初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.7.25

日光・鬼怒川で必ず行きたい観光スポット29選

鬼怒川に行くなら温泉だけじゃもったいない!豊かな自然を満喫したり、テーマパークで遊び尽くしたり…鬼怒川観光で外せない観光スポットをご紹介します!
photo by jampan

photo by jampan

関東でも有数の温泉地として知られている栃木県日光市・鬼怒川。温泉はもちろん、人気のテーマパークや豊かな自然が織りなす渓谷美は必見!

今回はそんな日光・鬼怒川でぜひ訪れていただきたいおすすめ観光スポットを、4つのジャンルに分けてご紹介します!

大自然の絶景を見て楽しむ!

1.華厳の滝

photo by momo

photo by momo

言わずと知れた名勝!!

華厳の滝は落差97mもあり、一気に流れ落ちる迫力のあるその様から、日本三名瀑のひとつに数えられています。日光を訪れたら一度は目にしておきたい景勝地でもあります。

滝のそばには有料の華厳滝エレベーターがあり、その先の観瀑台から間近に見える滝壺は壮観!第二いろは坂にあるロープウェイで行ける明智平からの華厳の滝も美しく、人気のスポットになっています。

■ 基本情報
・名称:華厳の滝
・住所:栃木県日光市中宮祠2479-2
・料金:【華厳滝エレベーター】大人往復550円 小児往復320円、
【明智平ロープウェイ】大人往復730円 子供往復370円
・アクセス:JR・東武日光駅より東武バス日光→「中禅寺温泉駅」下車→徒歩5分

2.龍王峡

鬼怒川随一の景勝地である龍王峡(りゅうおうきょう)。龍が暴れまわったようなその地形は、約2200年前におきた海底火山の噴火によってできたといわれています。巨大な岩と清流が織りなす渓谷美はまさに絶景!

「虹見の滝」までは入り口から徒歩約10分。落差約20mの滝にはキラキラと輝く美しい虹が架かり、その幻想的な風景に思わず目を奪われてしまいます。

■基本情報
・名称:龍王峡
・住所:栃木県日光市藤原1357
・アクセス:野岩鉄道龍王峡駅すぐ

3.霧降高原 キスゲ平園地

photo by トラッタ

photo by トラッタ

鬼怒川から車で1時間半の赤薙山(あかなぎさん)中腹に広がる霧降高原(きりふりこうげん)。関東平野を一望できる高原には毎年6月下旬〜7月下旬頃にニッコウキスゲの花が一面に咲き、その見事な景観と高原の爽やかな風が訪れる人を癒してくれます。

ハイキングをするなら雪のない4月〜11月頃がおすすめ。高原の天候は変わりやすいので、訪れる際は上着を一枚持って行くと安心ですね。

■基本情報
・名称:霧降高原 キスゲ平園地
・住所:栃木県日光市所野1531
・アクセス:[車]日光ICから霧降大橋を渡り、霧降高原道路 約30分、
[鉄道・バス]JR・東武日光駅から、東武バス「霧降高原」または「大笹牧場」行き25分「霧降高原」下車徒歩5分(4月1日〜11月30日の期間のみ運行)

4.瀬戸合峡

photo by ZEN

photo by ZEN

鬼怒川の上流に位置する瀬戸合峡。高さ100mの断崖が2kmにわたって続いており、長さ75mの「渡らっしゃい吊橋」からは豊かな自然を一望することができます。

紅葉シーズンは特に美しく、その景色は「とちぎの景勝100選」にも選ばれています。紅葉の見頃は10月中旬から11月中旬なので、この時期に鬼怒川へ行かれる際はぜひ立ち寄ってみてください!

■基本情報
・名称:瀬戸合峡
・住所:栃木県日光市川俣
・吊橋通行可能時間:9:00〜16:00
・アクセス:東武鬼怒川温泉駅から市営バス「女夫渕」行き1時間15分「川俣平家塚」下車徒歩10分

5.湯ノ湖

photo by momo

photo by momo

山に囲まれた地形にある湯ノ湖は、三ツ岳の噴火の際に湯川がせき止められてできた周囲約3kmほどの湖。周囲には散策路があり、約1時間ほどで湖を一周することができます。

5~9月にはマス釣り、秋には色鮮やかな紅葉、冬には氷の張った神秘的な光景を楽しむことができ、静かに日光の自然を観賞したい方にはおすすめのスポットです。

■ 基本情報
・名称:湯ノ湖
・住所:栃木県日光市湯元
・アクセス:JR・東武日光駅から車で約30分

6.明智平ロープウェイ

日光の中でも有数の絶景を見るなら明智平ロープウェイがオススメ。いろは坂から標高1373mまでロープウェイで登り、その先にあるのが明智平展望台。そこでは日光の景勝地である華厳の滝や中禅寺湖、男体山などを一望することができます。

また、展望台だけではなくロープウェイから眺める道中の風景も刻一刻と変化していき、飽きません。

いつ行っても素晴らしい景色を見ることができますが、オススメなのは秋。いつもの絶景が鮮やかな紅葉で彩られ、さらに美しい光景が眼前に広がります!

■基本情報
・名称:明智平ロープウェイ
・住所:栃木県日光市細尾町深沢709-5
・電話番号:0288-55-0331
・営業時間:8:30~16:30、登り最終便16:00(12~3月は9:00~15:30、登り最終便15:00)
・定休日: 無休(3月1~15日は点検のため休止)
・料金: ロープウェイ往復730円

7.鬼怒楯岩大吊橋

photo by Wikipedeia

鬼怒川の温泉街と楯岩を結ぶ全長140mの吊橋が「鬼怒楯岩大吊橋」。木製の大吊橋の下には鬼怒川の渓谷が広がり、大自然の迫力に圧倒されます。

吊橋はちょっと揺れるのでスリルも味わえちゃいますよ。

橋の先にある楯岩は戦に使う「盾」に似ていることからその名前がついた大岩で、その大きさは70mを越えます。楯岩の頂上には展望台もあり、温泉街や鬼怒川沿いの山々や清流を一望することもできます。

とにかくダイナミックな自然を味わいたい!という人にはぜひ行ってほしいスポットです。

■基本情報
・名称: 鬼怒楯岩大吊橋
・住所: 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1436
・電話番号: 0288-77-2052(日光市観光協会鬼怒川・川治支部)
・料金: 無料
・アクセス:東武鬼怒川温泉駅からタクシーで3分

8.中禅寺湖遊覧船

男体山噴火時に大谷川がせき止められてできた中禅寺湖は日本100景に選ばれています。春は新緑、夏は青々と広がる緑、秋は紅葉、冬は雪景色と移ろう魅力に年中観光客が絶えない場所です。

中禅寺湖を1周するコースや千手ヶ浜コース(期間限定)があり、中禅寺湖の様々な名所を周ります。

■ 基本情報
・名称:中禅寺湖遊覧船
・住所(船の駅中禅寺湖):栃木県日光市中宮祠2478-21
・住所(菖蒲ヶ浜営業所):栃木県日光市中宮祠2484
・住所(立木観音前営業所):栃木県日光市中宮祠2482
・電話:0288-55-0360
・営業時間:9:00~17:00
・料金:大人160~1,500円(※コースと乗車区間による)
・アクセス:東武バス・中禅寺温泉下車、徒歩8分

9.戦場ヶ原

photo by Yoshi

photo by Yoshi

かつて男体山の神様と赤城山の神様が中禅寺湖をめぐって戦った戦場だったことから名前がついたといわれる「戦場ヶ原」。現在は広大な湿原となり、遊歩道が整備されハイキングを楽しむことができます。

ここには300種類を超える四季折々の植物が広がり、多くの野鳥が生息するこの湿原は一年中違った顔を見せてくれます。

楽しい観光スポットもいいけど、たまにはゆっくり自然の中でリラックスしたい・・・という人にはオススメのスポットです。

■基本情報
・名称:戦場ヶ原
・住所:栃木県日光市中宮祠
・電話番号:0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)
・アクセス:JR日光駅または東武日光駅から東武バス湯元温泉行き乗車50分、「三本松」バス停下車徒歩1分

10.いろは坂

photo by 7maru

photo by 7maru

48個のカーブがあり、その数を「いろは」に例えて名づけられたのが「いろは坂」です。それぞれのカーブには「い」「ろ」「は」から「ん」までのひらがな48文字の看板が建てられています。

秋には日光で一番の紅葉が見られるためドライブコースとしても有名で、毎年大渋滞になるほど。

道の途中には明智平ロープウェイも走っていて、そこから見る景色も絶景です。

皆でカーブごとの看板を探しながらドライブするのは楽しいですよ。でも、運転手さんはよそ見だけはしないでくださいね!

■基本情報
・名称: いろは坂
・住所: 栃木県日光市
・電話番号: 0288-54-2496 (日光市観光協会日光支部)

大自然を体験して遊ぶ!

1.鬼怒川ラフティングツアー

鬼怒川の激流を自分たちの力で下るラフティング体験は格別!NAOCが開催する全長約6kmにおよぶコースは、川沿いにそびえ立つ高さ40mの渓谷の間をくぐりぬけ、水しぶきを上げながらいくつもの荒波にぶつかっていく約2時間の冒険です!(※ツアー所要時間は約3時間)

激流下りだけでなく、コース途中では5mの大岩からジャンプしてみたり滝に打たれてみたりと川遊びもたくさんできますよ♪有名な奇岩や動植物にも出会える特別な体験を、ぜひ子供からおじいちゃんおばあちゃんまで楽しんでみてください!

基本装備のレンタルがツアーに付いてくるので、必要なのは着替えとタオルとやる気だけ!もちろん安全にサポートできるようガイドはレスキュー関連資格を所持していて、日々訓練を積み重ねています。4~6月、10~11月はさらに特典が満載なのでぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

■ 基本情報
・名称:NAOC(ナオック) 鬼怒川ラフティングツアー
・集合場所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝871−2 NAOC(ナオック)鬼怒川オフィス
・料金:7,700円~
・所要時間:約3時間
・対象年齢:小学生以上
・開催期間:4月20日~11月20日

2.鬼怒川キャ二オニングツアー

もっと間近でダイナミックな自然を満喫するキャニオニングツアーはいかが?

ガラスのように透き通った沢や滝にもまれたり、岩の上からジャンプしたり!次々と現れる天然岩の滑り台、ウォータースライダーで遊べるのはキャニオニングツアーならでは!鬼怒川で映画インディージョーンズのような探検が楽しめます!

NAOCでは中学1年生から参加できる体いっぱいで遊び尽くすコースのほか、小学1年生からOKの冒険コースもあるのでファミリーにもおすすめです!

■ 基本情報
・名称NAOC(ナオック) 鬼怒川キャ二オニングツアー
・集合場所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝871−2 NAOC(ナオック)鬼怒川オフィス
【キャニオニング 半日コース】
・料金:7,500円~
・所要時間:約3時間
・対象年齢:中学1年生以上
・開催期間:6月上旬~9月下旬
【ファミリー・キャ二オニング 半日コース】
・料金:7,500円~
・所要時間:約3時間
・対象年齢:小学1年生以上
・開催期間:7月上旬~8月末

3.日光霧降高原 大笹牧場


標高1,030~1,320mにある大笹牧場。高原のさわやかな空気を胸いっぱいに吸い込んで健康に育った牛は、ふんわりとした茶色い毛並みのスイス原産ブラウンスイス牛とホルスタインがいます。

ほかにも羊・ヤギ・馬など動物たちとの触れ合いを楽しめたり、希少なブラウンスイス牛のソフトクリームや、やわらかい厚切り生ラムジンギスカンなどが食べられます♪

アスレチックやそりゲレンデなどの子供向け施設があるほか、乗馬や冬季はスノーモービルも楽しむことができます。4月末~10月末にはオートキャンプが可能で、頭上に広がる満天の星空には圧巻ですよ!!

■基本情報
・名称:日光霧降高原 大笹牧場
・住所:栃木県日光市瀬尾字大笹原3405
・電話:0288-97-1116
・入場料:無料
・駐車料:無料
・アクセス:[車]日光ICから霧降大橋を渡り、霧降高原道路 約30分、
[鉄道・バス]JR・東武日光駅から、東武バス「霧降高原」または「大笹牧場」行き45分(4月1日〜11月30日の期間のみ運行)
※食の体験工房は、平成28年度は4月23日(土)~11月6日(日)までの開催。7月18日(月)~8月28日(日)の夏休み期間以外は土・日・祝日のみの開催

4.中禅寺湖カヌーツアー(カヤック)

ありのままの自然を多く残している日光国立公園内の中禅寺湖を堪能するひとつの方法として、カヌーやカヤックでの散策はいかがでしょうか。”栃木カヤックセンター/鬼怒川ラフティングセンター/日光・那須アウトドアサービス”では中禅寺湖でカヌーツーリングを楽しめるツアーを催行しています。

中禅寺湖奥地の無人の砂浜までカヌーで漕いで行き、周辺の散策をすることが可能!普通の観光では足を踏み入れることができない場所で素敵な時間を過ごすことができますよ。さらに一日コースならランチ付き。

操作方法はしっかりレクチャーしてもらえるので、未経験者でも気軽に参加が可能です。ぜひ日光観光の思い出作りにツアーに参加してみましょう!

■ 基本情報
・名称:栃木カヤックセンター/鬼怒川ラフティングセンター/日光・那須アウトドアサービス 中禅寺湖カヌーツアー(カヤック)
・集合場所:(集合場所)栃木県日光市中宮祠2482 中禅寺金谷ホテル・駐車場
【半日コース】
・料金:6,500円~
・所要時間:約2時間30分
・対象年齢:小学1年生以上(※小学1年生~3年生までは2人乗りで保護者の方と同乗)
・開催期間:5月GW~11月初旬まで
【一日コース】
・料金:11,500円~
・所要時間:約5時間
・対象年齢:小学1年生以上(※小学1年生~3年生までは2人乗りで保護者の方と同乗)
・開催期間:5月GW~11月初旬まで※2016年はサービスを休止しています

5.鬼怒川ライン下り


ラフティングやキャニオニングのような激しいアクティビティを楽しんだら、ゆったり鬼怒川を味わう「鬼怒川ライン下り」もオススメです。

船頭さんがゆっくりと櫂(かい)を使って船をこぎ、川を下って行くと楯岩・積み木岩など無数の奇岩や四季折々の動植物を見ることができます。

春にはヤマザクラ、夏には鮮やかな緑と夏の暑さを忘れさせる一陣のそよ風、秋には紅葉・・・と季節ごとに違った大自然が広がり、飽きさせることがありません。

鬼怒川の渓谷の大自然の美しさをゆっくり味わいたい方にはオススメです!

■ 基本情報
・名称:鬼怒川ライン下り
・集合場所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1414
・電話番号:0288-77-0531
・営業期間:4月中旬から11月下旬(期間中は無休)
・料金:大人(中学生以上)2700円、子供(4歳以上)1200円、幼児無料
・アクセス:東武鬼怒川温泉駅から徒歩5分

テーマパークや体験で遊ぶ!

1.東武ワールドスクウェア

photo by Noriko425

photo by Noriko425

鬼怒川温泉駅からバスで5分のところにある東武ワールドスクウェアは、45の世界遺産を含む有名建築物102点を1/25の大きさで精巧に再現したテーマパークです。あの有名なスペインの「サグラダ・ファミリア」も現地からガウディの設計図を取り寄せ、完成後の姿を再現しています。

建築物を彩る四季折々の自然も見どころのひとつ。春は満開の桜、夏は一面に広がるシャクナゲ、秋は紅葉に染まる世界遺産、冬にはイルミネーションが輝く世界の夜景など全シーズン楽しめるのも魅力的ですね!

■基本情報
・名称:東武ワールドスクウェア
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
・営業時間:9:00〜16:00(閉園17:00) ※12/1〜3/19は9:30〜15:00(閉園16:00)
・入場料:大人2500円/小人1200円
・アクセス:東武線鬼怒川温泉駅から日光交通バス「東武ワールドスクウェア」行き5分

2.江戸ワンダーランド日光江戸村

photo by scion_cho

photo by scion_cho

日光・鬼怒川エリアでもう一つ有名なテーマパークが日光江戸村。リアルに再現された江戸の城下町を江戸の町人が行き来する様はまるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう!

入場したらまず「江戸人変身処」へ行って江戸時代の衣装に着替えるのがおすすめ。忍者や花魁など15種類の中からお好きな衣装を選んでいざ江戸の町へ!

江戸村マスコットの「ニャンまげ」は神出鬼没なので、運良く会えたらぜひ記念撮影を!

■基本情報
・名称:江戸ワンダーランド 日光江戸村
・住所:栃木県日光市柄倉470-2
・営業時間:9:00〜16:00(閉園17:00) ※12/1〜3/19は9:30〜15:00(閉園16:00)
・定休日:水曜(祝日など変動あり)
・通行手形(入場料):大人4700円 小人2400円
・アクセス:東武線鬼怒川温泉駅から日光交通バス「日光江戸村」行き22分、終点下車すぐ

3.日光 花いちもんめ

鬼怒川温泉駅から車で10分の「日光 花いちもんめ」は関東以北で最大規模のベゴニア園。庭園と、大小2つの温室には一年中満開の花が咲いています。

大温室中央の喫茶コーナーにはテーブル席も用意されているので、頭上いっぱいに広がる球根ベゴニアを休憩しながら眺めるのもいいですね。

毎年12月中旬から5月末頃まではいちご狩りを楽しむこともできるので、この時期に訪れる方はぜひ温泉帰りに寄ってみてはいかがでしょうか?

■基本情報
・名称:日光 花いちもんめ(にっこうはないちもんめ)
・住所:栃木県日光市小佐越坂の下800
・入園料:大人800円 小人400円
・営業時間:9:00〜17:00(受付終了16:30)
・アクセス:東武鬼怒川線小佐越駅より徒歩15分、東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅より車10分

4.巨大迷路パラディウム


30年前くらいに全国的にブームになった巨大迷路。現在は全国でもほとんど残っていませんが、ここではそんな巨大迷路で遊ぶことができます。

迷路面積およそ3500㎡。その中には2mの板塀で作られた巨大迷路が。そんな巨大迷路探検は子供はもちろん大人でも冒険心をくすぐります。

家族や友達とゴールまでのベストタイムを競うもよし、迷路の隅々まで探検するもよし。思いっきり迷路を楽しめるスポットです!

■基本情報
・名称:巨大迷路パラディアム
・住所:栃木県日光市柄倉465
・電話番号:0288-77-2239
・営業時間:9時~15時30分(最終受付)
・定休日:年中無休
・料金:大人800円、小学生以下500円
・アクセス:鬼怒川温泉からタクシー10分、または東武ダイヤルバス20分「日光江戸村」下車徒歩1分

5.3D宇宙恐竜館


3D宇宙恐竜館は宇宙と恐竜を大迫力の3Dで楽しめる博物館。3Dメガネをかけて館内を歩きまわり、恐竜や宇宙の大迫力の映像を体感して楽しむことができます。

全長7メートルの動くティラノサウルスなど、それ以外の展示も充実しており飽きさせません。

子供はもちろん、大迫力の恐竜に大人も大興奮まちがいなしのスポットです!

公式ホームページにはクーポンがあり、それを画面で見せるか印刷すると入場料が300円引きになるのでお忘れなく。

■基本情報
・名称: 3D宇宙・恐竜館
・住所: 栃木県日光市小佐越字原1-83
・電話番号:
・営業時間: 10~18時(11月~3月は17時閉館、シアター受付は閉館30分前まで)
・定休日:年中無休
・料金: 大人1400円、3才~小学生900円
・アクセス:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅より日光江戸村行きバス15分、「トリックアート前」から徒歩2分

6.とりっくあーとぴあ日光

「とりっくあーとぴあ日光」は世界の名画などを題材にした「トリックアート」(だまし絵)を楽しめる美術館です。

ここの売りは単にトリックアートを実際に触って、体験して楽しめること。すべての作品は触れますので、触って不思議なトリックアートを楽しむことも。

自由に写真も撮れますので、絵から飛び出す動物に踏まれている写真なんていうのも撮れちゃいます。

見る角度によってぜんぜん違うものになるトリックアートは子供だけじゃなく、大人でも楽しめること間違い無しです!

■ 基本情報
・名称:とりっくあーとぴあ日光
・住所:栃木県日光市小佐越1-4
・アクセス:東武線『鬼怒川温泉』駅よりバス18分「トリックアート前」バス停下車
・営業時間:9:30~17:00
・定休日:なし
・電話番号:0288-77-3565
・料金:大人1900円 小人1100円

7.平家の里

photo by JIOTO

photo by JIOTO

湯西川温泉には平家の武者が落ち延びて村を作ったと言われる伝説が残っています。

落ち延びた彼らの生活や住居を再現したのが平家の里。茅葺屋根の民家が移築され、民家の中も見学することができます。


当時の生活用品も展示されており、見ているだけで800年前にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。

6月には平家大祭が行われ、鎧兜をまとった鎧武者やお姫様が練り歩く行列を見に多くの観光客が訪れます。

■基本情報
・名称:平家の里
・住所:栃木県日光市湯西川1042
・電話番号:0288-98-0126
・営業時間:8:30~17:00(9月~11月は9:00~16:30、12月~3月は9:00~16:00)
・定休日:無休
・料金: 大人(高校生以上)510円、子供(小・中学生)250円
・アクセス:野岩鉄道湯西川温泉駅から東武ダイヤルバスで33分

8.足尾銅山


足尾銅山は400年の歴史があり、江戸時代には年間1200トンもの銅を産出し「日本一の鉱都」と呼ばれ大いに栄えた銅山。そんな足尾銅山を見学できちゃいます。

トロッコに乗って700mの坑道を進んでいき、その後はトロッコから降りて坑道を見学できます。トロッコで薄暗い坑道を進めば冒険気分。

坑道内には当時の採掘の様子がちょっとリアルな人形などで再現されています。

また、併設されている銅資料館では鉱石やその鉱石が銅になるまでの過程が展示されており、楽しく銅の歴史などについて学ぶことができます。

■基本情報
・名称:足尾銅山観光
・住所:栃木県日光市足尾町通洞9-2
・電話番号:0288-93-3240 (足尾銅山観光管理事務所)
・営業時間:9:00~16:30
・定休日:無休
・料金:大人820円、小・中学生410円
・アクセス:JR日光駅か東武日光駅から市営バスでおよそ1時間

9.日光ゆば製造株式会社 日光工場


日光の名物グルメといえば「ゆば」。京都のゆばは全国的に有名ですが、日光のゆばも東日本の代表格です。

京都で精進料理として用いられていたゆばは、寺の多い日光に持ち込まれ古くから修験者や僧侶の貴重なたんぱく源とされてきた歴史があります。日光のゆばの特徴は「二枚仕上げ」。京都の「一枚仕上げ」と違って間に豆乳の成分が挟まれ、厚くなっているのが特徴です。

そんなゆばを楽しめるのがこの日光ゆば製造株式会社。ゆばの歴史や京都のゆばとの違いを工場見学をしながら学べたり、ゆば作りの体験が出来たりします。

売店もあるので日光みやげにもぴったり!ヘルシーなゆばをぜひ味わってください!

■基本情報
・名称:日光ゆば製造株式会社 日光工場
・住所:栃木県日光市猪倉赤堀3589-6
・電話番号:0288-26-4890
・営業時間:9:00〜17:00(見学時間:10:00~15:00)
・定休日:工場は祝祭日・日曜休業。売店は日曜日営業
・料金:要問い合わせ
※工場見学は1週間前までに電話かFAX、ホームページのフォームから問い合わせの必要あり。
・アクセス:JR日光線「下野大沢駅」からタクシーで約10分

歴史や寺社を味わう!

1.日光東照宮

photo by elfin

photo by elfin

日光観光でやはり外せないのが、日光東照宮です。境内には国宝や重要文化財がそこかしこにあり、世界遺産の名に恥じない絢爛豪華な建造物たちはそれぞれに見応えがあります。

三猿に眠り猫、五重塔や本殿などなど…学生の頃に修学旅行などで見たことがある方も多いかもしれませんが、大人になって改めて見直すとその造作の素晴らしさを再確認できるはずですよ!

■ 基本情報
・名称:日光東照宮
・住所:栃木県日光市山内2301
・拝観時間:【4~10月】8:00~17:00、【11~3月】8:00~16:00
・料金:大人1,300円 小中学生450円
・アクセス:JR・東武日光駅より徒歩約15分

2.日光山輪王寺・三仏堂


日光山輪王寺は日光東照宮や二荒山神社と並んで「二社一寺」と称され、「日光の寺社」として世界遺産に登録されるお寺です。

1300年の歴史がある東叡山や比叡山と並ぶ大本山で、建造物の多くが国宝や重要文化財指定を受けています。

見どころは多数ありますが、その中でも一番はなんといっても「三仏堂」の三体の仏像。ご本尊の千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音の金色の仏像は7mを超え、その美しさと大きさに圧倒されます。

仏像の神々しさや歴史ある寺社を味わいたいなら、ここへのお参りは外せません!

■基本情報
・名称: 日光山輪王寺
・住所: 栃木県日光市山内2300
・電話番号: 0288-54-0531
・営業時間: 8時~17時(4月~10月)、8時~16時(11月~3月)。それぞれ受付は閉門30分前まで
・料金: 大人400円、小中学生200円(三仏堂)
・アクセス:JR日光駅・東武日光駅より東武バス「中禅寺温泉」行または「湯本温泉」行で5分「神橋」下車、徒歩5分

3.大猷院(たいゆういん)

photo by Kentaro Ohno

photo by Kentaro Ohno

日光山輪王寺の境内にある、徳川三代将軍・家光公のお墓(廟所・びょうしょ)である大猷院(たいゆういん)。家光公は祖父である家康公を敬愛していたため、家康公の廟所である東照宮よりも豪華にしないよう遺言を残しており、落ち着いた配色の造りになっています。

しかしながら建造物のクオリティーは東照宮に劣らず素晴らしく、国宝や重要文化財に指定されているものもたくさんあり、見る価値ありです!

現在は家康公の没後400年の節目ということで、今まで非公開とされてきた家康公のご位牌を見ることができます。

■ 基本情報
・名称:大猷院
・住所:栃木県日光市山内
・拝観時間:【4月~10月】8:00~17:00、【11月~3月】8:00~16:00
・料金:(大猷院単独拝観券)大人550円 小中学生250円
・アクセス:JR・東武日光駅より東武バス「世界遺産めぐり」にて「大猷院 二荒山神社前」下車

4.日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)

photo by Wikipedia

日光でパワースポット巡りをお考えなら、日光二荒山神社へお出かけしてみてはいかがでしょうか!境内はいくつかの神社が集まってできており、中でも銭洗いの水は金運アップだけでなく、家内安全や無病息災のご利益もあるありがたいお水。

二荒山神社の主祭神は縁結びの神様でもあり、恋愛はもちろん様々な良縁を結んでくれると言われています。

良いご縁に巡り合いたい方はぜひ足を運んでみましょう!

■ 基本情報
・名称:日光二荒山神社
・住所:栃木県日光市山内2307
・アクセス:JR・東武日光駅より徒歩約15分

5.金谷ホテル歴史館


日本で最も古い西洋式リゾートホテルとして有名な金谷ホテル。その「金谷侍屋敷」と「土蔵」が2014年4月に国の登録有形文化財になりました。日光の新名所「金谷ホテル歴史館」として、2015年3月から一般公開されています。

金谷ホテル歴史館の隣りには、あの有名な金谷ホテルパンがもっと気軽に食べられるレストランもオープン♪ファミリーでもぜひ訪れていただきたい場所です。

■ 基本情報
・名称:金谷ホテル歴史館
・住所:栃木県日光市本町1-25
・開館時間:【4~11月】9:30~16:30、【12~3月】10:00~15:00
・入館料:大人400円 12歳まで200円
・アクセス:JR・東武日光駅より中禅寺温泉/湯元温泉行きバスで「田母沢」下車 徒歩2分

いかがでしょうか?鬼怒川=温泉と思いがちですが、一度は見てみたい絶景スポットや人気のテーマパークなど、子供から大人まで楽しめる魅力的な観光エリアです。

もっと冒険してみたい!という方には鬼怒川のアクティビティもおすすめです!大自然を全身で体感してみませんか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、栃木・日光で体験できるアクティビティをたくさんご紹介しています!ぜひ詳細をチェックしてみましょう!

(編集部注*2016年6月6日に公開された記事を再編集したものです。)

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

yuki

yuki

愛知県生まれ千葉県育ち。小さい頃はよく木に登って遊んでました。今は休みの日に山や公園に行って自然を眺めながらのんびり過ごすことが大好き!記事を通して自然の魅力を伝えていきたいです!

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび