初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

SUP・パドルサーフィン

海外でデザインされた自分で組み立て可能なウォータジェット推進装置付きのSUPボード

2015.04.20
「スタンドアップパドルボード(SUP)」のボードに電気で動くモーターを取り付けようというプロジェクトが海外でスタートしています。新しいボードが登場したら、SUPの楽しみ方の幅が広がるかもしれません。
関連:【SUPのツアー
Photo by SipaBoards

Photo by SipaBoards

近年、初心者でも簡単に楽しむことができ、エクササイズにも良いということで人気が急上昇しているアウトドアアクティビティ「スタンドアップパドルボード(SUP)」。

海外ではこのスタンドアップパドルボードで使用するボードをさらに進化させ、電気で動くエンジンを取り付けることにチャレンジする強者も現れています。

今回はそんなユニークなスタンドアップパドルボードのボードを紹介します。

海外デザイナーがSUPボードのデザインに挑戦

Photo by YankoDesign

Photo by YankoDesign

SipaBoards」というチームが取り組んでいるのは、「スタンドアップパドルボード(SUP)」で利用するボードに、電気で動くウォータジェット推進装置を取り付けようというもの。

Photo by sipaboards

Photo by SipaBoards

Photo by YankoDesign

Photo by YankoDesign

電気で動くエンジン、というと音が出ることや環境への負荷などを心配される方もいるかもしれませんが、このボードはとても静かで、CO2なども一切排出しないそうです。モーターにはカバーがついており、子どもや魚が巻き込まれてしまう心配もないんだとか。

Photo by YankoDesign

Photo by YankoDesign

パドルにコントローラーが備わっており、エンジンはスイッチでオン・オフができるそうです。さらにスマートフォンやスマートウォッチなどとも連動して位置情報を読み取ることや、エンジンのバッテリーの残量を通知することもできるようになっています。

自分の力だけで漕いで楽しみたいという方も多いかとは思いますが、川でSUPを楽しむときなどは川の流れに逆らって進まなくてはいけないこともあります。子どもや女性でも、この新しいボードを利用すれば、負担を減らして楽しむことができるようになるかもしれないですね。

現在、ボードは開発中

現在、このSUPボードは、「Kickstarter」というクラウドファンディングサイト(※1)で資金調達中

kickstarter

無事お金が集まると、2015年の秋ごろには出荷が開始するそうです。世界中に出荷できるようにネットワークを準備しているとのことなので、日本からでも購入できそうです。

こういったユニークなガジェットが登場することで、より幅広い人がアウトドアアクティビティに親しむことができるようになるかもしれませんね。

もちろん、「スタンドアップパドルボード(SUP)」はこうしたデバイスがなくても楽しむことができるアクティビティです。アウトドアレジャーの予約サイト「そとあそび」では、「スタンドアップパドルボード(SUP)」を楽しむことができるツアーを紹介しています。

「スタンドアップパドルボード(SUP)」に行きたい方はぜひチェックしてみてくださいね!

アウトドアレジャー予約サイトそとあそびで「スタンドアップパドルボード(SUP)」のツアーを探す

※1:インターネットを通じて多くの人からお金を集めるウェブサイト

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

sotoasobi

sotoasobi

アウトドア・レジャー専門の予約サイト『そとあそび』が運営しています。自然との関わりを楽しむ人を増やしたいという想いを持って、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。