初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

スキューバダイビング

スキューバダイビング迷っているなら「体験ダイビング」がおすすめ!

2015.07.13
何事も体験してみるに限る!スキューバダイビングの体験コースとその内容を紹介します。

みなさん!やりたいものリストにスキューバダイビングは入っていますか?それともちょうど今、やってみようかどうしようかと迷っている段階でしょうか?

もしスキューバダイビングをやろうかと迷っているのであれば、まずは「体験ダイビング」がおすすめです!スキューバダイビングがどういうものなのか、実際に体験してからライセンス取得を考えても遅くありません!

ということで今回は「体験ダイビング」がどういったもので、どういった手順で行われるのかということを紹介していきます!

スキューバダイビングとは

体験ダイビングの前に、スキューバダイビングがどんなものか簡単にご紹介。

スキューバダイビングとは、空気を詰めたタンクを使って水に潜り、水中を楽しむマリンスポーツです。タンクから空気を吸い続けられるので、息継ぎのために水面に上がる必要がありません。

水中にいる間は、泳いでいるというよりも漂っている感じ。宇宙飛行士のように無重力で浮いている感覚は、慣れてくると心地良いこと間違いなしです!

体験ダイビングとは

さて、本題の体験ダイビングの話に入りましょう。体験ダイビングとは、その名の通りスキューバダイビングを体験することで、フルセットの器材を身に付けて海に入ります。その器材の準備や装着は、全てインストラクターがやってくれるのでご安心ください!

水の中でも、インストラクターがマンツーマンに近いかたちでずっと一緒にいます。体験する人のコンディションに合わせて手をつないでくれたり、体を支えてくれたりするので、不安なくダイビングを楽しむことに集中できます。

また、インストラクターは海の中のツアーガイド!海の世界の見所をいろいろ教えてくれます。

体験ダイビングの前に

体験ダイビングで潜る前に、少しだけやることがあります。それを次に紹介します。

スキューバダイビングの基本知識確認

体験ダイビングだけでも、知っておくべきスキューバダイビングの基本知識があります。これはインストラクターが1つ1つ説明してくれるので、難しいことではありません。

例えば、器材の名前や使用方法、どうやって呼吸し続けるか、どうやって水中でコミュニケーションを取るかなどです。水中では声でのやり取りができないので、手で合図を出します。手話みたいでおもしろいですよ!

スキューバダイビングの基本スキル練習

体験ダイビングである程度の深さに行く前に、浅瀬でスキューバダイビングの基本スキルを練習します。

例えば呼吸の練習。水の中では鼻は使えず口だけで呼吸します。口に加えた器材を通して水の中で呼吸し始めると、早速ダイバー気分満々です!

それからマスク(ゴーグルのように目をカバーするもの)の水抜き。マスクに入った水を水中で空っぽにする方法を練習します。これを知っていれば、ダイビング中も安心できますよね!

体験ダイビングはライセンスの導入部分

実はこの体験ダイビング、スキューバダイビングを体験できるだけでなく、ライセンス取得コースの導入部分でもあるんです。体験しただけでダイバーに一歩近付ける上、ダイビングを体験できるというなんて、まさに一石二鳥!どうですか?体験してみませんか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では体験ダイビングツアーを紹介していますので、ぜひ覗いてみてください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で体験ダイビングツアーをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。
小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。