初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

十勝・帯広

帯広の観光マップで紹介されているご当地グルメのお店まとめ

2015.12.10
帯広市の公式観光マップには、耳寄りな情報がいっぱい!もちろん帯広のご当地グルメも充実しています。今回はオススメのお店と共にご紹介致します!

帯広は、イベントに遊びに食べ物に…観光にピッタリの素敵な物がたくさん!帯広市の公式サイトでは様々な種類の観光マップが公開されています。

その中でも今回はご当地グルメにスポットを当てて、観光マップに取り上げられているグルメとそれぞれのおすすめの名店を見ていきましょう!

1.中華チラシ


戦後まもない時期に帯広市内の飲食店でまかないとして作られたのがきっかけで広まったまさに庶民の味。

海産物、豚肉、白菜や玉ねぎ、もやしなどを炒めたものに炒り卵を加えてご飯に乗せて完成!見た目は中華丼に似ていますが、とろみは無くトッピングに紅ショウガを添えるのが特徴。

何より味がお店によりかなり違いがあるそうなので、百聞は一見にしかず!ぜひ一度食べて味を確かめてみてください!

あじ福 みなみ野店

中華チラシといえば、”あじ福”の名前を挙げる人も多い人気店のひとつ。カウンターと小上がりの席があり、家族連れにも利用しやすいと評判です。

味付けは甘めで、普通の中華丼を想像して食べると驚くかもしれませんが、ハマると病みつきになる味!帯広に来ると必ず来店するというファンも少なくありません。

■ 基本情報
・名称:あじ福 みなみ野店
・住所:北海道帯広市南の森東2丁目12-19
・営業時間:11:00~14:00、18:00~21:00 ※ランチタイム終了時間は、15時の場合もあり。
・定休日:月曜日
・電話番号:0155‐48‐3719

2.とかち牛じゃん麺

一見すると普通の麺料理に見えますが、麺には十勝産小麦粉とポテトパウダーを、餡には十勝産牛ひき肉を使用している、地元の素材をふんだんに使用したご当地メニュー。ピリ辛の味付けの餡が麺によく絡んで後を引く美味しさです!

店舗によって使用している具材や調理法が変わってくるとの事なので、とかち牛じゃん麺にハマったら、食べ比べの旅をしても楽しいかもしれません!

らーめん みすゞ

とかち牛じゃん麺だけでなく、十勝産の食材をふんだんに使用したラーメンで人気のお店。

道外の物産展にもお店を出す程の名物店でもあり、ランチタイムになるとお店の前には行列が出来ることも!

気になるとかち牛じゃん麺の方はなんと冷製麺!冷たい麺の上にキュウリやトマトのマリネがトッピングされ、そこに暖かい牛ひき肉の餡がかかった洋風仕立て。

季節によってトッピングの内容が変わるそうですが、基本的には洋風仕立てという意外な組み合わせ。名店が作るとかち牛じゃん麺ですから味は間違いありませんよ!

■ 基本情報
・名称:らーめん みすゞ
・アクセス:JR根室本線帯広駅から徒歩約7分
・住所:〒080-0012 帯広市西2条南8丁目20番地
・営業時間:11:00~21:30
・定休日:水曜日
・電話番号:0155-23-4706

3.とかちアヒージョ

最近は若い女性たちの間で人気のスペイン料理のひとつ、アヒージョ。十勝産なたね油とニンニクを使用して、十勝風に仕上げています。

アヒージョの中に使用する具材はこちらもお店によって異なるとの事なので、行った先のお店で見つけたら、ぜひ注文してみましょう!

十勝農園

🚜🍅🍆🌽🍠🧀🌶🌮 #JELLYgoRound💫

A post shared by JELLY 젤리 ♪*ʕु-̫͡-ʔु”♬* (@jellyjoong) on

”テーブルに自然と大地を感じる”をコンセプトにしている十勝農園は、十勝で採れた素材を使ったメニューを提供しているお店。

野菜だけでなく魚介も豊富に取り揃えており、新鮮な素材を使った日替わりのお料理を楽しむことができます。

こちらの”とかちアヒージョ”にももちろん自慢の魚介をふんだんに使用しています。スープにまでいいダシが出て美味しく頂けそうです!

■ 基本情報
・名称:十勝農園
・住所:〒080-0011 北海道帯広市西1条南9丁目6番
・アクセス:JR帯広駅から徒歩で約8分/とかち帯広空港から車で約45分
・営業時間:17:30~23:30 ※金・土・祝前日は24時まで
・定休日:日曜日
・電話番号:0155-26-4141

4.十勝ボロネーゼ


人気の鉄板メニュー、パスタも十勝風に仕上げています!

十勝産小麦を100パーセント使用した生パスタはもちもち!ボロネーゼソースには十勝和牛や豚肉を使用しており、とかちマッシュというキノコがトッピングされています。

十勝の恵みで出来上がったパスタは間違いない美味しさですよ!

レストランHIRO


元々は”ビストロカフェ ふぉわぐら”という店名だった”レストランHIRO”。

シェフは”十勝芽室コーン炒飯地域活性化協議会”の会長を務めており、ご飯が見えないくらいコーンがトッピングされている”コーン炒飯”もボロネーゼと共におすすめメニューになっています。


両方のご当地グルメを一度に味わえる名店として観光客にも人気です!

■ 基本情報
・名称:レストランHIRO
・住所:〒082-0011 北海道河西郡芽室町東1条2丁目5-1
・アクセス:JR根室本線根室駅より徒歩約3分
・営業時間:11:30〜15:00(LO14:00)、18:00〜22:30(LO21:30)
・定休日:不定休
・電話番号:0155-67-6400

5.ジンギスカン

photo by PIXTA

やっぱり北海道といえばこれ!のジンギスカン。帯広は行列ができるほどの人気店が数多く存在している激戦区。 せっかく帯広まで来たのですから、ぜひ本場を味わっていきましょう!

ジンギスカン白樺 帯広本店

ジンギスカンが食べたい時は並んででもここに来る!というお客さんが多数の人気の名店。オープン前から行列が出来てしまう事もある人気ぶりなので、覚悟していきましょう!


受付後は番号札をもらって順番を待つシステムになっており、材料のお肉が無くなり次第営業終了です。

もし、営業時間内に間に合わなくても大丈夫!持ち帰り用の肉も販売しているので、購入してお家で白樺の味を堪能することもできますよ!

■ 基本情報
・名称:ジンギスカン白樺 帯広本店
・住所:北海道帯広市清川町西2線126
・アクセス:JR根室本線の帯広駅から車で約45分、十勝帯広空港からクルマで約30分
・営業時間:11:00~15:00(材料がなくなり次第終了)
・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
・電話番号:0155-60-2058

どのご当地グルメも美味しそうで、こうして見ているだけでもお腹が空いてきます…!帯広にお出かけの際はぜひすべてのご当地グルメを制覇してみて下さいね。

お腹がいっぱいになった後は、アクティブな遊びで腹ごなししましょう!

帯広を要する十勝エリアには自然を肌で感じることができるアクティビティがたくさん!アクティビティの予約ができるサイト「そとあそび」で十勝の遊びを探すことができますよ!

グルメも遊びも充実している帯広・十勝エリアへの旅行プランを早速立ててみてはいかがでしょうか?!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

kaneko

kaneko

Outfitterライター。水泳をきっかけにスキューバに関心を持ち、そこからスノーボード、ランニングと陸上に移行。現在はボルダリング、クライミングを勉強中。自分の記事が新しいことに興味を持つきっかけになれたら嬉しいです!