初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

ロッククライミング

初めての野外クライミング前にこれだけは揃えておきたい道具11選

2015.01.29
初めて外でクライミングをする前には入念な準備が必要です。野外クライミングに挑戦する前に揃えておきたい道具をご紹介します。

室内でのボルダリング体験を重ねるうちに、少しずつ外でも体験してみたくなってくる人もいるかと思います。そろそろ外の岩でのクライミングに挑戦してみたいと思っている方いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、クライミングの中でも最もシンプルなボルダリングをする際に必要な道具をまとめてみました!外で挑戦する前に、まずはこちらのリストをチェックしましょう!

クライミングシューズ

これがないと始まりません。靴底がフラットになっている特殊な靴。靴下は履かずに素足で着用します。足のサイズに対して通常より小さめを履くのがおすすめとされています。クライミングシューズの中でも様々な特性があり、自分にあったクライミングシューズを見つけることでよりボルダリングを楽しむことができます。

チョークバック

滑り止めの粉(チョークに含まれる炭酸マグネシウムが吸汗作用がある)を入れて腰に装着します。このチョークを手に付けることによって、手の汗を吸収し、滑ることを防ぎます。チョークにもさまざまな種類があり、バックにも大きさや形などいろんなものがあるため、自分に適したものを選びましょう。

ブラシ

チョークがつきすぎてフリクションが悪くなったときや、登り終えた後にチョークを落とす際に必要です。ブラシといっても特別なものではなく、歯ブラシや大きめの家庭用ブラシなどで十分。野外ボルダリングをするマナーとしてもちゃんと持っていきましょう。

クラッシュパッド(マット)

落下から体を守ってくれる必須アイテムです。大きくて、持ち運びも大変ですが、できれば買ってひとつは持っておきたいものです。もし、同行する方にマットを借りるのであれば、前もって借りる旨を伝えましょう。御岳や小川山などの岩場には、レンタルしてくれるところもあるので、事前に確認した上で借りるのもいいかもしれません。

脚拭きマット

靴の裏についた泥や砂を拭くためのマットです。靴の汚れを落とすことは外岩を登る上でのマナーの1つとなっています。最近では脚拭き付きのクラッシュマットも販売しているそうなのでチェックしてみるのもいいかもしれません。

レジャーシート

ボルダーのランディング(下地)が雨などで濡れていることが多く、直接ボルダリングマットを敷くと汚れてしまいます。そんなときはシートを広げて、その上にマットを置きましょう。ボルダリングの間に休憩するときに座るシートとして、活用するのもいいかもしれません。

サンダルやクロックス

クライミングシューズから普段靴へいちいち履き替えるのは面倒ですよね。クロックスのならクライミングシューズの上からでも履けますので、シューズが汚れず、スムーズに岩登りを楽しむことができます。

ヘルメット

ボルダリング中は、上方から石や木などが落ちてくる可能性や転倒時に頭をぶつける可能性があります。それらの衝撃から頭を守るためにも野外では必須アイテムとされています。

テーピング・救護セット

ケガの予防などにテーピングを。危険が伴うスそポーツですので万が一のことがあった場合のために、救護セットを持っていきましょう。ただ、持って行って使用できなければ意味がありません。事前に使用知識を身に着けてからボルダリングに臨みましょう。

ヘッドランプや照明器具

野山に入るときの必携アイテムです。特に冬場は日没時間が早く17時くらいで辺りが真っ暗になります。暗くならないうちにボルダリングを切り上げることをオススメしますが、万が一遅くなってしまった時のためにヘッドライトなどの照明器具を持っていきましょう。

いかがでしたか?野外でのクライミングは室内ジムにはない危険が伴いますが、室内にはない解放感が味わえることからオススメです!装備をしっかり揃えてぜひ挑戦してみてくださいね!

【関連記事】
やってみるとハマる人が続出!今、大人気の「クライミング」とは?

初心者でも始められる「フリークライミング」の魅力とは

クライマー必見!patagonia国内初クライミング専門店、クライミングの聖地川上村に7月6日オープン

初心者でも気軽に楽しめる!クライミングの魅力!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

sotoasobi

sotoasobi

アウトドア・レジャー専門の予約サイト『そとあそび』が運営しています。自然との関わりを楽しむ人を増やしたいという想いを持って、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。