初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

白馬

バックカントリースキー・スノーボード後に行きたい宿泊施設5選【白馬編】

2015.10.21
冬のスノーアクティビティの人気エリアである白馬。最近では首都圏からのアクセスも良くなった白馬エリアでバックカントリースキーにチャレンジしてみませんか?

長野県白馬エリアは、県内北西部の北アルプス山脈の麓に位置しており、夏は避暑地として有名な地域です。その自然の豊かさから、一年を通して数多くのアウトドアレジャーを体験する事ができます。

特に冬場は気温がぐっと低くなるため、山々の雪質もとても良い状態で滑る事ができますので、長野オリンピックの会場となったゲレンデもあるほどです。

今年の冬は、今まで経験した事のないようなパウダスノーに出会えるバックカントリースキー・スノーボードを体験してみませんか?

その後は白馬の景色を楽しみながら温泉でほっこりしませんか?

今回は、バックカントリースキー・スノーボード後に行きたい宿泊施設5選をご紹介します。

ホテル白馬:北アルプスを一望できる

ホテル白馬は、大楢川沿いにたたずむリゾートホテルです。全客室の窓からは北アルプスの雄大な自然を眺める事ができるので、ホテルにいながら白馬の自然を感じる事ができます。

また、温泉は姫川から湧き出る「白川姫川温泉」は保温力に優れているお湯なので、冬の冷えた身体を芯から温めてくれます。客室からもお風呂からでも白馬の雄大な景色を堪能できるホテルです。

■基本情報
名称:ホテル白馬
住所:長野県北安曇郡白馬村北城 5470−1
TEL:0261−72−4444

みなみ屋:四季折々の懐石料理を味わえる

photo by みなみ家

photo by みなみ家

みなみ屋は、割烹旅館として食事にこだわりを持っています。地元の食材を使用した懐石料理を一品ずつゆっくり食する事ができます。また、お水は全て白馬山麓の伏流水ですので身体の中も綺麗になれそうです。

温泉は、樽風呂や岩風呂が男女入れ替え制で入れたり、サウナ付き貸し切り風呂もありますので様々な浴槽を楽しみたい方におすすめです。

■基本情報
名称:割烹旅館みなみ屋
住所:長野県北安曇郡白馬村北城3026−26
TEL:0261−72−8008

白馬東急ホテル:「北アルプスの迎賓館」と呼ばれるリゾートホテル

白馬東急ホテルは、北アルプスの大自然の中に佇むヨーロピアン調のリゾートホテルです。その客室は自然の景色としっくりなじむ雰囲気ですので、気分もゆったりと寛げる空間になっています。

お料理では、地元の旬の食材を生かした本格的なフレンチコースや日本懐石料理が堪能できます。大自然の中で温泉と共にお料理でも、日常とは違う特別な時間を過ごす事ができそうです。

■基本情報
名称:白馬東急ホテル
住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城4688
TEL:0263−72−3001

白馬樅の木ホテル:ホテル独自のイベントが多彩

白馬樅の木(もみのき)ホテルは、様々なゲストに対応できるようにと洋室や和室の他、ファミリータイプや和洋室など様々な客室が用意されています。

他にもスタッフが同行する「早朝自然散策ツアー」や、専属山岳ガイドによる夕食後の「高山植物スライド上映会」などホテル独自のイベントが多いので、楽しい時間を過ごす事ができます。

■基本情報
名称:白馬樅の木ホテル
住所:長野県北安曇郡白馬村北城4683−2
TEL:0261−72−5001

白馬しろうま荘:温もりを感じられる老舗温泉宿

白馬しろうま荘は、アットホームな雰囲気の中でかけ流しの天然温泉やお料理を堪能できるお宿です。特にお料理は代々受け継がれている女将の郷土料理が楽しめるので、白馬の味の歴史も知る事ができそうです。

八方温泉は、「美人の湯」と言われている強アルカリ性の温泉ですので、お肌がすぐにツルツルすべすべになります。保温性にも優れているので入浴後も身体がぽかぽかで、いい事尽くめです。

■基本情報
名称:白馬しろうま荘
住所:長野県北安曇郡白馬村八方5004
TEL:0261−72−2121

白馬の宿泊施設はいかがでしたか?白馬でたっぷりバックカントリーを楽しんだ後は、ツルツルすべすべになれる白馬の天然温泉と地元の美味しいお料理でリフレッシュしてみてください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、白馬でできる様々なアクティビティをご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ryoko

ryoko

夏はサーフィン、冬はスノーボード、たまに釣りを楽しむ二児の母です。これから家族でキャンプを極めたいなと思案中。