初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

冬の沖縄 WHALE WHATCHING

沖縄ホエールウォッチング特集

冬の沖縄でクジラと
忘れられない思い出を作ろう

ホエールウォッチングは野生のクジラを間近で観察する海のアクティビティ。
至近距離でクジラのパフォーマンスを楽しめる迫力満点のツアー内容と、幅広い年齢層の方が参加できる手軽さで人気を呼んでいます。
国内でホエールウォッチングができるスポットは限られ、そのうちの有数のスポットである沖縄では冬の時期に見ることができます。
今回は沖縄のホエールウォッチングの魅力と詳細を、余すところなくご紹介します!

動画提供 あなたの清(座間味島)

このツアーの会社を見る

いますぐ申込みたいあなたはこちらから 今すぐおすすめツアーを見る

ホエールウォッチングってどんなアクティビティ??

  • 沖縄の冬を代表する人気アクティビティ

    くじら
    画像提供 あなたの清

    開催時期は12月下旬〜4月上旬

    ザトウクジラは群れを成して集団で行動するクジラ。夏の時期は南極や北極など気温の低い海域で暮らし、冬になると出産・子育てのため、ハワイや沖縄など赤道付近の暖かい海域に移動してきます。そのため12月下旬~4月上旬の沖縄の海では、繁殖のために訪れたザトウクジラたちを見ることができるのです。

    この時期のホエールウォッチングは、運が良ければペアになったクジラの夫婦や、赤ちゃんクジラに遭遇できることも!テリトリー争いやメスへのアピールでブリーチングと呼ばれるジャンプなども頻繁に行うため、見どころがたくさんあるシーズンと言えます。

    POINT クジラのダイナミックなパフォーマンスを間近で体感できる!
    クジラに大接近!
  • クジラが歌う?

    ザトウクジラのオスは「歌」を歌うことがあります。これはメスへの求愛という説はあるものの、多くは解明されていません。高音域から低音域まで様々なメロディーがあり、短い時で数分、長いと30分以上も歌い続けていることもあるそうです。また人の言語のように地域差があるとも言われています。座間味発のツアーは、スピーカー付きの船なので、実際に歌を聴くことができるかも!?

    クジラが歌う?

    沖縄で会えるのはザトウクジラ

    ザトウクジラは体長10~15m、体重約30トンとクジラの中では中型の大きさ。口の中には歯の代わりに髭が付いており、主食であるオキアミやプランクトンを海水ごと飲み込んで、髭でこすように海水だけを出して食べています。また、特徴的な尾ビレの下側には白と黒の模様があり、固体ごとに特徴的な形をしているので、 この尻尾の模様を見て、クジラの個体を見分けることができます。

    彼らは普段群れで行動し、通常は20~30、多い時には100~200もの群れを作りますが、 それぞれの群れはそれほど結びつきは強くなく、大体1~3匹が一緒になって行動します。沖縄のホエールウォッチングでも、クジラの群れに遭遇することがあるかもしれません。

    また彼らは一夫多妻かつ一婦多夫で、発情期のメスには数多くのオスが求愛行動を行います。求愛行動には水面を胸ビレで叩いたり、仰向けになったり、頭を上にそらせたまま沈んでいったりと様々な種類があります。

    POINT! ザトウクジラの個体は尾ひれの模様でわかるよ!次きた時にも会えるかも
    くじら
    画像提供 アシビーブルー
    ホエールウォッチング いってみたぃ?

足を伸ばしてでも行きたい!座間味発のホエールウォッチング
3つのおすすめポイントおすすめスポット座間味

  1. 1.展望台からクジラのいる位置を確認することによって高遭遇率を実現!
  2. 2.経験豊富なガイドがクジラを見分けてそれぞれの性格やエピソードを紹介!
  3. 3.出没ポイントまでの移動が短く、クジラと長く過ごせる!
座間味のホエールウォッチングの3つのおすすめポイント

ホエールウォッチング参加時の防寒と船酔い対策

最低14℃!? 防寒を意識した服装をしよう!

冬の沖縄は結構寒い!

冬の沖縄は結構寒い!

南国・沖縄は冬でも暖かいというイメージがありますが、沖縄といえども冬は寒く、那覇の1月の最低気温は14.6℃。10℃くらいしか気温が上がらず、コートが必要な日もまれにあります。冬の沖縄は海から冷たい北風がよく吹き込み、その風が体感温度を下げてしまうのです。それが船の上となれば、風はなおさら厳しいものに。海の天候は気まぐれなので、ホエールウォッチングの際にはどんなに天気が良くても油断せず、防寒に適した上着を用意しておくことをおすすめします。

オススメコーデ紹介

おすすめコーデ

男性の服装

長袖のトップスにネルシャツやニットを重ね着しておけば、基本的には大丈夫。
ただ、気温の低い日、風が強い時などに備えて、念のためウインドブレーカーやダウンジャケット、コートなどを持参しておくのが無難です。
撥水加工されている上着なら、船上で万が一波しぶきがかかっても安心です。

女性の服装

寒さが苦手な方は防寒インナーは必須。長袖トップスの上に撥水加工された上着を組み合わせましょう。女性で気を付けておきたいのが、ボトムスと靴。船の上は風が強いので、スカートは避けたほうが無難です。揺れもあるため、ヒールの高い不安定な靴ではなく、スニーカーやフラットシューズを履いて行きましょう。

これでバッチリ! ! 船酔い対策!

  • 酔い止めは乗船30分前に

    薬のメーカーによって時間の差はありますが、どの薬も服用してからすぐに効果が出るわけではありません。だいたい乗船する30分前には服用しておきましょう。

  • 船上ではブローや水しぶきを探しながら遠くを眺める

    近くの船を眺めたり、足元やスマホの画面を長時間見続けたりするのは酔いやすい行動の定番!なるべく、目線は遠くを見るように意識しましょう。クジラを探すように遠くを見ていると酔いにくくなります。

  • サングラスをかける

    前述した“遠くを眺める”をはじめ、視覚は船酔いに大きく影響します。強い光を見てしまうことで酔うケースもあるので、サングラスを装着しておくと安心です。

  • 船の後方(中央部)に移動する

    基本的に船の先頭は揺れが大きく、船酔いしやすいといわれています。酔いやすい方は船の後方へ乗り込みましょう。ただし、船によっては後方に居るとエンジン音や排ガスの影響を受けることもあるので、ご注意ください。

  • ミント系のガム、飴

    昔からの定番ではありますが、口の中の味覚刺激によって酔いから気分をそらすという方法。ミント系の味は、爽やかな香りで気分もスッとしておすすめです。

  • 前日は早寝、深酒もやめる

    酔い対策の決め手は何といっても体調管理!前日の暴飲暴食や深酒は控えましょう。睡眠不足も三半規管を弱める原因のひとつなので、ゆっくりと休んで体調を万全にして臨みましょう。

※但し、船酔いが本当に心配な方は揺れの小さい船のサイズが大きいツアーをオススメします。

ホエールウォッチング 当日の主な流れ

  1. 集合場所へ

    STEP1

    準備を整え、
    ツアー会社指定の集合場所へ

    まずは集合場所へGO!指定の時間に遅れないように向かいましょう。車やバスで向かう場合は、事前にルートの確認をして余裕をもって出発するのがおすすめです。
    ツアー会社によっては、宿泊しているホテルまで送迎をしてくれるサービスもあります。これなら遅刻する心配はありませんので、事前に連絡しておいて有効に活用しましょう!
    上記でお話しした服装や酔い止め、カメラなど持ち物の準備も忘れずに。ツアー会社より持ち物についての連絡がある場合は、そちらも確認しておけば完璧です!

    画像提供 アシビーブルー

  2. ガイドによる説明&ライフジャケット装着

    STEP2

    ガイドによる説明&
    ライフジャケット装着

    船に乗り込む前にガイドから諸注意事項の説明を受け、ライフジャケットを装着します。安全のためにライフジャケットの着用は必須!ガイドより着用方法の説明もあるので、着たことの無い方でも心配いりません。
    もし小さいお子さんが一緒でしたら、ライフジャケットの肩部分を持ち上げてみて、きちんと装着できているか確認してあげましょう。もしライフジャケットだけずり上がってしまったり、脱げてしまうようでしたら、しっかりと着用できていない可能性があります。

    画像提供 アシビーブルー

  3. ポイント到着!ウォッチング開始!

    STEP4

    ポイント到着!
    ウォッチング開始!

    クジラのいるポイントに到着したら、さっそくホエールウォッチングスタート!みんなで船のデッキから双眼鏡などを使って探してみましょう。クジラは哺乳類なので、呼吸をする際に水面で潮を吹く“ブロー”という行為を必ずします。それを目印にクジラの居場所を探すことができます。
    クジラを見つけたら船でゆっくりと近づいていきますが、大声を出したり騒いでしまうとクジラが驚いてしまうことも。はやる気持ちは抑えて、静かに見守るようにしましょう。
    カメラ持参の方は波しぶきを浴びる可能性もあるため、しっかりと防水対策をしておくか、キャビンなど屋内からの撮影が安全です。クジラのジャンプの瞬間をカメラに収めるのはかなりタイミングが難しいため、連写モードで撮影するのがオススメ。撮影時に気を付けたいのが、カメラのフラッシュ。クジラが驚いて二度と姿を見せなくなってしまう可能性もあるので、フラッシュの使用は控えましょう。

    画像提供 アシビーブルー

  4. いざ出発 出没エリアまでクルージングを楽しもう

    STEP3

    いざ出発! 出没エリアまで
    クルージングを楽しもう!

    いよいよホエールウォッチングへ出発!ツアーの所要時間は大体3~4時間程度ですが、沖縄の多くのツアー会社は遭遇率90%以上をうたっており、ツアー時間内にクジラに出会えることがほとんどです。
    クジラを見つけるまでの間はクルージングタイム!沖縄の青い空と海の景色を堪能しましょう。遠くの景色を見ることは船酔いの防止にもつながりますのでオススメです。
    ツアー会社によっては、船内にて無料でさんぴん茶などのドリンクを頂けたり、沖縄ならではのおもてなしをしてくれるツアーもあります。また、移動中の時間を利用してクジラの生態や特徴についての解説をしてくれたりと、クジラを見つけるまでの時間も楽しく過ごすことができます。
    移動時間は、本島発のツアーでは30分以上かかることもありますが、座間味発のツアーでは展望台からの無線指示でスポットまで直行するのであっという間です。

    画像提供 シーワールド

  5. クジラを発見!感動の瞬間を目に焼き付けよう!

    STEP5

    クジラを発見!
    感動の瞬間を目に焼き付けよう!

    この時期のクジラは繁殖期のため、様々なアクションをしてくれる頻度が高いのも魅力の一つ。息継ぎであるブロー(潮吹き)に始まり、尾ひれだけを水面から出したり、船のそばで顔を出してくれたり…まるでこちらにサービスしているかのような動きをすることもあります。
    そして、やはり一番盛り上がるのが、“ブリーチ”と呼ばれる大ジャンプ!テレビや写真などで見たことがあるかもしれませんが、生で見るブリーチの迫力は段違いです。

    画像提供 アシビーブルー

  6. 帰港&解散 余韻に浸りつつ周辺の観光/グルメスポットへ

    STEP6

    帰港&解散 余韻に浸りつつ
    周辺の観光/グルメスポットへ!?

    クジラを思う存分堪能したら、そろそろ帰港の時間です。
    撮影した写真を確認したり、ガイドに気になることを質問してみたり、思い思いの過ごし方で余韻に浸りましょう。港に着いたらメンバー全員で集合写真を撮ったり、ツアー会社内にあるショップでクジラグッズを購入したりとまだまだ楽しめるポイントがあるので、最後までツアーを堪能しましょう!
    ツアーが終わったら、沖縄料理をいただける周辺のグルメスポットや観光に出かけてみてはいかがでしょうか?

    画像提供 ネイチャーランドカヤックス

ホエールウォッチングツアーはこちら

ホエールウォッチングの
おすすめツアー

遭遇率98パーセント!万が一クジラに会えなくても全額返金保証付きの安心保証コース!!

那覇発のホエールウォッチングコース返金保証付きコース

本部発のホエールウォッチングコース返金保証付きコース

展望台からのクジラ発見情報を元に移動!クジラを長く観れるプレミアムコース!!

座間味発のホエールウォッチングコースプレミアムコース

WHALE WATCHING Q&Aホエールウォッチングに関する
よくあるご質問

ホエールウォッチングについて

  • Q

    どんなクジラが見れるの?

    A

    先ほど詳しくご紹介したザトウクジラ以外には、マッコウクジラ、ミンククジラ、オキゴンドウを見られることもありますが、一番遭遇率が高いのはやはりザトウクジラです。シワハイルカ、バンドウイルカなどのイルカを見られることもあります。

  • Q

    クジラを見られる時期は?見られる確率はどれくらい?

    A

    一般的には1月~3月の冬期といわれています。海とクジラの状況によっては、12月の下旬から4月の上旬まで見られることができるようです。
    1月~3月のハイシーズンに出会える確率は90%以上といわれており、この期間に出会えなかった場合はツアー代金を全額返金してくれる会社もあります。

  • Q

    午前発/午後発や出港エリアで違いはあるの?

    A

    午前・午後で遭遇率やツアー内容の違いはあまりありません。出港エリアについても、沖縄の海で出会えるクジラ・イルカに大きな差はありませんが、ザトウクジラは座間味島周辺を繁殖地にしていることが多いため、子クジラに出会える頻度が高いようです。

準備・持ち物について

  • Q

    どんな服装がいいの?

    A

    動きやすく、波しぶきがかかっても大丈夫な服装がおすすめです。船の上は揺れるため、ヒールなど不安定な靴はNG。さらにホエールウォッチングのシーズンは沖縄といえども真冬。陸地よりも風が強いため、コートやジャケット、ウインドブレーカーなど羽織れるものを持参しておきましょう。

  • Q

    船酔いが心配だけど、大丈夫?

    A

    船酔いが心配な方は、乗船する30分前にはあらかじめ酔い止めの薬を飲んでおくことをおすすめします。あまり酔う心配が無い方でも油断は禁物。前日は暴飲暴食を避けて睡眠をたっぷりとり、当日の朝食も食べすぎないように気を付けましょう。

  • Q

    レインコートは必要なの?

    A

    冬の沖縄は意外と寒く、特に海上では海風が体温を奪うため、防寒対策として用意しておくとよいでしょう。上着はレインコートである必要はありませんが、波しぶきがかかっても濡れる心配がない点を考えると持参して損はないといえます。ツアー業者によっては、レインコートのレンタルサービスをしているところもあります。
    船の上では波しぶきがかかることがあるため、レインコートなどの雨具が必要です。座間味の「ネイチャーランドカヤックス」「ダイビングチーム あたなの清」では、レンタルサービスが無いため用意が必要ですが、レインコートのレンタルサービスを行っているツアー会社もあります。
    那覇の「マリンハウスシーサー」ではポンチョタイプの簡易的なもの、本部町の「アシビーブルー」では上下分かれたタイプのしっかりしたレインコートを、「シーワールド」でもレンタルが利用できます。レンタル品だけでは心配な場合は自前で用意しておきましょう。

  • Q

    食べ物や飲み物の持ち込みってできるの?

    A

    基本的にはOKです。ただし、船の上での過剰な飲食は船酔いの原因につながることもあるので気を付けましょう。本部町のシーワールドでは船内にて無料で水やお茶、飴のサービスがあり、他のツアー会社でもドリンクサービスをしているところは多くあります。「船酔いしそうだな…」と思った時など、気軽に利用してみましょう。

  • Q

    写真は撮ってもいいの?

    A

    写真撮影はOKです!しかし、ホエールウォッチング中は波しぶきを浴びる可能性もあるので、カメラや撮影機材はビニール袋で覆っておくなどの対策をしておきましょう。もし、水濡れなどで故障してしまった場合、ツアー会社では責任を負うことができませんのでご注意ください。

施設について

  • Q

    荷物を預けることはできるの?

    A

    貴重品は身につけ、ショルダーバッグやリュックなどの小さな荷物は船内の荷物置き場に置くことができるのが一般的です。基本的には、スーツケースなどの大きな荷物は船に持ち込むことができません。那覇の「マリンハウスシーサー」、座間味の「ネイチャーランドカヤックス」ではスーツケースは店頭預かり、本部町の「アシビーブルー」ではツアー会社の車中での預かりとなります。「ダイビングチーム あなたの清」「シーワールド」のツアーに参加する場合は、大きな荷物は宿泊先に預けておきましょう。

  • Q

    駐車場はあるの?

    A

    どのツアー会社も無料駐車場の用意があります。
    集合場所が港の場合は、港の無料駐車場を利用していただく場合もあります。

  • Q

    集合場所まで送迎してもらえるの?

    A

    送迎サービスのあるツアー会社もあります。那覇の「マリンハウスシーサー」は那覇市内のホテル、座間味の「ネイチャーランドカヤックス」「ダイビングチーム あたなの清」は座間味島内各宿泊施設と座間味港、本部町のアシビーブルーは本部町・名護市の一部指定宿泊施設(港より片道約20分以内)と美ら海水族館と、指定の範囲内でしたら事前に申し込んでおけば無料で送迎してくれます。本部町のシーワールドは送迎がありませんので、レンタカーやタクシーを利用して向かいましょう。

  • Q

    船内にトイレはあるの?

    A

    あります!
    どのツアー会社の船にもトイレは完備されていますので、安心して乗船してください。

そとあそびでの予約について

  • Q

    全額返金保証ってどういうこと?

    A

    ホエールウォッチングツアー参加者が、一人もツアー中にクジラのブロウ(潮吹き)やクジラ・イルカ類を確認できなかった場合に、ツアー料金を全額返金するという内容の保証です。(マリンハウスシーサーは、12/23~1/3、4/1~4/9は保証対象外)
    ※座間味の「ネイチャーランドカヤックス」「ダイビングチーム あなたの清」では全額返金保証はしておりません。

  • Q

    どういう場合に、キャンセル料は発生するの?

    A

    参加者の都合によってキャンセルする場合は、キャンセル料が発生します。重要なのはキャンセル料が発生するタイミング。ツアー当日のキャンセルはどのツアー会社でも100%のキャンセル料が発生しますが、前日のキャンセルの場合はツアー会社によって対応が異なります。現地で予期しない事態がおこる可能性もあるので、どの時点からキャンセル料が発生するのか確認しておきましょう。

  • Q

    雨が降ったらどうなるの?中止の場合、いつわかるの?

    A

    ホエールウォッチングの場合、雨などの天候はあまり関係ありませんが、海の状態が悪化し、ツアーにおいて危険が予測される場合は中止になることがあります。どのツアー会社も危険と判断した時点で連絡を入れてくれますが、午前のツアーなら遅くとも開始45分前くらい、午後のツアーでしたら午前中までには連絡が入るものと考えておきましょう。

  • Q

    妊婦でも参加できるの?

    A

    安全上の理由により、妊娠されている方はツアーに参加することはできません。

  • Q

    何歳から参加できるの?

    A

    参加可能年齢はツアー会社によって様々。座間味の「ネイチャーランドカヤックス」は中学生、「ダイビングチーム あなたの清」は6歳から、本部町の「アシビーブルー」は5歳から、那覇の「マリンハウスシーサー」は3歳から、本部町のシーワールドはなんと0歳から参加OKです。
    ただし、「マリンハウスシーサー」は抱っこ紐持参の場合は0歳から参加できたりと、条件により変わってきますので、小さいお子さんと参加されたい場合は事前に相談してみましょう。どのツアー会社も参加年齢の上限はありませんが、海の状況によっては60歳以上の方の参加をお断りする場合があるようです。