初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

ロッククライミング

時間当りの消費カロリーはトップレベル!ボルダリング驚異のダイエット効果

2015.11.28

女性や子供、初心者でも気軽に始められると人気のボルダリングは、5メートル以下の低い岩や人口壁を命綱もなく、下に安全確保用のマットを敷いただけでよじ登るシンプルなフリークライミングの一種です。

ボルダリングは腕や足だけでなく、普段あまり使わない各所の筋肉を使用しながら行う全身運動ですが、シェイプアップやダイエットにも効果的だという話もあります。

ボルダリングがどの程度シェイプアップやダイエットに有効なのか探ってみると、驚くべき真相が浮かび上がってきました!

下半身全体のシェイプアップに効果的

ボルダリングには腕だけを酷使するイメージがある方も少なくないかもしれません。

確かに前腕屈筋群(手首から前腕の太い部分)や腕橈骨筋(前腕の太い部分)、上腕二頭筋(力こぶ)といった腕の筋肉を使用しますが、常につま先立ちの状態で登るため、下腿三頭筋(ふくらはぎ)、大腿四頭筋(太もも)、ハムストリングス(太ももの裏側)といった足の筋肉も多く使うことになります。

時には日常では鍛えにくい内股の筋肉を緊張させることもあり、下半身全体のシェイプアップに効果的だと言えるでしょう。

お腹周りの引き締め効果も。ボルダリングだけで全身を効率的に鍛えられる

ボルダリングでは岩や人口壁にあるランダムなホールド(穴や突起物)を掴みながら、様々なコースを日常では決して取らないような姿勢でよじ登ることも多く、体をひねる機会が多数あります。

結果、広背筋(脇下と脇腹の間の背中全体)、脊柱起立筋(腰)、腹直筋(お腹)、腹斜筋(脇腹)といった背中からお腹周りの筋肉がまんべんなく鍛えられ、バランス良く引き締められるのです。

こうした各所の筋肉を一つの運動で鍛えるのは一般的には困難と言われていますが、全身運動であるボルダリングでは特にトレーニング方法を変える必要もなく、ボルダリングのみで効率的に部分部分の筋肉を鍛錬することができます。

ボルダリング自体の消費カロリーは?

このように、ボルダリングで全身の筋肉を鍛えて筋肉量を向上させ、基礎代謝を高められることがわかりました。いわゆる「カロリー消費量」の約7割は基礎代謝によるものですが、残りの約3割は日常生活や運動などで費やされています。

では、ボルダリングという運動自体の消費カロリーは、どれくらいなのでしょうか?

VitalNavi」という運動消費カロリー計算サイトで算出してみると、なんと体重50キロの人が60分ボルダリングを行った場合は525.0キロカロリーと、時間当たりの消費カロリーが全スポーツ中でトップレベルであることが判明したのです!

これは水泳の420.0キロカロリー、ジョギングの367.5キロカロリー(※全て体重50キロの人が60分間行った場合で計算)を遥かに上回る驚異の数字です。

ボルダリングで楽しくダイエット!自然の中で行うロッククライミングも魅力的!

ボルダリングは他のシェイプアップやダイエットのための運動と異なり、ただ単調な動作を繰り返すのではなく、決められたホールドだけを使って登ったりという課題(コース)をこなしながら、楽しんで継続することが可能です。

室内に人口壁を設置したボルダリングジムが急増中ですが、やはり雄大な自然の中で行うロッククライミングには、インドアでは味わえない醍醐味があります。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、初心者やお子様でも気軽に参加できるロッククライミングのツアーの情報を掲載しておりますので、ぜひ一度ご覧になってみて下さい。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でロッククライミングのツアーをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yuuko

yuuko

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。