初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

沖縄県

与那国島ダイビングで見れる海底遺跡とは?

2016.01.25
日本最西端の島与那国島のスキューバダイビングの目玉スポットと言われる海底遺跡。スキューバダイビングで誰でも実際に訪れることができる神秘的スポットの真実とは!?

日本最西端の島として知られる与那国島。台湾までわずか11kmと、日本列島よりも台湾までの距離のほうが近い温暖な気候が特徴の島です。海も豊かな黒潮がぶつかることから様々な生物が生息し、水の透明度も非常に高いため世界中のダイバーから愛されるダイビングスポットです。

中でもダイバーたちに与那国島の名を知らしめた目玉ポイントは海底に眠る不思議な遺跡のようなポイント。今回は大人気のダイビングポイント「海底遺跡」のお話です。

海底遺跡って何?

photo by PIXTA

与那国島の「海底遺跡」と呼ばれているものは、「呼ばれている」だけで実際にその真相は謎のままです。

与那国島南部の新川鼻沖の海底で昭和61年にダイバーによって発見されました。「遺跡のようなもの」というのが現在言える全てで、海底に切り出したような壁や岩、人の手が加えられているとしか思えないような地形をしていることから「海底遺跡」と呼ばれるようになりました。

実際に自然の産物である「地形」なのか、人工的に作られた「遺跡」なのか…。謎を秘めたミステリーさがまた人を惹きつける理由となっているようです。

その真相については人工という主張から自然産物という主張まで諸説あります。

自然地形説もある

photo by PIXTA

自然にできた偶然の地形であるという主張もあり、その主な理由として岩が潮で浸食されてできたのであろうという「浸食説」があります。

もともと浸食されやすい岩の種類であることから、マグマの冷却時などに規則的な亀裂が発生してその亀裂に沿って浸食されたことにより、まるで人工的に規則的に切り出したように見えるだけだ、というものです。

また、「地形が人工物に見える」というだけで、歴史的文献からそこに文明があったという証拠が薄いと説く学者もいます。

古代文明遺跡説もある!

photo by PIXTA

それでも、「遺跡かもしれない」という考え方の方がワクワクドキドキしませんか!?個人的には神秘的な妄想が止められないこの「古代文明遺跡説」。

もしも本当にここに文明が存在したとすれば前回の氷河期が終わって海面が上昇したときに水没したことが考えられるため、もしその時の文明のものだとしたらこの「海底遺跡」は世界最古の文明遺跡ということになります!!!

なんてエキサイティング!なんてロマンチック!

真実はどうあれ、「そうかもしれない」と言う思いで実際に潜ってみることが楽しむポイントですよね。

海底遺跡は実際にはどんなところ?

photo by PIXTA

海底遺跡はかなりの広さで、幅東西約250m、南北約150mにもわたる巨大な物体です。壁の高さは約25mということですが調査が進めばもしかしたらもっと広い範囲で見つかるかもしれないと言われています。

その構造は興味深く、階段状になった岩に囲まれている「スタジアム」と言われいている場所や、壁に囲まれた通路もありそこは「回廊」と呼ばれています。水を通すような「水路」があったり、直角や平面に切り出された岩がモニュメントのように並ぶ「テラス」と言われる敷地があったりと、まるで「文明」が本当にあったのではと思える光景が広がっています。

是非、実際にご自身の目で見ていただきたいと思います。感動すること間違いなしです!

さぁ!ダイビングに出かけよう

海の中には私達の知らない世界、想像以上に美しい景色、素敵な感動がたくさん詰まっています。

実際にダイビングをしてその世界を覗いてみるときっとかけがえのない思い出となること間違いなしです。是非ご自身で海の中の世界を体験してみてくださいね!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では初心者の方でも気軽に参加できるお得なツアーを多数ご紹介しています。迷っている方は是非、チェック&ブック!海の世界はすぐそこです。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

naomi

naomi

京都府生まれ千葉育ち。
17歳でオーストラリアに留学し、広大な酪農地帯で花の高校生活を牛とともに過ごす。以来オーストラリアが第二の故郷。
英会話の講師、ダンス講師を掛け持ちながらライターとして執筆中。