初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

熱気球

熱気球でエジプトのような事故にあわないために出来る5箇条

2015.10.31
「熱気球体験ツアーに参加してみたいけど、事故が気になる」という方。ここでは熱気球体験ツアーで事故にあわないためにできる5箇条をご紹介します。

「熱気球体験ツアーに参加してみたいけど、事故が気になる」という方。その心配わかります。日本人観光客が巻き込まれてしまった、エジプトでの熱気球事故を覚えている方も多いでしょう。(事故にあわれた関係者様には深くご哀悼の意を表します。)

ここでは熱気球体験ツアーで事故にあわないためにできる5箇条をご紹介します。

1.その値段安すぎない?熱気球体験ツアーの参加費を比較しよう

photo by PIXTA

エジプトの事故は、主催会社の点検不手際が原因だったと伝えられています。参加費がツアーの内容に比べて安すぎる場合、スタッフの人数が充分ではなかったり、使用する器具や熱気球自体が古い場合が考えられます。

いくつかのツアー会社を比較して、参加費が不当に安すぎるツアーは避けましょう。

2.熱気球体験ツアー主催会社が保険に加入しているか確認しよう

エジプトの事故では、主催会社が保険に加入していなかったことも問題になりました。申し込みの前に、熱気球体験ツアー主催会社が保険に加入しているか、どんな保障内容なのか確認することをお勧めします。

ミニ知識になりますが、一般的に熱気球に関する保険料の掛率は自動車保険よりも低く設定されています。つまり自動車に乗る事よりも、熱気球の方が安全と保険会社は考えているようです。

3.体調は大丈夫?熱気球体験ツアー出発前にチェックしよう

photo by PIXTA

熱気球の事故の中には、フライト中に搭乗者が心筋梗塞を起こしたケースもあります。出発前に少しでも体調がおかしいと感じたら、無理せずフライトを取り止めましょう。持病のある場合は、事前に主治医に相談することをお勧めします。

4.パイロットの指示に従って安全な飛行に協力しよう!

熱気球フライト中の危険は、パイロットの技量で限りなく回避できます。熱気球体験ツアーに参加するあなたも、搭乗者のひとり。パイロットの指示に従うことで、安全なフライトに協力することができるワケです。

熱気球の上では必ずパイロットの指示にしたがって、安全で快適な空の旅を楽しみましょう。

5.フライト前に天候に注意しよう!

国内の熱気球ツアーは常に安全対策をして行われています。フライト前に天候や風、上空の様子を厳しくチェックするのもそのひとつ。パイロットや主催会社が危険と判断すれば、離陸時間を遅らせたり、フライト直前に中止になることもあります。

「せっかく休暇をとったのに」と、がっかりするかもしれませんが安全が第一です。もしフライト当日の天候に不安を感じた場合は、主催会社やパイロットに確認してみましょう。

国内の熱気球体験ツアーは安全管理がしっかりしています

photo by PIXTA

最後になりましたが、日本気球連盟では調査委員会をつくって事故再発の防止に力を入れています。国内で発生した事故について、原因と再発防止策をWebサイトに掲載し常に情報発信しているんです。

国内の熱気球事業者はここで最新の情報を確認して、最新の安全対策を行っているので、安心して参加できるといえるでしょう。

熱気球ツアーで事故にあわないためにできる5箇条。いかがでしたか?事故は突発的に起きるもの。これを守ればゼロになるとういう訳ではないのですが、参考にしてみてください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、初心者でも安心して参加できる熱気球体験ツアーをご紹介しています。是非こちらも覗いてみてください。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

Ishimaki Kano

Ishimaki Kano

全身で自然と風を感じるのが好きで、休日は河原をマウンテンバイクで走っています。趣味は街で見かけた動物や、月や空の景色を撮ること。カナダにバイソンの群れを見に行くのが夢です!

ツアーを予約する