初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

シュノーケリングの初心者入門編

シュノーケリング初心者のための入門講座では、シュノーケリングに関しての基礎知識をわかりやすく丁寧に説明しています。まずは基本を理解して上達のコツやヒントをつかんで中級者、そして上級者を目指してください!

シュノーケリング 子供

【天然の水族館で遊ぶマリンレジャー!】

シュノーケリングは、顔にシュノーケルとマスクを付けたまま海を泳ぎ、水中観察を楽しむマリンレジャーです。顔を水につけて海の中を覗けば、そこは天然の水族館! 自然との一体感を感じられる遊びとして、年齢や性別を問わず楽しまれています。

そこで、「シュノーケリングって何?」という基本的な疑問から、シュノーケリングに必要なアイテム、色々なシュノーケリングの楽しみ方などをご紹介します。


【シュノーケリングって何?】


シュノーケリングシュノーケリングは、その名の通り、シュノーケルという水の中でも息継ぎができるアイテムを付けて遊ぶマリンレジャーです。スキューバダイビングのように検定や資格が必要なく、深いところまで泳がなくても、水面に近いところで十分遊べるのがシュノーケリングの魅力。比較的浅い海をメインフィールドに、熱帯の色鮮やかな魚が泳ぐスポットで体験するシュノーケリングが人気があります。ガイドが付くツアーなら安全で楽しく体験できるため、女性やお子様も気軽にはじめられるのもシュノーケリングの特徴です。


【シュノーケリングに必要なアイテム】

主に、シュノーケル、マスク、フィンの3点セットで行います。また、スキルレベルや季節、フィールドの状況によって装備が変わります。

シュノーケル

海の中でも呼吸ができて、長時間、水中観察をするのに必要なシュノーケル。口にくわえ、先端を水面上に出して吸排気を行うため、最初は浅瀬で練習をしましょう。海に潜ると管に水が入ってくるため、水抜き(クリア)が必要になります。慣れてくれば、楽に水中観察ができますよ。

マスク

海の中を観察するためのマストアイテムである水中メガネ。顔にフィットし、視野が広くとれるマスクを選びましょう。シュノーケル装着時には口のみから呼吸をすることになるため、誤って鼻呼吸して水を吸い込むことがないように、鼻までを覆ったシュノーケリング専用マスクを使用します。

フィン

フィンを使うことで効率的に水中を移動できるようになります。足に直接履くフルフィットフィンと、シューズに装着するストラップフィンと2種類あります。膝を曲げないでキックすることで効率よく水をかき、足全体で大きくキックするのがコツです。

マリングローブ、マリンブーツ

海の中にはゴツゴツした岩があったり、ウニや貝などもいます。マリングローブ、マリンブーツがあれば誤って触った際の怪我の防止になります。特に長時間水に浸かってふやけた手や足は傷がつきやすいので、専用のアイテムがない場合は軍手などを付けましょう。

ウェットスーツ

ウェットスーツは必須ではありませんが、保温性が高く、海水温が低いところで体験する場合は着用をおすすめします。水に浮く力も強いため、溺れるリスクを軽減するためにも、初心者やお子様は使用する場合もあります。


【シュノーケリングの楽しみ方】


シュノーケリング クマノミ海のアイドル「クマノミ」に会いにいったり、青く輝く「ルリスズメダイ」の優雅な泳ぎを眺めたり……海によって泳いでいる魚も違います。運が良ければ、ウミガメなどの大きい生物にも出会えるかも!?


島国日本なら海がある場所なら、シュノーケリングとマスク、フィンの3点セットがあれば泳ぐことができますが、もちろん海流が危険な場所もあるため、ツアーなどに申し込んで体験することが、安心して楽しむポイント。


スキューバダイビングのように、Cカードを取得する必要がないのと、海岸近くなどでも行えることなどから、手軽なレジャーとして楽しめるのがシュノーケリングの魅力です。


【シュノーケリングの歴史】

今でこそ、透明度の高いきれいな海でレジャーとして楽しまれているシュノーケリングですが、太古の昔は「素潜り」として魚や貝などを採取を目的として行われてきました。日本の魏志倭人伝や古事記、日本書紀にも水中での狩猟の記録が記述されています。そして、第二次世界大戦終了後、レジャーとしてスキューバダイビングが広まり、それと同時に、シュノーケルやマスクがあれば気軽に体験できるシュノーケリングも海のアウトドアレジャーとして広まっていきました。


シュノーケリングの魅力を存分に楽しもう!

いかがでしたか。シュノーケリングで水の中の世界を満喫してみたいと思った方は、ぜひ実際に海で体験してみてください。


日本国内では、首都圏からアクセスの良い房総半島、三浦半島、伊豆半島、そして大島や神津島など伊豆七島の島々が人気スポット。和歌山の紀伊半島や九州の天草エリア、沖縄本島やその周りの離島などでもシュノーケリングが楽しめます。お気に入りのフィールドを見つけて、海の魅力を存分に味わってみてはいかがでしょうか。