由布川峡谷・藤河内渓谷 キャニオニング

こだわり由布川峡谷・藤河内渓谷 キャニオニング

オッター(旧オッターダウンリバークラブ)

サービス面のおすすめポイント

フィールド
数少ない九州のキャニオニングポイント!光が降り注ぐ藤河内渓谷で思いっきり遊ぼう
光が降り注ぐ明るく開放的な渓谷。 巨大な一枚の花崗岩の上を、水流で転がる小石が削りだした、様々な形の「甌穴(おうけつ)」が独特の景観を作り出す藤河内渓谷。 まるで丸いプールのような甌穴と、滑らかな岩盤を流れる連続する滝、エメラルドグリーンの透き通った流れ、木漏れ日が綺麗な木々など、明るく美しい自然が魅力です。 連続する滝と自然のプールは、ウォータースライダーと飛び込みに最適!約1.5キロのコースを次々に遊び尽くしていきます。

※一部コースを除きます。

フィールド
オッター限定開催!深く切り立つ神秘的な由布川峡谷でスリリングなキャニオニング体験
深く、狭く、神秘的な由布川峡谷。 長い年月をかけて川の流れによって削られた岩の側壁は約20〜60m!その滑らかで美しい曲線は、他では見ることのできない由布川だけの特異な風景です。 岩肌を糸のように無数に流れ落ちる滝や、微かな光に照らされる鮮やかな苔、突如現れる15mの滝、峡谷にはまり込んだチョックストーン。自然の美しさと迫力を同時に感じさせてくれます。

※一部コースを除きます。

ツアー内容
渓流大好き!川開拓がライフワークのオッター代表・田中宏明が全てのツアーで同行
全てのツアーで、オッター代表の田中宏明が同行します!カナディアン、カヤック、ラフティング、そしてキャニオニング。九州の清流と向き合い続けたスキルと経験でツアーのフィールドを開拓し、安全に楽しめるコースを作りました。ロープワークやカラビナ&ハーネスを使った本格的なガイドコースも、それらの知識や技術をふんだんに使用。非日常の世界へご案内します!
ツアー内容
1人旅にもおすすめの1人ツアー開催
どちらのコースも、参加者1人からツアーを開催します。一人旅のかたにもオススメです。
ツアー内容
ご家族での参加もおすすめ!小学4年生からツアー参加可能
‟藤河内渓谷コース”なら、小学4年生から参加可能!‟由布川峡谷コース”は中学生から参加できる分、ロープを使ったより本格的なツアーを体験できます。

※一部コースを除きます。

ツアー内容
無料レンタル品を多数用意!タオルと水着だけで参加できる
ツアーで必要なウェットスーツやフェルトシューズ、安全のためのライフジャケットやヘルメット等はすべて無料で貸し出しています!タオルと水着を持ってお越しください。
ツアー内容
ツアー後に地元のおやつのサービスつき
ツアー終了後には、大分の郷土料理・じり焼きをめしあがれ!夏以外は、おもちが入った特製ぜんざいを振る舞います。
特典
そとあそび特典
そとあそびからお申し込みの方には、ツアー中に撮影した写真データを1,500円割引で販売します(通常価格3,000円のところ1,500円)!当日の夜に、写真データのダウンロードURLとパスワードをお送りします。

安全面のおすすめポイント

開催実績
2010年より安全なツアーを開催
2010年より大分でキャニオニングツアーを開催し、多くのお客様に安全なツアーを提供してきた実績があります。
安全管理
事故を未然に防ぐためコースメンテナンスを実施
コースの点検を随時行ない、フィールドの安全管理に努めています。特にシーズン初めと増水後の河川点検は入念に行なっています。コースにある危険な倒木や溜まった枝は可能な限り撤去し、落ちてるゴミは必ず拾い、安全にツアーを開催できるようにしています。
安全管理
催行規定を設け、安全な体験を提供できる場合にのみツアーを開催
天候が不安定なときは早めの開催判断を行ない、より安全なコースに変更するなどの処置をとっています。また、川の環境が変化したときはガイドが必ず下見を行ない、安全を確認したうえでツアーを開催しています。
安全管理
お客様に目が行き届き、サポートが行える人数でツアーを実施
ガイド1人につき、お客様は10名まで。参加者が11名超える場合は、人数に合わせたサポートスタッフが必ず同行しツアーを開催しています。
機材・装備
安全性を考慮した装備をレンタル
ウエットスーツ、保護性のある沢用ブーツ(18~29センチまで)、ライフジャケット、ヘルメット、ヒップカバー(15m滝下降コースはさらにハーネス)といった安全装備を、参加者に必ず装着していただいております。
経験・資格
トレーニングを積み、資格を取得したガイドがツアーに同行
大分エリアで8年以上経験を積み、下記の資格を持ったガイドがツアーに同行し、お客様の安全確保に努めます。
・レスキュー3 テクニカルロープレスキュー
・ウィルダネスファーストエイド ベーシックレベル(WFA)