初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

アニマル・ネイチャーウォッチング 北海道

”アニマル・ネイチャーウォッチング”って知ってる?その楽しさを知れば、きっとあなたも行きたくなる!

2017.02.16
「動物園とかじゃなくて、大自然の中で野生動物を間近で観察してみたい!」そんなあなたにピッタリなのが”アニマル・ネイチャーウォッチング”!一体どんな動物に出会えるのか、どこで開催しているのか、その楽しさや魅力を今回は詳しくご紹介します!

photo by PIXTA

年々、エコやネイチャーに関連した話題が注目されている中、アクティビティでもより自然を深く学び、体感することができるようなツアーも増えてきており、人気を呼んでいます。

その中でも、特定の地域や野生動物にスポットをあてた”アニマル・ネイチャーウォッチングツアー”は感動体験間違いなしの注目アクティビティ!

今回はそんなアニマル・ネイチャーウォッチングツアーの全容と魅力を余すところなくお伝えします!

アニマル・ネイチャーウォッチングツアーとは?

「アニマル・ネイチャーウォッチングツアーってどんな内容?」と疑問をお持ちの方も多いかと思います。特にアウドドアに詳しい方ですと、「エコツアーやネイチャートレッキングなどと何が違うの?」ともお思いかもしれませんね!

エコツアーやネイチャーウォッチングなどは、カヤックに乗ったり、トレッキングをしたり、あくまで体を動かすことをメインとしたアクティビティ。

体を動かしながら、周りの自然環境についての解説を聞くことができたり、野生動物の痕跡や実際に本物に出会うことができるのが魅力のアクティビティになっています。

しかし、アニマル・ネイチャーウォッチングツアーは野生動物や自然の観察が目的。実際に生き物に出会うことができる場所までは、基本的には車での移動になるため、体力を消耗することなくウォッチングに専念することができます。

概要の説明ではイマイチ魅力が伝わりにくいかもしれませんので、ここからはおすすめのツアー会社と人気のコースを詳しくご紹介します!

人気ツアー会社”知床ナチュラリスト協会SHINRA”について

”知床ナチュラリスト協会SHINRA”は北海道・知床で数々のアニマル・ネイチャーウォッチングツアーを催行しているツアー会社。ネイチャーガイドというものが世の中に定着していない15年以上前からツアーを開催しており、経験と実績については言うまでもありません。

知床は世界遺産にも指定されている国内でも屈指の自然豊かなエリア。中には希少な野生動物も生息しており、世界中から注目が集まっています。

photo by PIXTA

そんな人類共通の貴重な財産でもある、知床の自然環境について深く知ってもらうことで環境保全につなげていけるよう、知床ナチュラリスト協会SHINRAはアニマル・ネイチャーウォッチングツアーを開催し続けているのです。

ぜひ野生動物たちの感動的なシーンを実際にその目で確かめて、知床の魅力を深い部分まで堪能してみましょう。ツアー体験後は、きっと自然環境に対する意識も変わってくるはずですよ!

ぜひ体験していただきたいおすすめコースをご紹介!

ここで、知床ナチュラリスト協会SHINRAおすすめのアニマル・ネイチャーウォッチングツアーをご紹介!

難しい技術や資格も必要ありませんので、気になるツアーを見つけたら、早速参加してみましょう!

生命の神秘を感じる迫力のシーンをその目で!【サケの遡上ウォッチング】

サケは川で生まれてから海へ移動し、成魚になると再び生まれた川に戻って産卵をする習性のある魚。

川は海に向かって流れていますので、流れに逆らいながら川上へと遡上するのはサケにとってはとても大変なこと。サケの人生において一世一代、命がけの大移動となります。

遡上シーンの観察ポイントまでは、車での移動になるので楽々!ウトロ市内のホテルに宿泊しているようでしたら、ホテルまで迎えに来てくれるので快適です。

知床の川には迫力のサケの遡上シーンを見ることができるポイントが複数あり、ツアーではそのいくつかの川を状況に合わせて巡っていきます。

まずはペレケ河岸公園に到着!ペレケ川の河畔から遡上の様子をすぐそばで観察したのち、10分ほど車で行った場所にあるオンネベツ川の河岸を歩きながら、別の種類のサケの遡上を観察します。

知床でみられるサケは、カラフトマスやシロザケなど種類も様々。経験と知識の豊富なガイドから、それぞれの種類の特徴や、生態の解説まで詳しくしてもらえるので、慣れてくれば自分でもどの種類か分かるようになってくるかも。

カラフトマス  photo by そとあそび

シロザケの群れ  photo by そとあそび

このツアーを通して、サケに対する知識がグッと深まり、より身近で大事な存在に感じられるようにはずです。

途中で力尽きるものや、天敵に襲われるものもいる中、最期の力を振り絞って生まれた場所まで戻ってくるサケ達は生命のエネルギーに溢れ、観察する者の胸を熱くさせてくれます。

■ 基本情報
・名称:知床ナチュラリスト協会SHINRA 知床五湖周辺 アニマル・ネイチャーウォッチングツアー
・コース名:【生命の神秘を目撃しよう!】サケの遡上ウォッチング
・集合場所:北海道斜里郡斜里町 道の駅ウトロ(ホテルへのお迎えが基本となります)
・アクセス:斜里バス知床線 ウトロ温泉バスターミナル下車→徒歩約5分 ※ウトロ市内各ホテル無料送迎あり(要予約)
・参加条件:小学生以上
・開催期間:9月上旬~11月中旬
・料金:3,100円~

野生動物たちの夜の生態を車中からじっくり観察…【知床ナイトシアター】

知床に生息する野生動物たちは夜間、一体どんな過ごし方をしているのか…?!せっかく現地まで訪れたなら実際に見てみたいとお思いになる方も多いのではないでしょうか!

ですが、知床の豊かな大自然の周囲には人家はほとんどなく、夜は真っ暗。その土地に詳しくない人がやみくもに夜中に出かけても、動物たちはなかなか見つかりませんし、何より危険です。

中には「わざわざ夜に森の中を歩き回るなんて、そんな気力も体力もない…」と興味があっても、諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか?!

そんな時にぜひ参加していただきたいのが、知床ナチュラリスト協会SHINRAの”知床ナイトシアター”ツアーです!

夜の20時前頃にウトロ市内のホテルまで直接車でお迎えにいきますので、暗い寒空の下集合場所まで向かう必要も無く楽々。参加者が車に乗り込んだら、いよいよナイトツアーの始まりです!

ツアー前半は車の中から野生動物の観察。ヘッドライトに照らされたキツネや、草を食べているシカ、もしかするとクマにも遭遇するかも!でも車中にいるので大丈夫。襲われる心配はありません。

最後には視界の開けた安全な場所で車を降りて、周りの音に耳を澄ませます。知床の夜は、人工音の届かないとても静かな夜。時折聞こえる動物の鳴き声に耳を傾けましょう。

天気が良ければ、満天の星空をみることもできるかも!今にも降ってきそうなほどのたくさんの星に覆われた夜空は息をのむほどの美しさです。

photo by PIXTA

知床というこの場所、この時間帯にしか見ることのできない風景は、生きている間に一度は立ち会ってみたい特別なシーンです。

■ 基本情報
・名称:知床ナチュラリスト協会SHINRA 知床五湖周辺 アニマル・ネイチャーウォッチングツアー
・コース名:【静寂の夜、満点の星空…ここにしかない世界を体験しよう】知床ナイトシアター
・集合場所:北海道斜里郡斜里町 道の駅ウトロ(ホテルへのお迎えが基本となります)
・参加条件:小学生以上
・開催期間:4月下旬~11月中旬
・料金:3,100円~

他にもまだまだ!自然観察を楽しめるコースのご紹介

ここまで知床ナチュラリスト協会SHINRAのネイチャーウォッチングツアーについてご紹介してきましたが、ほかのツアー会社にも気軽に自然観察を楽しめるものがまだまだあります!最後におすすめのコースをいくつかご紹介しましょう!

塘路ネイチャーセンター【釧路湿原タンチョウ観察エコツアー】

北海道の釧路湿原で見ることができる天然記念物・タンチョウ。”塘路ネイチャーセンター”の”タンチョウ観察ツアー”では、テレビなどで見るような美しいタンチョウの姿を、肉眼や双眼鏡でじっくりと観察することができます。

釧路湿原のタンチョウは一年のサイクルの中で、産卵・子育てを繰り返しており、ツアーに参加する時期によって、観察できるシーンが変わるのが魅力です。

春はタンチョウの産卵~子育て期。5月には可愛らしいヒナが孵り、タンチョウの夫婦がかいがいしく世話をしている様子を見ることができます。

番(つがい)のタンチョウ  photo by そとあそび

夏になるといよいよヒナも親と同じ大きさに。とはいえ、まだまだ体には茶色の産毛が残っており、幼さも感じられます。運が良ければ、飛ぶ練習をしている瞬間を目撃することができるかもしれません!

タンチョウの親子  photo by そとあそび

秋にはヒナはすっかり飛べるようになり、幼鳥へと成長します。この時期になると、タンチョウ親子は行動範囲を広げ、冬に向けてたくさんの餌を食べるように。タンチョウの捕食シーンに出会うためには、ガイドの経験と知識が頼りです。

いよいよ冬は、独り立ちの季節。2月になると幼鳥たちは親と別れ、その多くは成鳥になるまで幼鳥同士で群れを作って生活します。釧路湿原は氷が張り、厳しい寒さがやってきます。

この時期の見どころは、2月の中旬ころから見られる求愛ダンス!一度つがいになると、どちらかが死ぬまで寄り添い続けるといわれているタンチョウ。二羽が愛を確かめ合うように踊る姿はとてもロマンチックです。

ツアーでは、湿原や人里の給餌場、ねぐらなどのタンチョウが暮らしている様々な場所を巡ります。釧路の自然の中に入り込み、息を潜めて見る野生のタンチョウの姿は感動ものですよ!

■ 基本情報
・名称:塘路ネイチャーセンター 釧路湿原 タンチョウ観察エコツアー
・集合場所:北海道川上郡標茶町字塘路原野北七線86-17 塘路ネイチャーセンター
・アクセス:JR釧網線 塘路駅より3.5km ※JR塘路駅から無料送迎有(要予約)、冬期は釧路市内、及び近郊の各宿泊施設より送迎可(要予約)
・参加条件:小学1年生以上
・開催期間:(冬)11月~2月、(春~秋)3月~11月頃まで
・料金:7,500円~

知床オプショナルツアーズ SOT!【秋限定・サケマス自然観察ツアー】

”知床オプショナルツアーズ SOT!”で催行している”サケマス自然観察ツアー”は、初めに紹介したサケの遡上ツアーとはまた違った魅力のある秋限定のネイチャーツアー。

サケの生まれてから、一生を終えるまでの流れに沿って、まるで物語を紐解くように場所を巡っていきます。

はじめは産卵場所である、幌別川や岩尾別川からスタート。サケの遡上の様子はもちろん、ピーク時には川幅いっぱいに泳ぐサケやマスの迫力の群れを見られることも。

途中には滝があり、滝登りの様子も観察できます。人間にとってあまり高低差のない滝でも、サケにとってはとても大きな障害。何度も失敗を繰り返し、滝を乗り越えていく様子に胸を打たれます。

もしかしたら、川のそばでサケの天敵であるヒグマの痕跡を見つけることができるかも!この時期はヒグマも冬に備え、たくさんの栄養を蓄えなければいけない時期。

こうして自然の食物連鎖が成り立っているということを、実物を交えながらガイドより詳しく教えてもらうことができます。

ヒグマの足跡が!  photo by そとあそび

ようやく再び生まれた場所に戻ってこられたサケたちは、最期の力を振り絞って産卵へ…。こうしてまた翌年には次の世代が同じように川に戻ってくるのです。

ツアー最後には港へ向かい、サケの荷揚げの様子を観察!ここでは、どのようにサケが流通していくのかや、サケの見分け方などお得な情報も教えてもらえます。

以上でツアーは終了!集合場所、あるいは宿泊先まで車で送ってもらえるので、最後まで疲れず快適にツアーを堪能することができますよ!

■ 基本情報
・名称:知床オプショナルツアーズ SOT! 知床ネイチャーウォッチング&トレッキングツア
・ツアー名:【秋限定】サケマス自然観察ツアー
・集合場所:北海道斜里郡斜里町ウトロ香川67 知床オプショナルツアーズ事務所
・アクセス:JR知床斜里駅より路線バスにて約1時間→ウトロバスターミナル下車 ※ウトロバスターミナルより無料送迎あり。(要予約)
・参加条件:小学1年生以上
・開催期間:9月上旬~11月上旬 ※水曜定休
・料金:2,500円~

いかがでしたでしょうか?!野生動物や自然の観察に特化したアクティビティツアーについてご紹介してまいりましたが、その魅力は文章では語りつくせないほどの驚きと感動が詰まっています!

ぜひ実際に参加してみて、その自然の驚異を存分に味わってください!

今回ご紹介したツアーはすべて、アクティビティツアーの予約サイト「そとあそび」より直接予約申し込みが可能です。少しでも興味が湧いたら、迷わずネイチャーウォッチングツアーの旅にお出かけしてみましょう!

【アウトドアツアーの予約サイト「そとあそび」でアニマル・ネイチャーウォッチングの詳細を今すぐチェックしてみる!】

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

kaneko

kaneko

Outfitterライター。水泳をきっかけにスキューバに関心を持ち、そこからスノーボード、ランニングと陸上に移行。現在はボルダリング、クライミングを勉強中。自分の記事が新しいことに興味を持つきっかけになれたら嬉しいです!

ツアーを予約する