バンジージャンプ 関東

【保存版】関東近郊で本格バンジージャンプができるベストスポット6

2018.06.21
関東には魅力的なバンジージャンプのスポットがあることをご存知ですか?今回はその中でもおすすめのバンジースポットを6つ紹介します。高さ日本一から気軽にバンジーを体験できるスポットまで、チャレンジしたくなること間違いなしですよ!

スリル満点のアクティビティといえば、バンジージャンプ。初めての方は参加のハードルが高いと思うかもしれませんが、そのスリルと爽快感の虜になってしまう人は少なくありません。この記事では、「バンジージャンプってどこでやるの?」という人に向けて、関東近郊のスポットを紹介します。

自然の中で迫力あるバンジーが楽しめる本格的な4スポットに、首都圏で気軽に体験できるスポットについてもご紹介。中にはバンジージャンプの高さ日本一のスポットもあります。

すべて東京から日帰り可能なので、最上級のスリルを体験したい方はぜひチェックしてみてください!

【目次】

- 1.竜神大吊橋|茨城県
- 2.諏訪峡大橋|群馬県
- 3.猿ヶ京|群馬県
- 4.須津渓谷橋|静岡県
■もっと気軽に体験するなら、この2つ!
 - 1.よみうりランド|東京都
 - 2.マザー牧場|千葉県

1.高さ日本一!100mから飛べる竜神大吊橋|茨城県

茨城県常陸太田市、竜神川をせき止める竜神ダムの上に架けられるているのが竜神大吊橋。全長は446m、中央支間は375mもあり、歩行者専用としては「日本最大級」の吊橋です。高さも100mあり、歩くだけでもドキドキ。

その竜神大吊橋からのバンジージャンプを体験できるのが、こちらの“竜神バンジージャンプツアー”です。100mの高さからのバンジージャンプは日本一!この高さからなので滞空時間も長く、爽快感もひとしおです。ジャンプエリアの床は格子状になっていて、眼下には渓谷が広がっているので、順番待ちをしているだけでスリルと期待が高まります。橋からの眺めも、緑豊かな自然や竜神湖などまさに絶景。秋には鮮やかな紅葉も見られるなど、四季折々の景色を楽しめるのも魅力です。

アクセスは、車なら新宿から約2時間20分。電車なら新宿から約2時間半、高速バスなら新宿から約2時間20分、東京駅から約2時間で最寄り駅に着きます。そこからバスで約40分で竜神大吊橋に到着です。

主催会社:バンジージャパン
  • 茨城県常陸太田市天下野町2133-6 BUNGY JAPAN竜神バンジー

■関連記事
これぞ決定版!日本でできるバンジージャンプスポットまとめ

2.アクティビティの名所、みなかみで飛ぶ!|群馬県

車なら東京からおよそ2時間、電車では3時間ちょっとで到着する群馬県みなかみ町。アウトドアアクティビティの名所として知られていて、特に利根川エリアは川で楽しむアクティビティが盛んですが、バンジージャンプにも挑戦できるんですよ。

舞台は利根川に架かる諏訪峡大橋。42mのジャンプ台からは、谷川岳の山々や美しい渓谷を見渡せます。ラフティングやキャニオニングを楽しみに訪れた人など、ギャラリーも多く、声援が聞こえる中でのバンジーとなるのでさらに盛り上がるはず。スタッフの人たちも盛り立ててくれるので、初心者でも恐怖心を忘れ、楽しみながらチャレンジできるでしょう。

主催会社:バンジージャパン
  • 群馬県利根郡みなかみ町小日向143 BUNGY JAPANみなかみバンジー


3.真っ赤な橋が映える中、レッツバンジー!|群馬県

群馬県猿ヶ京温泉からほど近い場所で体験できるのが、こちらの“猿ケ京バンジージャンプ”。高さは62m、滝が流れ込むエメラルドグリーンの湖、季節によりさまざまな顔を見せてくれる木々、眼下に広がる渓谷の美しさが印象的なスポットです。

周りの自然と真っ赤な橋のコントラストはとってもフォトジェニック!雄大な景色の中でバンジーを満喫するだけでなく、SNS映えする写真も撮れちゃいます。冒険気分を満たした後は、猿ヶ京温泉に立ち寄ってみてもいいですね。

車なら新宿から約2時間半とアクセスしやすいのも魅力です。新幹線で東京から約1時間15分で、最寄りのJR「上毛高原」駅へ。そこから開催スポットまでバスで約30分です。

主催会社:バンジージャパン
  • 群馬県利根郡みなかみ町相俣1731 BUNGY JAPAN猿ヶ京バンジー

■関連記事
関東で日帰りバンジージャンプなら、群馬県のみなかみがイチ押し!

4.滝を見ながらバンジー!|静岡県

車なら約2時間半、電車とタクシーなら約3時間半で着く静岡県富士市にあるのが、富士山の南に広がる愛鷹山系随一の美しさで知られる須津川渓谷。中でも名勝・大棚の滝は、清らかな水の流れや水しぶきで多くの人たちを楽しませています。そんな大棚の滝を眺めながらバンジーができるのが、“富士バンジージャンプ”です。

21mの高さから流れ落ちる大棚の滝ですが、ジャンプ地点はその倍以上となる54m。ダイナミックな滝の流れも含めた須津川渓谷の自然美にうっとりしてしまうでしょう。勇気を出して一歩踏み出せば、大自然の景色の中に吸い込まれるようなバンジー体験を楽しめます。

新緑が美しいのはもちろん、秋には紅葉も見もの。滝の近くで川遊びもできるのも魅力です。

主催会社:バンジージャパン
  • 静岡県富士市比奈 須津渓谷橋 BUNGY JAPAN富士バンジー

■関連記事
【恐怖?それとも快感?】静岡県初のバンジージャンプでかつてない体験を!

もっと気軽に体験するなら、この2つ!

1.都内唯一の常設バンジー!よみうりランド|東京都

もっと気軽にバンジージャンプに挑戦してみたいという人におすすめなのが、よみうりランドにある都内で唯一の常設バンジージャンプ。高さは22mと、地上から見るとそれほど高く思えませんが、実際にジャンプ台に立つとけっこうスリルがあります。

有料で、CCDカメラ付きのヘルメットをかぶってバンジーができるサービスもあるので、特に初めてチャレンジするという人は、その衝撃体験を記念に残してもいいですね。

車でも電車でも、新宿から入園口まで約40分という好アクセスもうれしいですね。

よみうりランド
  • 東京都稲城市矢野口4015-1
  • 044-966-1111


2.標高321mのマザー牧場で「ファームバンジー」|千葉県

PIXTA


千葉県君津市の鹿野山にあるマザー牧場は、「花と動物たちのエンターテイメントファーム」という名の通り、豊かな自然と美しい景色に囲まれた中、動物たちとふれあえる牧場です。

250ヘクタールという広大な敷地には、動物のいるスポットをはじめさまざまな施設があり、その中でバンジージャンプも体験できます。タワーの高さは21mですが、標高にすると321mの地点。房総の山並みを見下ろしながらのバンジーは解放感抜群です。ほかにも牧場グルメを楽しめるのもうれしいところ。家族や子ども連れでも楽しめます。

東京駅から最寄り駅まで電車で約1時間30分、高速バスで約1時間。最寄り駅からマザー牧場までは直通のバスでおよそ30分で到着します。

マザー牧場
  • 千葉県富津市田倉940-3
  • 0439-37-3211

関東近郊でのバンジー体験をぜひ!

関東近郊だけでも、さまざまなスポットがあるバンジージャンプ。豊かな自然や観光を楽しめるエリアにあるので、バンジーだけでなく、観光やほかのアクティビティを楽しめるのもうれしいところです。

家族で、カップルで、仲間とわいわい!旅行のプランにバンジー体験を加えてみてはいかがでしょうか?

(文:若松真美 編集部注*2015年7月24日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する