初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

関東

夏に一度は見に行っておきたい絶景!都内から行けるひまわり畑スポットたち

2015.08.05
どこを切り取ってもフォトジェニック!!真夏の太陽に向かい咲き誇るヒマワリを見に行こう!
関連:【関東

夏と言えばキャンプにフェス、海や花火、BBQなどイベントが盛りだくさんですね。

今回オススメするのは、一度は見に行っておきたいひまわり畑のスポット。東京からも比較的行きやすいので、ちょっとしたおでかけや小旅行にオススメ!

photo by PIXTA

ぬけるような青空の下で真夏の太陽に向かい咲き誇るヒマワリ。夏の日を浴びて風に揺れる黄色一面のヒマワリは、やはり夏の花ですね。

子どもや家族、恋人に友達を連れて、雄大な自然を楽しみながら一味違った夏の思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

ひと夏に2回も楽しめる!地元に愛され続ける風物詩イベント

photo by PIXTA

座間市は神奈川県のほぼ中央部にある市で、横浜からは20Kmほど西にあります。小田急線とJR相模線が通っており、相模原市や大和市のベッドタウンとしての機能もある街です。

座間市で行われるひまわりまつりは、毎年会場が2か所と開催期間も2回に分かれているのでひと夏の間に2度楽しめちゃいます。

7月の若々しいひまわり、8月の成熟したひまわり。どちらもそれぞれに味があり、ぜひ両方見たいものです。残念ながら今年の7月会場は終了してしまいましたが、8月会場に咲くヒマワリの数は約45万本が開花予定!

相模川からの風は心地よく、座間市ならではのひまわりの趣を感じられそうです。

また、座間市の特産品は19品目もあり、ひまわりソーダにひまわり焼酎、焼き豚や座間なっとうなど様々。アユのつかみ取りやひまわりスタンプラリーなど、多様なイベントも行われる予定なので、会場でチェックしながらゆっくり座間のひまわりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

■神奈川県座間市「座間のひまわりまつり2015」 座間・新田宿会場
開催日:2015年8月13日(木)~8月18日(火) 9:30~16:00
入場料:無料
会場:座架依橋北側・南側、サイレン北側、西中学校東側
小田急小田原線「座間駅」よりバス 座間四ツ谷行き「神社前」下車徒歩10分
JR相模線「相武台下駅」より徒歩20分
問い合わせ先:座間ひまわりまつり実行委員会事務局(商工観光課)
座間市観光協会ホームページ:
http://www.zama-kankou.jp/gallery/event_photo/001.html

「まちを元気にしていこう」市民の思いでスタートした元気いっぱいのひまわり畑

 

photo by PIXTA

photo by PIXTA

2008年からスタートした東京都の清瀬ひまわりフェスティバルは、清瀬市の個人農家がこのフェスティバルにあわせて特別にひまわりを栽培しています。会場の畑は個人の私有地のため、開催期間以外は立入禁止。フェスティバル開催期間中にだけイベント会場として開放されます。

約2万平方メートルもの広大な農地に約10万本のひまわりが咲き、たくさんの観光客の目を楽しませている清瀬ひまわりフェスティバル。毎年約6万人もの人が来場する人気フェスティバルなんだとか。

ひまわり畑はいくつかの区画に分けられ、区画毎に開花時期をずらして植えられているので、開催期間中は必ずひまわりの花を楽しむことができます。ひまわり畑を少し高みからも眺められるようにと、見晴台が設置されているのも嬉しいですね。

会場ではニンジン・ホウレンソウ・大根など、たくさんの農生産がとれる清瀬市ならではの新鮮野菜やひまわりの切り花が販売される予定。また、写真コンテストも実施されますので応募してみるのもいいかもしれません。

■東京都清瀬市「清瀬ひまわりフェスティバル 2015」
開催日:8月16日(土)~8月31日(日) 9:00~16:00
入場料:無料
会場:石井ファーム・小寺ファーム等(清瀬市下清戸三丁目地区の農地)
問い合わせ先:清瀬市役所 清瀬市市民生活部産業振興課
清瀬市役所ホームページ:http://www.city.kiyose.lg.jp/

ちょっと足をのばして、めずらしいヒマワリと花々に囲まれよう

photo by PIXTA

メイン会場を中心に農村公園会場、浅尾新田会場の3カ所に分かれてヒマワリが咲き誇る「あけのひまわりフェスティバル 2015」。

筑波山をバックにした約4万平方メートルの田畑に、なかなか見ることのできない八重ひまわり、黄色やオレンジ色の黄花コスモス、陸前高田のひまわりに、可憐なそばの花などを栽培しています。なかでも、八重ひまわりが眺めれる面積は日本最大級です。

photo by PIXTA

また、十数品種の背丈の低いひまわりを集めた「ミニひまわり展」や、自分で選んだ花を有料で持ち帰ることができる切り花園も開設されます。

約100万本の花が辺り一面を埋め尽くす光景は壮観ですよ!

■茨城県筑西市「あけのひまわりフェスティバル 2015」
開催日:2015年8月29日(土)~9月6日(日)
見学は日の出から日の入まで可能 テント販売は9:00~16:00
入場料:無料
問合せ先:明野ひまわりの里実行委員会(筑西市商工観光課)
筑西市観光協会ホームページ:
http://www.chikuseikanko.jp/index.php?code=18

圧倒的な広さと圧倒的なヒマワリに酔いしれて

photo by PIXTA

なんと、約10平方メートル(東京ドーム約2個分!)もの休耕田にひまわり畑が出現する「ましこ町 ひまわり祭り」。その広大な土地に咲くヒマワリは約200万本!!

太陽にも負けない鮮やかな黄金色で咲き誇るヒマワリが咲き乱れます。期間中は、農産品等の直売や展望台が設置される予定です。

昨年から同じヒマワリのイベントを開いている野木、上三川の両町と連携し、ヒマワリの種を交換したり、スタンプラリーもしているそうです。ぜひ、チェックしてみてください!

■栃木県益子町「ましこ町 ひまわり祭り」
開催日:2015年8月8日(土)~16日(日)
入場料:無料
会場:栃木県芳賀郡益子町上山地区
問合せ先:野木町ひまわりフェスティバル実行委員会事務局
ましこ花のまちづくり実行委員会ホームページ:
http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/page000230.html

ひまわり畑は日除けがあまりないので、こまめに休息をすることが大切です。

直射日光を避ける帽子をかぶったり、充分な水分補給をして、黄色一面のヒマワリにパワーをもらっちゃいましょう!

ほかにもアウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、ひまわり畑と一緒に楽しめるアクティビティをたくさん紹介しています!ぜひ、見てみてくださいね!!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で関東のアクティビティをチェック

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

sotoasobi

sotoasobi

アウトドア・レジャー専門の予約サイト『そとあそび』が運営しています。自然との関わりを楽しむ人を増やしたいという想いを持って、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

ツアーを予約する