初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

サーフィン 湘南(葉山・逗子・鎌倉)

パタゴニア、アウトドアスポーツと環境保護を融合させたショートフィルム『The Fisherman's Son』日本語版を7月16日に公開

2015.06.18
アウトドアファッションの会社として知られるパタゴニアが、アウトドアスポーツと環境保護を融合させたショートフィルム『The Fisherman's Son』日本語版を7月16日に公開します。

アウトドアファッションの会社として知られるパタゴニア。パタゴニアは環境保護に力を入れていることでも知られています。

パタゴニアは、主にサーフィン、トレイルランニング、フライフィッシング、スキー、スノーボード、クライミングの映像を通じて、問題に対して行動を起こしてきました。

そんなパタゴニアが、アウトドアスポーツと 環境保護を融合させたショートフィルム『The Fisherman's Son』を制作しました。

『The Fisherman's Son』は、海辺の環境保全・保護を行う非営利団体セーブ・ザ・ウェーブの協力を得てパタゴニアが制作したもの。

地域の環境問題の解決に

このフィルムはパタゴニアのウェブサイト、YouTube、Vimeoで公開され、地域の環境問題解決に向け行動を起こすことを呼びかけるとともに、寄付を通じて環境保護活動を支援することができます。

地球上の数あるビッグウェーブポイントで波に乗り続けてきたラモンさん。そんな彼のホームであり、チリの最も象徴的なサーフスポットのひとつ、プンタ・デ・ロボスは、現在商業的開発の危機にさらされています。

「世界中あらゆるところを旅してきて、自分の裏庭であるプンタ・デ・ロボスが最も素晴らしい場所であることに気がついた。ここに今住んでいる漁師とサーファー、そして次世代へ残すためにも、この場所を守りたい」

とラモンさんは語っています。

『The Fisherman's Son』日本語版の本公開に先立って、2015年6月27日(土)~28日(日)の24時間限定で、波情報サイト「波伝説」にてフィルムが先行公開されます。さらに、フィルムのガイドブックが、フィルムと同タイトルで、6月27日(土)よりパタゴニア直営店とオンラインストアで販売開始。

日本での公開を記念して、フィルムの主人公となったラモンさんが来日し、プンタ・デ・ロボスを守る活動について直接語る上映イベントも開催されるそうです。各会場では書籍も販売されるそうなので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

このフィルムを観た後にアウトドアスポーツを体験したらまた少し違った印象になるかもしれませんね。自然の中で身体を動かしたくなったら、アウトドアレジャー予約サイトそとあそびでアクティビティを探してみてください!

アウトドアレジャー予約サイトそとあそびでサーフィンのツアーをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

sotoasobi

sotoasobi

アウトドア・レジャー専門の予約サイト『そとあそび』が運営しています。自然との関わりを楽しむ人を増やしたいという想いを持って、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

ツアーを予約する