シャワークライミングで事故防止のために気をつけたいこと 2016.03.16 キャニオニング・シャワークライミング

水辺のアクティビティの1つとして注目されているシャワークライミング。天然の沢や滝、岩場など、大自然と向き合うために安全意識を持つことが大事です。事故を起こさず安全に楽しむための心得をまとめました。

水辺のアクティビティの1つとして注目されているシャワークライミング。

アクティビティの舞台となるのは沢は景観が美しく、変化に富み、大自然が残っているので、自然とスポーツを楽しむのに絶好の場所です。今や日本各地で開催され、エリアごとの自然を楽しめます。

ただ、シャワークライミングの紹介写真を見て、これは安全なのだろうか?事故が起こらないのだろうか?と危惧する方も少なくはないでしょう。

そこで安全に楽しくシャワークライミング体験をするために、気をつけていただきたいことをまとめて紹介します!

まずは自然と対峙するという安全意識を持つことが重要です!

参加者心得その1

シャワークライミングとは、ライフジャケットやヘルメット、専用シューズを着用し、沢を下流から上流へ登って目的地まで探検する沢登りのこと。クライミングに水の要素が加わることで、よりダイナミックに自然を感じられるのが魅力的です。

濡れた場所を歩くため、滑りやすく、また登るだけではなく、天然の岩の上から飛んだり滑ったりするので、いくら装備がしっかりしていても、不注意による事故が起こる可能性が十分にあります!

まず第一に気を付けることは、ご自身の体調管理!

体調が万全でなければ、安全管理どころか折角のアクティビティも楽しさ半減ですよね。

ツアー参加の前日にはしっかりと睡眠をとり、当日の飲酒はもちろん控えましょう!持病やハンディキャップのある方は、申し込み時にツアー会社に確認を取った方が安全です。妊娠中の方は、ご自身と赤ちゃんのためにも参加は避けてくださいね。

参加者心得その2

シャワークライミングツアーの前には、必ず安全に楽しむための「セーフティートーク」があります!これは滑りやすい岩の上や、滝を登るときの三点確保(手がかり、足がかりになる岩の突起や割れ目を見きわめ、手足の4点がそれを捉えた状態からいずれか1点のみを動かすこと)などの基本的な注意点に関する情報です。

コースを熟知したインストラクターからの情報なので、しっかりと聞いて覚えるようにしましょう!

<<全国で体験できるキャニオニング・シャワークライミングの一覧はこちら>>

まとめ

シャワークライミングは、人が遊ぶために作られたわけではない天然の沢や岩場を巡るスポーツなので、参加する側にも安全に遊ぶぞというしっかりした意識が必要になります。

ですが、いくつかの基本を守れば、雄大な自然を肌で感じられるとても魅力的なアクティビティなので、ぜひ挑戦してみてください!

アウトドアレジャー専門サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、全国のアクティビティをご紹介しています。そちらもぜひあわせてチェックしてみてください!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する