初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

神奈川県

【紅葉の名所】死ぬまでに一度は行っておきたい!ユーシン渓谷の絶景

2015.09.07
人知れず紅葉の名所として囁かれている「ユーシン渓谷」。その秘められた魅力をお伝えします。

photo by まちゃー

夏の暑さも通り過ぎ、一気に肌寒くなったように感じる今日このごろ。秋の彩りを楽しもうとする動きもだんだん話題にあがってきているのではないでしょうか?

今回ご紹介する紅葉スポットは、都心から日帰りでいけるスポットなのにもかかわらず、紅葉の名所として殆ど知られていない穴場「ユーシン渓谷」です。

ユーシン渓谷とは?

photo by ARTemis

ユーシン渓谷とは神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川にある渓谷のこと。丹沢大山国定公園に属し、「丹沢の秘境」とも呼ばれている景勝地です。

「ユーシン」というと日本の地名らしくないですが、由来は日本の地名らしく、元は谷が深く、水勢勇ましいその様子から「湧津」と名付けられたのだそう。(※諸説あり)

小田急線新松田駅・JR御殿場線松田駅から富士急湘南バスに乗り継ぎ、40分余りでユーシン渓谷へのハイキングスポットにたどり着くので、日帰りで十分楽しむことが出来るスポットでもあります。

ユーシン渓谷の魅力①「ユーシンブルー」

photo by ARTemis

ユーシン渓谷の魅力としてまず語られるのは、「ユーシンブルー」と呼ばれる透き通るようなコバルトブルーの渓流。

このように青く見える理由は定かにはなっておりませんが、美瑛の青い池四万湖などと同じように温泉に含まれるマグネシウムなどの微粒子が原因の可能性が高いとされております。

ユーシン渓谷の魅力②「新緑と紅葉」

なんとまぁ美しい。

A post shared by さちこ(仮) (@_manxcat_) on

ユーシン渓谷は春・夏は新緑が眩しく、秋には燃えるような紅葉を楽しむことが出来る自然に溢れたスポットです。 美しいユーシンブルーの渓谷に新緑の青緑や、紅葉の朱のコントラストはまさに絶景。一度は見ておきたい光景です。

ユーシン渓谷の魅力③「トンネル」

ユーシン渓谷の魅力の最後はハイキングコースに全部で8つもあるトンネル。

8つトンネルの中には、懐中電灯がなければ到底進めないほど長く暗いトンネルがあれば、数秒で通れるような短いトンネルもあります。

トンネルを抜けるとこれまでとは違う新しい景色が見えたり、写真で撮るととても綺麗に映ったりと趣に満ちたスポットです。

ユーシン渓谷の紅葉の様子


こちらの動画では、ユーシン渓谷の紅葉の様子が紹介されています。紅葉の見頃は11月上旬から中旬です。

ユーシン渓谷をハイキングやサイクリングでアクティブに楽しむ

ユーシン渓谷は道路の整備もほどほどにされており、初心者〜中級者がハイキングやサイクリングを楽しむにはもってこいのスポットです。

これからの秋のシーズンに向けて、家族や友達に声をかけてみてはいかがでしょうか?観光地の紅葉もいいですが、こうした自然の中で体を動かして紅葉を楽しむのもまたオツなものですよ。

アウトドアレジャー専門予約サイト「そとあそび」でも、この秋楽しめる景勝地でのアクティビティを多数紹介しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

アウトドアレジャー専門予約サイト「そとあそび」で秋の彩りを楽しめるアクティビティを探してみる

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

野阪 拓海

野阪 拓海

Outfitterエディター、ライター。大学一年生のころアウトドア・キャンプスタッフを経験し、自然と子どもの関わりに興味を持つようになる。
そとあそび」のアクティビティを多く体験し、その魅力を伝えていきます。
Twitter
Facebook
ブログ