初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

山遊び

ハンモック?テント?snow peakの新商品「Sky Nest」が素敵過ぎる!

2016.01.08
独特の揺れが心地よいハンモックが、もっと快適で寝心地の良い空間になったら……そんな夢を叶えてくれるのがsnow peakの「Sky Nest」!こだわりがたくさん詰まった「Sky Nest」はまさに新感覚のテントです!

独特の浮遊感と開放感に、穏やかな揺れ……ハンモックって、アウトドアで一度は経験してみたいアイテムですよね!

けれど、一度経験したことがある人ならふと考えたことがあるはずです。「これって、もっと快適な空間にできるんじゃないか?」と。

例えば風や床面。網や布のままでもハンモックならではの魅力があるけど、雨風をしのげる壁面やまっすぐに安定した床面があったら、空中でももっと快適に過ごせそうですよね。

そんな夢を叶えるテントが、スノーピークから新発売されました!

吊り下げ式テント「Sky Nest」

photo by snow peak

photo by snow peak

見てくださいこのテント。なんと、ハンモックのように地上から浮いているんです!2015年12月18日にスノーピークが販売開始したこの「Sky Nest」は、吊り下げて使用する全く新しい感覚のテントなんです。

吊り下げ式と言うと設置が大変そうですが、「Sky Nest」は大丈夫。2本の木の間にハンギングテープを渡し、そこに本体のテントを吊るすだけで設置可能ですので1人でも無理なく設置できます。

photo by snow peak

photo by snow peak

「ハンモックと違い壁がある分、風が吹くと危険なのでは?」とお思いの方もご安心ください!ボトムの4つの角に付属のロープを取り付けてペグダウンすれば、揺れと風の影響も軽減できるので煽られすぎることもありません。

まさにハンモックのいいとこ取りをしたようなテントがこの「Sky Nest」なんです!

テントとしての性能も◎

photo by snow peak

photo by snow peak

もちろん、ただの”壁のついたハンモック”ではありません!テントとしての性能も充実しています。

まずは何と言ってもその広さ!220×130cmと広々とした室内は、大人が大の字になって寝たって十分な広さです。

インナーテントもあらかじめ装備されているので、湿度が気になる日も大丈夫。全パネルに設置されたメッシュや、大型のベンチレーターも室内を快適に保つ重要なポイントです!

photo by snow peak

photo by snow peak

ところで、テント内でくつろいでいるときの靴の置き場所って少々気になりませんか?でもこのテントなら大丈夫。なんと、空中に浮いた床面の底にシューズポケットが付いているのです!

これなら置き場所にも困らないし、突然の雨でも靴が濡れないので安心です。

スノーピークのこだわり

photo by snow peak

photo by snow peak

「こんなに大きなテントを吊るしたら、木の方が傷ついてしまうのでは?」とご心配の方もいらっしゃるかと思います。その気持ちはスノーピークも一緒でした。

自然環境と共に生きるスノーピークだからこその自然への配慮が、付属の保護シートに隠されています。テントを吊るすロープの摩擦から樹皮をまもるためのクッション性のある保護シートが、元から2枚付属しているんです。

自然にも優しい「Sky Nest」なら、心置きなく浮遊テント生活を楽しめますね!

スノーピークとアウトドアに出かけよう!


いかがでしたでしょうか?「Sky Nest」と一緒に出かければ、アウトドアのさらなる魅力にますますはまってしまうこと間違いなしですね!

「そとあそび」では、キャンプと一緒に楽しめる全国各地のアウトドアレジャーを紹介しています。ぜひそちらもチェックしてみてくださいね!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

遠藤 樹

遠藤 樹

11歳で富士山登山に挑戦して以来、大自然の雄大さと壮大さに魅了される。将来の夢は山奥にタイニーハウスを自作すること。現在は山・海・空・川・雪等フィールドを問わず”自然”の魅力を伝えるため、”そとあそび”でライター&エディターを担当。

ツアーを予約する