空間です。

秩父川端温泉は、無色透明の入りやすいおだやかな温泉で、体をしっかりと芯から温めながら肌をなめらかにし、みずみずしいお肌にする美肌の湯です。特に入浴後の爽やかさは格別!

美肌に良いということで、女性にはとても喜ばれています。

素朴さ、ゆっくりゆったり、清潔さをテーマにした館内。山々に囲まれたロケーションと荒川の清流のせせらぎを聞きながら、マイナスイオンいっぱいの空間で、温泉からあがった後は、ゆっくり休むことが出来ます。

アウトドアスポーツの疲れも取れ、癒されること間違いなしです。

■ 基本情報
・名称:秩父川端温泉 梵の湯
・住所:埼玉県秩父市小柱字川端309-1
・関越道花園ICより車で約35分。

秩父湯元 武甲温泉

秩父湯元武甲温泉は、秩父市民も銭湯代わりに利用する、このエリアで人気の日帰り温泉施設です。

浴場は男女別で、サウナ付き大浴場はジェット付き大浴槽と炭酸泉の小浴槽、外にはそれぞれ露天風呂があります。

露天風呂は檜と岩を使用した2種類があり、周囲の緑に囲まれてゆっくりとくつろぐことが出来ます。

湯上がりに涼める板張りのデッキもあり、大自然を味わいながら身体を癒せる場所となっています。

■ 基本情報
・名称:秩父湯元 武甲温泉
・住所:埼玉県横瀬町横瀬4628-3
・関越道花園ICより車で約50分。

皆野町 水と緑のふれあい館

皆野町・水と緑のふれあい館は、秩父札所34番の水潜寺近く、川沿いの静かな山里に立つ町営の温泉施設です。男女別の浴場は、日本庭園を眺めながら入浴できる場所となっています。

石貼りの浴槽で楽しめるのは無色透明の単純硫黄冷鉱泉。特に女性客には肌がツルツルになると評判です。

館内には無料で利用できる休憩室3室と有料の個室2室を備えており、19時まで営業している食事処もあるので、のんびりとくつろげ、疲れた身体を休むことが出来ます。

■ 基本情報
・名称:皆野町 水と緑のふれあい館
・住所:埼玉県皆野町大字下日野沢3993-3
・関越道花園ICより車で35分。

秩父温泉 満願の湯

秩父温泉・満願の湯は、奥長瀞渓谷の清流と満願滝を望む露天風呂が特徴の温泉旅館。

奥長瀞の緑に囲まれた露天風呂につかりながら渓流を眼下に全長15メートルの満願滝を眺めれば、心身ともに癒されます。

また露天風呂は3つあり、その全てのお風呂から同じ眺望を見ることができ、長瀞の自然を楽しめる温泉となっています。

自然の景色を楽しめる温泉で、疲れた身体をゆっくり休めることが出来ます。

■ 基本情報
・名称:秩父温泉 満願の湯
・住所:埼玉県秩父郡皆野町4000
・関越道花園ICより車で約30分。

アウトドアスポーツで疲れた後は、日帰り温泉へ

いかがでしょうか?どの温泉施設も、設備が充実しているので、ゆっくり身体を休めることが出来ます。また露天風呂でゆっくり湯船から長瀞の大自然を楽しめば、一日の締めくくりとして最高です!

アウトドアスポーツで疲れた後の日帰り温泉!ぜひチェックしてみてください!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、秩父・長瀞エリアのアウトドアレジャーの情報を紹介しています。この土地に足を運ばれる際はぜひチェックしてみてください!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

Matsuda daisuke

Matsuda daisuke

佐賀出身。天気の良い日は、川沿いを散歩するのが好きです。手軽に簡単アウトドアを満喫できる!そんな誰もが楽しめるアウトドア情報の記事を書いていきたいと思います。