初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

鳥取砂丘

鳥取でのパラグライダー時の服装はどうなる?

2016.01.14
鳥取砂丘で空中散歩を楽しんでみませんか?手軽に楽しめるパラグライダーですが、体験をする上で大事なのが服装。今回は鳥取でパラグライダーを楽しむ際に最適な服装をご紹介します!

「鳥取」と聞いてまず思い浮かべるのは鳥取砂丘でしょう!辺り一面に広がる砂の大地は、私たち日本人にとってはなかなかお目にかかれるものではなく、日本有数の観光地となっています。

そんな鳥取砂丘では、広く柔らかい砂地を活かしてパラグライダーが盛んに行われています。砂丘観光を空からも楽しめるんですね!

さて、パラグライダーを体験するにあたって、服装はどのようなものにしたらいいのでしょうか?そんな疑問にお答えするため、体験内容にも触れつつ服装に関する注意事項をまとめてみました。ぜひ参考にしてください!

ゼロパラグライダースクールの体験コース

最適な服装を考えるためにはまず、パラグライダー体験ではどのようなことをするのかを見ておきましょう。今回例にとってご紹介するのは「ゼロパラグライダースクール」。30年近く続いている老舗のスクールです。

こちらのスクールでは、半日体験コース1日体験コースが用意されています。どちらも30m程度の砂の山を登り、自分の手で離陸・フライトするという形のコースです。

約20kgの機材を持った状態で砂の山を何度も登るので、かなり体力を使いますが、そんな疲れは登った先からの空中浮遊で一気に吹き飛びますよ!

服装について

さて、ご紹介した通りパラグライダーは体を動かすアクティビティです。あまりオシャレをし過ぎず、運動に適した服装を心がけるようにしましょう。

万が一ころんだ時にケガを防ぐため、汗をよく吸い、乾きやすい長袖・長ズボンをおすすめします!また、長袖だと強い日射しによる日焼けを予防することもできます。

加えて重要なのが靴の選び方。砂に足を取られても脱げないよう、しっかりとかかとまで覆うような運動靴を用意しましょう!靴が砂まみれになってしまうので、気兼ねなく水洗いできる靴だとなお良いですね。

砂丘ならではのお役立ちアイテム

ここまでご紹介したものに加えて、鳥取砂丘でパラグライダーを体験するからこそ用意したいものがあります!それはサングラスです。砂丘では、砂が日光をよく反射するため眩しく感じやすく、また舞い上がった砂が目に入ってしまうこともあります。

サングラスをかけていればそのようなことを気にかける必要がなくなり、思いっきりパラグライダーを楽しむことができます!必須というわけではありませんが、余裕があればぜひ用意したいアイテムです。

■ 基本情報
・名称:ゼロパラグライダースクール
・住所:鳥取市浜坂1丁目16-45-2(事務所)/鳥取県鳥取市福部町湯山2164-806(集合場所)
・アクセス:鳥取インターより車で20分弱
・営業時間:9:00~19:00
・料金:6,500円~

以上、パラグライダー体験に参加する際の服装についてご紹介しました。怪我なく楽しむためには服装は重要です!大掛かりな準備は必要ありませんが、パラグライダーは体を動かすアクティビティなのだということを忘れずに服装を整えましょう!

さて、アウトドアレジャー専門サイト「そとあそび」では鳥取のパラグライダースクールを詳しくご紹介しています!こちらもぜひチェックしてみてください。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ryo.o

ryo.o

旅行先で、知らない土地をぶらぶらと歩くのが好きです。お気に入りは青森と伊豆高原。朝のひんやりとした新鮮な空気を吸い込むと気持ちがいいですね。