初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

ハンググライダー

大空に飛び出したくなる!ハンググライダーの動画まとめ

2015.10.12
通常でも時速30~40km、上級者用の高性能機なら時速100km以上のハイスピードで滑空するハンググライダー。アクロバット競技で4度世界チャンピオンに輝いたジョン・ハイニーの迫力満点の動画をはじめ、見たら大空にすぐ飛び出したくなる国内外の動画をまとめてみました!

通常でも時速30~40km、上級者用の高性能機なら時速100km以上のハイスピードで滑空するハンググライダー。

アクロバット競技で4度世界チャンピオンに輝いたジョン・ハイニーの迫力満点の動画をはじめ、見たら大空にすぐ飛び出したくなる国内外の動画をまとめてみました!

アクロバット競技世界チャンピオンでギネス記録保持者の芸術的な飛行の数々!

ハンググライダーのアクロバット競技で4度世界チャンピオンとなり、連続回転のギネス記録保持者であるジョン・ハイニーの芸術的な数々のフライトが見られる動画。世界的に有名なアクロバット競技者たちの飛行を映したハンググライダームービー「フリーフライヤーズ」を短く編集したものです。

絵画のようなまん丸い月をバックに大空を舞う姿や、一面コバルトブルーの海を真下に回転して真っ青な空と海面が逆転する様子は迫力満点! ニュージーランド最高峰のマウントクックなど、世界各地の絶景もため息が出るほどの美しさです。

ジョン・ハイニーの公式ホームページでは、彼がハンググライダーのスタントを行ったマールボロのCM動画なども見ることができます。

2013年の世界選手権で総合32位となった鈴木由路さんの大活躍ムービー

2013年1月にオーストラリアのフォーブスで行われたハンググライディング世界選手権に、世界のトップレベルの選手たちと肩を並べて出場し、総合32位・日本人1位となった鈴木由路(すずきゆうじ)さんが大活躍した模様がダイジェストで映し出されます。

10日間にもなる長期戦で、こなさなければならないタスク(フライトコース)がどんどん厳しくなる中、連日コンスタントに好成績を維持しなければならない過酷なレースであることがひしひしと伝わってきます。

世界選手権でのメダル獲得を目指す鈴木さんのYouTubeのチャンネルには、ハンググライダーで飛行中に目薬を指したり、空を飛びながら日常行動がどこまでできるかを試す「【バカ動画】空でコレをやってみたシリーズ」もアップされています。

まるでナウシカ!高度2800mの上空で美しい富士山を見ながら雲間を飛行

富士山の眺望が良いことで知られる山梨県の杓子山(しゃくしやま)フライトエリアで、高度2700~2800mの上空から絶景の富士山を目の前に見ながら飛行するのを空撮した動画。

ハンググライダーのパイロットと同じ視点のオンボードカメラがとらえた風景は、見るだけでハンググライダーに乗った気分に! 雲間を縫うように飛ぶ姿はまるでナウシカのようで、実際にハンググライダーで空を自由に飛んでみたい気持ちが募ります。

YouTubeの「HANG GLIDING TV」には、この他にも富士山近辺を上空から撮影した動画が多数あります。

海岸に打ち寄せる波を真下に爽やかな潮風を受けながら超低空フライト

高高度の上空から映したハンググライダー動画が多い中、山形県酒田市の浜中海岸で、砂浜が目の前の超低空で、斜面上昇気流を利用し滞空飛行(リッジソアリング)を行う様子が印象的です。

斜面上昇風は熱上昇気流(サーマル)の揚力に対して比較的弱く、風の強さや方向などの条件が揃わないと、滞空飛行できないのが大半だとか。

打ち寄せる波を下に見て、爽やかな潮風を受けながら空中を浮遊するのが、本当に気持ち良さそう。ハンググライダーと言えば、大空高くをフライトするイメージが強くありますが、地面に近い低い視点から見られる独特の景色の魅力が伝わってきます。

空を飛んでみたい気持ちはハンググライダースクールの体験ツアーで実現しよう

動画を見て空を飛んでみたい気持ちが高まったら、ハンググライダースクールの体験ツアーでそれを実現してみてはいかがでしょうか。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、杓子山フライトエリアで雄大な富士山を見ながら、4歳のお子様から60歳以上のシニア世代まで、初心者でも気軽に体験できる「忍野(おしの)スカイスポーツ倶楽部 忍野ハンググライダー」などのハンググライダーのツアー情報について詳しく掲載しておりますので、ぜひご一読ください。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yuuko

yuuko

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。