初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

バンジージャンプ

あなたはいくつ知っている?バンジージャンプの種類まとめ

2015.07.24
今年の夏はバンジージャンプをしたい!でもその前に、バンジージャンプの種類をいくつ知っていますか?バンジージャンプの種類とともに体験できる場所を紹介します!

実はバンジージャンプにも種類があることをご存知でしたか?今回は、そんなバンジージャンプの種類を紹介していきます。「今年の夏はバンジージャンプに挑戦したい」と思っている方は、ぜひどのバンジージャンプに挑戦したいか、種類ごとに考えてみてくださいね!

バンジージャンプの王道「縦バンジー」

ノーマル

まずはこちら。鉄塔から飛び降りるバンジージャンプです。最近では、マザー牧場やよみうりランドをはじめとする様々な場所で体験できるバンジージャンプ!

よみうりランドの場合は、体重38〜109kg、ウエスト102cm以下の12歳以上であれば体験ができます(18歳未満は保護者の同意・同伴が必要)。

ブリッジバンジー

こちらは、その名の通り、橋から飛び降りるバンジージャンプです!ブリッジバンジーは、緑豊かな自然に囲まれながら飛べるという魅力があります。

また、日本で唯一ブリッジバンジーを提供しているバンジージャパンでは、プロのカメラマンに写真を撮ってもらえるサービス(有料)もあるなど、思い出づくりに最適です!

ナイトバンジー

こちらは、マカオで行われたナイトバンジー。幻想的な夜景を見下ろしながらのバンジージャンプは圧巻です!実は、このナイトバンジーは日本でも体験できるんです!

先ほど紹介したバンジージャパンが提供する竜神大吊橋でのバンジージャンプでは、2015年8月13日から3日間、一日20名限定で、このナイトバンジーが体験できます!ぜひこの機会に参加してみてくださいね!

まるで鳥になったよう!「横バンジー」

「縦バンジーは怖い」という方にオススメなのがこちらの横バンジー!落ちるスリルを楽しむ縦バンジーとは違い、鳥のようにまっすぐ横に飛んでいくため、まさに鳥のような気分が味わえます。

日本では、仙台ハイランドにて楽しむことができますが、2015年8月30日(日)をもって、閉園をすることが決まっているため、楽しむならこの夏しかありません!ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

落ちるだけじゃありません!「逆バンジー」

バンジージャンプは自ら飛び降りるものと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、実は、上にまっすぐ飛んでいくバンジージャンプがあります。それが、この逆バンジーです。

福井のB級遊園地ワンダーランドでは、2人乗りバンジーを楽しむことができるので、吊橋効果を狙って恋人と一緒にスリルを味わうのもいいかもしれませんね!

(※ワンダーランドのバンジージャンプは現在営業休止中です。2017年3月13日時点)

これぞ最恐!「紐なしバンジー」

これこそ、最大のスリル。「紐なしバンジー」です!今までは紐があったため安心感がありましたが、下に置かれたネットやマットに落ちていく恐怖は他では味わえません。この動画は、デンマークにある「Tivoli Friheden」での紐なしバンジーですが、期間限定で日本でも体験することができるんです!それがこちら。

UGOKASゼロショック

2015年7月18日~8月31日の期間のみ豊洲にオープンしている『驚き体験テーマパーク「UGOKAS」』では、6m下のマットに紐なしで飛び降りるゼロショックを体験できます。小学4年生以上であれば挑戦できるので、この夏、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

この夏に挑戦したいバンジージャンプは見つけることができましたか?ぜひいろんな種類のバンジージャンプに挑戦してみてくださいね!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、今回ご紹介したブリッジバンジーをはじめとする様々なアクティビティを紹介しています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

麻鈴(まりん)

麻鈴(まりん)

スキューバダイビング歴10年、海が大好きなまりんです!
運動音痴ながら日々頑張っておりますので、ぜひともよろしくお願いします♪