初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2015.10.31

トレランに興味がある方必見!その魅力と始めるための準備

最近、山を走るトレランの人気が高まっています。 始めたいけど不安だという方にトレランの魅力や準備についてご紹介します。
関連:【山遊びの紹介
photo by Maridav

photo by Maridav

トレラン(トレイルランニング)をしている人を近ごろ山で良く見かけませんか?ちょっと興味あるけど自分にはとてもムリ!って思っている方が多いのでは!?

でも、きちんと準備をして始めてみると意外と何とかなるものですよ。そこでトレランに興味を持たれた方にその魅力や準備についてご紹介します!

トレランの魅力

photo by Starting Over

photo by Starting Over

ひと口にトレランと言ってもさまざまな楽しみ方があるので、ここでは一例を紹介します。

遠くまで行ける喜び

行動距離が伸びてコースバリエーションが広がります。健脚向きとされるロングコースにも行けるようになりますよ!

またアプローチの退屈な林道も、より短い時間で通ることができます。

景色が変化する楽しさ

歩くのに比べ景色がどんどん変化していく楽しさがあります。また下りに慣れてくると、爽快に走れて気持ちいいですよ!

森林浴の気持ちよさ

木陰のトレイルは夏でも割と涼しく、空気も美味しいので気持ちよく走れますよ!

身体に無理なく走れる心地よさ

アスファルトと違ってクッション性が高いトレイルは膝など関節への負担が少ないです。歩いて登ったり、下りを駆け下りたり・・・、刻々と変化するコースに応じて使う筋肉が違うので、距離が長くなると同じところを使い続けるロードよりも身体の負担が楽に感じます。

 トレランの装備、持ち物

photo by YUKI

photo by YUKI

最初からトレラン専用のものをそろえるのは大変なので、まずはあるものを利用しても良いでしょう。

シューズ

一般的にトレイルは滑りやすい急な上り下りがあるので、グリップの良い専用のトレランシューズがおすすめです。ただし足場の良い林道や勾配の緩やかなハイキングコースならランニング用でも大丈夫です。一番大切なのは自分の足にあっていることです。

ウエア

上はTシャツをベースにアームウォーマーや薄手の長袖シャツを重ね着するのが温度調整しやすくおすすめです。下は状況によっては短パンだけでも良いですが、サポートタイツを着用すると疲労や怪我の予防に良いでしょう。なおウエアは吸水速乾性に優れたドライタイプの素材が基本です。

グローブ

岩や枝をつかんだり転倒時のケガ防止に必用です。専用がベストですが軍手でもOKです

サングラス、帽子・サンバイザー

日差しが強い時にはあった方が良いです。

バックパック

荷物は必要最小限にするため小型のものが適してます。トレイルラン用であればハイドレーションへの対応や行動食・ゼリーの収納など便利に作られてます。以下はバックパックに収納するものを記載してます。

水・ハイドレーション

水はこまめに取るべきなので、ハイドレーションに入れるのが良いでしょう。なければペットボトルでも構いません。なおコース上の水場は枯れている場合もあるので、少し多めに持っていくようにしましょう。

食料

空腹が続くと「しゃりばて」といって体が動かなくなるので、食料は重要です。水と同じで少しづつこまめに摂取するのが良いので、簡単に食べられる行動食(おにぎり、パン、お菓子、スポーツ用ゼリーなど)が向いてます。またBCAAなどのアミノ酸やクエン酸などのサプリも疲れにくくするうえで有効です。また万一に備え非常食も持つようにしましょう。

レインウェア

山の天気は変わりやす雨具は必須です。また稜線に出ると強風に見舞われることもりウインドブレーカー代わりとしても重宝します。ゴアテックスなど浸透性があり、コンパクトにしまえるものがベスト。

地図・コンパス

山に入る時の基本です。事前に使えるようにしておきましょう。

ファーストエイドキット

止血、靴擦れや足首の捻挫などに対応するため、テーピングテープ、絆創膏は携帯しましょう。

トレランを始める前にやると良いこと

ランナーで山の経験がない方には日帰りの低い山でも良いので山登りをお勧めします。計画、地図の読み方、装備、悪路の対処、マナーなど山の知識を得ることができます。特にランナー上がりの方が山に入ってトラブルを起こすことがありますので、正しい知識を身に着けることが重要です。ロードと違って低い山でも遭難のリスクがあります。

こうしたことをトレッキングのツアーで体験するのもおすすめですよ。

photo by sebadelval

一方、ハイカーで走る習慣のないの方にはジョギングをお勧めします。ゆっくりでも良いので30~60分程度を何度か走ってみると、走るための筋肉が鍛えられますよ!

いかがでしたか?

最初は無理に走らずほとんど歩きでも構わないので、あなたもぜひトレランにチャレンジしてみませんか。

アウトドアレジャー専門予約サイト「そとあそび」では初心者にも始めやすいトレッキングをはじめ、さまざまなアウトドアレジャーを紹介していますので、是非そちらも参考にしてください。

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

関連キーワード

ライター

kazu

10年ほど湘南で暮らしマリンスポーツを楽しむ。その後、山への思いが強くなり丹沢の近くに引越す。槍ヶ岳・北鎌尾根を踏破したりUTMFを完走したりとチャレンジするのが好き!またスキー、スノーボードも大好き。そしてキャンプでマッタリと飲むビールも(笑)

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび