初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

水上(みなかみ)

スノーシューで絶景を見に行こう!群馬・水上(みなかみ)の冬の絶景スポットをご紹介!

2015.10.29
スノーシューで水上(みなかみ)の素晴らしい景色を見に行ってみませんか?冬にしか見ることのできない絶景をご紹介します!

群馬県の最北部に位置する水上(みなかみ)は、登山客に人気の谷川岳や三国山の麓にあり、利根川の源流域でもある自然いっぱいのエリアです。温泉郷としても知られ、アウトドアレジャーの後の温泉を楽しみに訪れる人も多いのでは?

そんな水上(みなかみ)では、冬になると北海道と同じくらいサラサラのパウダースノーが楽しめます。おすすめのアクティビティは冬ならではの景色を満喫できるスノーシューです。

スノーシューとは西洋版の「かんじき」のこと。スノーシューを装着して雪上を歩くことで、スキーやスノーボードとはひと味違った景色を見ることができます。今回は、スノーシューで見に行ける水上(みなかみ)の絶景スポットをご紹介します。

1.一ノ倉沢の岩壁

photo by もちの木

photo by もちの木

水上(みなかみ)には、日本三大岩壁のひとつ「一ノ倉沢の岩壁」があります。スノーシューを履いて、群馬と新潟の県境にある谷川連峰を流れる湯檜曽川(ゆびそがわ)や雪に覆われた木々、そして鳥達を眺めながら進みます。

奥へ進んだ先に待っているのは、悠然と広がる一ノ倉沢の岩壁。晴れた日はすっきりと視界も良く、雪に覆われた岩壁と青空とのコントラストは迫力いっぱい!全身で自然のパワーを感じられます。

初めてのスノーシューでしたが、天気もよくすごく楽しかったです。
刻々と変わる風景に雪道。スキーとは違って変化がとても興味深かった。
本当に自然を満喫できました。(40代・女性)一部引用 - 口コミ・感想・評判・レポート:みなかみスノーシューツアー/マックス|そとあそび

ガイドさんは木や虫や動物や山について面白いことをたくさん教えてくれました。小さなリスの足跡はかわいかったなあ。お昼は一ノ倉沢をバックに皆で輪になって、ガイドさんが用意してくれた温かいパスタとりんごのコンポートを頂きました。本当に美味しかったです!やっぱり自然が一番です。スノーシューは雪の中を色々観察しながらゆっくり歩けるのでお勧めです!(20代・女性)一部引用 - 口コミ・感想・評判・レポート:みなかみスノーシューツアー/マックス|そとあそび

2.大幽洞窟(おおゆうどうくつ)

みなかみ町、川場村、片品村の境にある武尊山の麓には、カラマツなどが見られる静かな森の中を進むと現れる「大幽洞窟」があります。

大幽洞窟の内部では「氷筍(ひょうじゅん)」と呼ばれるつららを見ることができます。地面から上へ成長する氷筍は、まさに「氷のたけのこ」のようで、とても神秘的な雰囲気があります。

この自然の不思議はスノーシューでなければ見に行けない光景です。ぜひ一度自分の目で見てみることをおすすめします。

うす暗い洞窟の中にニョキニョキと氷筍が立ち並ぶ様子は、
写真で見るのとは違う自然の息遣いが感じられて、本当に神秘的な光景。
一見の価値アリです。(30代・女性)一部引用 - 口コミ・感想・評判・レポート:みなかみスノーシューツアー/ジャグスポーツ|そとあそび

大幽洞窟で見た氷筍が本当に感動的でした。
コースも無理なく楽しめました。(30代・女性)一部引用 - 口コミ・感想・評判・レポート:みなかみスノーシューツアー/マックス|そとあそび

3.裏見の滝

水上(みなかみ)には、滝の裏側を見ることができる「裏見の滝」があります。ここは夏に涼を求めて観光客が訪れる人気のスポットです。

実はこの滝、冬の特に寒い時期、2月ごろに凍るのです!コースや積雪の状態にもよりますが、氷結した滝を見るなんて貴重な体験な体験ですね。

厳冬の時期だけしか観る事が出来ない、裏見の滝(凍った滝)コースでお願いしました。
当日は春のような快晴に恵まれ、コース途中は絶景だらけ。
リフト頂上からやお昼の休憩ポイントからは、遥か彼方まで山々が観え。もちろん凍った滝。あと、ガイドさんならではで、滝と武尊山が一緒に観れる秘密の場所も教えてくれました。
コース全体が下りなのでとっても楽で、ついつい嬉しい奇声をあげてしまう程。(40代・女性)一部引用 - 口コミ・感想・評判・レポート:みなかみスノーシューツアー/ジャグスポーツ|そとあそび

いかがでしたか?冬の水上(みなかみ)の自然をより満喫するには、スノーシューは欠かせないアイテム。興味を持ったら、一人で挑戦するのは危険なので、ぜひツアーに参加してみてくださいね。

アウトドアレジャー専門予約サイト「そとあそび」では、水上(みなかみ)エリアをスノーシューで楽しめるツアーを多数ご用意しています。ぜひご活用ください!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

Aya

Aya

鳥取県出身の駆け出しライター。子どもの頃は海へ山へと走り回っていました。いつか屋久島へ行きたいと思い、はや3年。趣味は植物や水のある場所や見晴らしの良いロケーションを求めてカメラ片手に散歩すること。