初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2015.10.21

これだけはハズせない!帯広おすすめ観光スポットまとめ

帯広のおすすめ観光スポットを厳選して紹介しちゃいます♪
関連:【帯広のアクティビティ

北海道の帯広市は、十勝あずきやバター、豚丼やそばなどおいしいものがたくさんあるグルメな町として知られていますが、実はそれに負けず劣らず観光スポットもたくさんあります。

今回はそんな帯広のおすすめ観光スポットを厳選して紹介いたします。

1.ばんえい十勝 帯広競馬場

たとえ競馬に興味がなかったとしても、帯広市に来たならば絶対に訪れた方が良いのがここ帯広競馬場です。 ここで行われているレースは都内などで見かけるものとはまったく違うもの。「ばんえい競馬」と言って馬が重りを乗せた鉄のそりをたくましく引っ張って行く様子を見ることができます。世界でここだけしか見れないのです! 北海道の開拓期から大切に受け継がれてきた馬の荒々しくも美しい姿をぜひご覧あれ!

■ 基本情報
・名称:ばんえい十勝 帯広競馬場
・住所:帯広市西13条南9丁目
・アクセス:道東自動車道「音更帯広IC」から約15分                
      帯広広尾自動車道「芽室帯広IC」から約15分                
      帯広空港から約40分
・営業時間:土、日、月10:00~17:00                
      水、木、金11:00~15:00
・定休日:土曜・日曜・月曜のみ開催(火曜~金曜休み)(ふれあい動物園は火曜のみ定休)
・電話番号:0155-34-0825

2.とかちむら

いよいよ今週末は『とかちばん馬まつり2015』ですが、ばん馬祭りが終わってからも様々なイベントを予定しておりますよー!『Working Horse Festhival』ナント!!本物の馬により畑を馬耕をしてもらう、”馬耕デモンストレー…

Posted by Tokachimura on Monday, October 5, 2015

とかちむらは、上記で紹介した帯広競馬場に併設されています。競馬場を訪れた後はここで食事をしたり、ショッピングするのがおすすめです。

館内には「馬の資料館」や産地直送の野菜販売、帯広名物の豚丼のお店やスイーツが食べれるところも!おすすめ商品は「豚丼アイス」。

ここでしか食べれない変わり種に挑戦してみては?

■ 基本情報
・名称:とかちむら
・住所:帯広市西13条南8丁目1番地
・アクセス:車:道東自動車道「音更帯広IC」から約15分
帯広広尾自動車道「芽室帯広IC」から約15分
帯広空港から約40分
・営業時間:10:00~19:00
・定休日:無休
・電話番号:0155-34-7307

3.真鍋庭園

まるでおとぎの国を訪れたかのような雰囲気のあるガーデンとして人気の真鍋庭園。ここはお花畑というよりも、美しい樹木が立ち並ぶひと味違った環境となっています。 真鍋庭園は日本初のコニファー・ガーデンとして広く知られていて、日本庭園、西洋風庭園、風景式庭園で構成されています。ここだけでしか見られない新種の植物は必見です!

■ 基本情報
・名称:真鍋庭園 ・住所:北海道帯広市稲田町東2-6
・アクセス:JR帯広駅から車で15分 十勝バス:循環西廻り
・工業高・北高方面行きで12分、「西4条39丁目」下車 徒歩約5分
・営業時間:レギュラーシーズン(6~8月以外)8:00~日没まで(お問い合せください)               
      サマーシーズン(6~8月)8:00~18:00までご入園(19:00閉園)
・休園日:12月~4月下旬
・電話番号:0155-48-2120
・料金:大人\800、子供(小・中学生)\200

4.北の屋台

北海道の屋台村の元祖と言われているのが、ここ帯広にある「北の屋台」。「帯広を元気にしたい!」という思いを持った有志が作り上げたこの屋台村には現在20軒の個性豊かなお店が立ち並んでいます。

とびきりおいしい薫製料理が食べられる「煙陣」や十勝の食材が堪能できる「ふるさとkitchen」はぜひ行ってみてほしいお店です。

■ 基本情報
・名称:北の屋台
・住所: 北海道帯広市西1南10-7
・アクセス:JR根室本線帯広駅から徒歩5分
・営業時間:店舗により異なります
・定休日:店舗により異なります
・電話番号:0155-23-8194

5.おびひろ動物園

おびひろ動物園は北海道で2番目の動物園として昭和38年にオープンしました。ここには動物園だけでなく遊園地や冒険家植村直己記念館もあり、1日たっぷりと楽しめるのが魅力です。

おびひろ動物園は、他の動物園と比べると比較的動物との距離が近くなっています。迫力満点の動物を間近で見たいならぜひおとずれてみたい場所です。

■ 基本情報
・名称:おびひろ動物園
・住所: 北海道帯広市字緑ヶ丘2
・アクセス:帯広駅バスターミナルからバスで「動物園前」下車 徒歩5分
帯広広尾自動車道 帯広川西ICから車で12分
・営業時間:夏期開園|4月29日~11月3日
冬期開園|12月第1土曜~2月28日の土・日・祝日
※ 12月29日~1月3日は土・日・祝日でも休園
※ 氷まつり期間中の金曜日は開園
・電話番号: 0155-24-2437
・料金: 大人420円、高校生210円

いかがでしたでしょうか?帯広の美しいガーデンや動物たちで癒され、夜はワイワイ楽しく飲む・・そんなイメージが湧いてきたでしょうか。ぜひ帯広を心ゆくまで満喫してくださいね♪

「そとあそび」では帯広エリアで気軽に参加できるさまざまなアクティビティをご紹介しています。こちらも合わせてチェックしてみてください!

■関連記事■

絶対食べておきたい!帯広おすすめ名物グルメ5選

喜ばれること間違い無し!帯広のおすすめお土産5選

熱気球で憧れの空中散歩!おすすめ体験ツアーをご紹介

ひろーい十勝のおすすめ観光スポットをまるっと紹介!

北海道のおすすめ乗馬・外乗(ホーストレッキング)【道東・道央エリア】

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

帆音

帆音

タイ在住ライター。山に囲まれた海なし県在住なのに、好きなスポーツナンバーワンはシュノーケリング。休みの度に秘境や無人島などで楽しんでいます。他にトレッキングなど山のアクティビティにも興味あり。将来は海と山の両方を制覇したい!

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび