初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

南魚沼・津南

【南魚沼・津南】バックカントリースキーツアーならこの2つ!選りすぐりのツアーを紹介

2015.10.15
話題のバックカントリースキーは南魚沼・津南エリアで!初めての方は是非参考にしてみてください。

新潟県の南魚沼・津南エリアは、日本屈指の豪雪地帯。バックカントリースキーの上級者はもちろん、初心者の方にもお薦めのエリアです。今回はそんな津南でふかふかの新雪をたっぷり満喫できる情報をまとめてみました。

バックカントリースキーとは?

バックカントリースキーとは、滑りやすく整備されているスキー場のゲレンデではなく、整備されていない自然のままのフィールド(バックカントリー[裏山])でスキーをすることを指します。

圧縮されていないふかふかの新雪(パウダースノー)と広大な自然の中で自由に滑る体験は、ゲレンデスキーとは一味違う感動があり、近年多くのスキーヤーがバックカントリースキーの魅力に取り憑かれています。

リフトやゴンドラがない事が多く、滑るためにはスノーシューを履いて自力で登ったり、ヘリコプターを利用したりします。

また、スキー場のように万が一の時にすぐに駆けつけるスキーパトロールもなく、雪面は崩れやすくなっているため危険と隣り合わせのアウトドアスポーツだということを認識しておきましょう。

おすすめのバックカントリースキーツアー

越後三山や谷川連峰の眺望を楽しめ、日本屈指の豪雪地帯である南魚沼・津南の周辺は、初心者から上級者まで幅広くバックカントリースキーを楽しめる場所があります。

今回は評判の高いおすすめのツアーを2つ紹介します!

キャニオンズ バックカントリーツアー

上越・片品エリアを中心にツアーを実施している【キャニオンズ】では、各レベルに合わせてツアーを実施しているので、初めての方でも安心して参加することができます。

初心者ツアーでは、ハイクアップ(スキー板を履いたまま山を登ること)は30~60分程度と短めで、バックカントリースキーの基礎講習も含まれています。

また、経験者向けのツアーでは滑走時間を多くとっているので、より急な斜面を滑ることができます。

どんなレベルの人でも満足できるツアーを用意しているので、いつもとは違うスノーライフを経験したいと思っている方は是非チャレンジしてみてください!

■ 基本情報
【株式会社 キャニオンズ】 神楽・武尊バックカントリーツアー
・所要時間:約8時間
・対象年齢:16歳から
・料金:9000円
・持ち物:スキーをする服装・装備(レンタルする場合は要予約)

フォレスト&ウォーター バックカントリーツアー

群馬県みなかみエリアを本拠地とする【フォレスト&ウォーター】では、経験豊かなスタッフが道具の使い方から危険回避の技術など、初心者が安心・安全にバックカントリースキーを楽しめるように各種講習を実施しています。

自然を相手にするアウトドアスポーツなので“絶対に安全”ということはないです。しかし、フォレスト&ウォーターのスタッフは、雪山で起こり得る様々な変化に迅速に対応できるよう、日々の訓練を怠っていません。

初めて見る装備の使い方はもちろん、雪山で自分の身に起こるあらゆるリスクと真剣に向き合えるよう、様々な技術を伝授してくれます。

そして、フィールドを知り尽くしたガイドが手取り足取りいろいろ指導して一緒に滑ってくれるので、どんどん上達していくこと間違いなし!

バックカントリースキーの魅力にどっぷりハマって、上級者向けのツアーに参加できる日もそう遠くないかもしれません。

■ 基本情報
【有限会社フォレスト&ウォーター】神楽・みなかみバックカントリーツアー
・所要時間:約7時間
・対象年齢:高校生以上
・料金:9500円
・持ち物:スキーする服装・装備(レンタルする場合は要予約)

いつもとひと味違ったスキーを!

自然を相手にするスポーツなので、安全には十分注意しすることが必須のバックカントリースキーですが、その分楽しさはひとしおです。

日本屈指の豪雪地帯である南魚沼・津南エリアで、ふわふわの新雪の中を颯爽と滑って、今までのゲレンデスキーとはひと味違った体験をしてみてはいかがでしょうか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、南魚沼・津南エリアで体験できるバックカントリースキーのツアーを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

■関連記事■

この冬体験したい!人気エアーボードツアーを紹介【東海編】

今年の冬はエアーボードに決まり!エアーボードができる群馬のおすすめツアー

水上のエアーボード後に行きたいおすすめ宿泊施設5選

北海道の自然をゆっくり味わうなら富良野のスノーシューイングがオススメ

秋冬の外遊びを快適にサポート!コールマンの新作アウトドアグッズを紹介

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yasuko

yasuko

東京生まれ、海外育ち。小さい頃からいろんなスポーツをやりながら育ち、今は3人の子供たちと一緒に「そとあそび」を楽しんでます。