【スポット別】沖縄のサーフィンシーズンまとめ 2016.02.08 サーフィン 沖縄県

沖縄のサーフィンシーズンについて代表的なサーフポイント別にまとめました。紹介するポイントは7つ、ポイントの基礎情報も紹介します。

沖縄は年間サーフィン可能日数が300日を超えると言われていて、サーフポイントによりサーフィンシーズンが異なります。

今回はそんな沖縄の代表的なサーフスポット別にサーフィンシーズンと基礎情報をお伝えします。

コーチャンポイント

コーチャンポイントのシーズンは9月〜4月

コーチャンは、沖縄本島最北端の辺戸岬から約200m沖合いのポイントで、非常に鋭いリーフ(岩)が点在するために上級者向けの場所です。行くならリーフブーツを忘れずに持って行きましょう。

スーサイドポイント

#スーサイドポイント

A post shared by Shinpei Eno (@penodesign) on

スーサイドポイントのシーズンは、ほぼ1年中。

スーサイドは沖縄本島最南端のポイントで、1年を通して安定した波があり地元のサーファーにも人気のポイントです。地元の方が大切にしているポイントなのでマナーとルールはしっかり守りましょう。

天願ポイント

天願ポイントのシーズンは台風時。

天願はうるま市にあるポイントで、正式名称は昆布ビーチと言います。台風時に良い波が立つことで有名で、波がソフトなため初心者にもおすすめできるポイントです。

安波ポイント

安波ポイントのシーズンは9月〜4月

安波(あは)は国頭村にあるポイントで、沖縄では珍しく干潮時でも波があればサーフィをすることができます。台風時には素晴らしい波が立つために各地からサーファーが集まります。

真栄田ポイント

真栄田ポイントのシーズンは9月〜3月

真栄田はリゾート地で有名な恩納村にあるポイントで、周囲にサトウキビ畑がありロケーションが良い場所です。青の洞窟で有名な場所でもありますので、シャワー等設備が充実しています。

砂辺

砂辺ポイントのシーズンは9月〜3月

砂辺は北谷町にある宮城海岸のことです。沖縄でもメジャーなポイントの一つであり、エリア内にハワイアン、カリフォルニア、ファイブロックス等さまざまなポイントがあり波もコンスタントにあるので初心者から上級者まで多くのサーファーで賑わいます。

伊計島

#伊計島ビーチ #沖縄 #9月なのに夏

A post shared by Adam Jambor (@jiraa87) on

伊計島のシーズンは6月〜9月

伊計島はうるま市にある海中道路渡ってアクセスする島です。サーフポイントまでビーチから300メートルほどあり、パドル力(ボートに腹這いになり漕ぐ力)が必要になってきます。水深も浅いためにあまり初心者向けではありません。

いかがだったでしょうか?

今回紹介したポイントではサーファーの路上駐車が問題になっている場所もあるので、車で行く方は十分注意してくださいね。

年間を通して暖かい沖縄ならいつ行っても寒さをあまり感じずにサーフィンを楽しむことができますよ。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では沖縄を楽しむアクティビティ情報を多数掲載しております。ぜひご覧ください。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する