初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

関東

【関東】シルバーウィークはココに決まり!お出かけスポットベスト25

2017.08.07
夏休みも終わって、一息…と言いたいところですが、秋にも楽しいシルバーウィークが待っています!今回は関東圏にある日帰りスポットと、おすすめレジャーをランキング形式でご紹介!楽しい思い出作りに役立ててください。

真夏の猛暑も落ち着き、シルバーウィークの時期はまさにお出かけ日和の気候。

この夏遊び足りなかった人、遊びつくした人にも、ぜひお出かけしていただきたい!おすすめの観光スポット25カ所を、今回はそとあそび調べによるランキング形式で大公開します。

周辺のおすすめレジャーの情報もあわせて紹介している必見の保存版ですよ!

第25位 【東京】塩船観音寺

photo by PIXTA

塩船観音寺は若狭国の人魚の肉を食べ、永遠の命を得た八百比丘尼(やおびくに)が一寸八分の紫金の観音像をこの地に安置したのが始まりといわれている歴史の深い寺院。本堂は室町時代に建立されたもので、現在も使用されています。

花に囲まれた寺としても人気で、5月にはつつじが満開になり見事な風景に!9月・10月は萩の花や彼岸花が咲き、美しい秋の情緒を感じることができます。

塩船観音寺
  • 東京都青梅市塩船194
  • 0428-22-6677

・アクセス:JR「青梅線河辺駅」下車、西東京バス・都バス「塩船観音入口」下車→徒歩10分
・御祈願受付時間:9:00〜12:00、13:00〜16:00
・休業日:無休
・料金:無料(つつじ祭の期間中のみ入山料あり)

周辺のおすすめレジャー

青梅は秩父の自然の恵みいっぱいの奥多摩のエリア。体験できるレジャーがたくさんあります。

特に多摩川上流は透明度が高く、川遊びが人気!カヤックでの川下りはもちろん、4~11月にかけては、複数人でひとつのボートに乗り急流を下っていくラフティングや、自分の足で渓谷を散策するキャニオ二ングなども盛んに行われています。

第24位 【東京】21_21 DESIGN SIGHT

東京・六本木にある東京ミッドタウン施設内にある「21_21 DESIGN SIGHT」は、日常的なものごとに改めて目を向けて、デザインの視点からさまざまな発信と提案を行っていく場として生まれました。

展覧会やワークショップなどさまざまなプログラムで、見るだけでなく自らの体験を通してデザインの楽しさや奥深さを知ることができます。

今年は10月1日まで、「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」を開催中。世界中の「なんでそこまで?!」という規模で作られた、驚きの作品たちを知ることができます。

ぜひ21_21 DESIGN SIGHTで、日常にある隠れたアート作品を楽しんでみては?!

21_21 DESIGN SIGHT
  • 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
  • 03-3475-2121

・アクセス:都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7、8番出口より徒歩5分
・開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)
・閉館日:火曜日、年末年始
・入館料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料

第23位 【群馬】榛名神社

photo by PIXTA

シルバーウィークにどこかパワースポットを訪れたいとお考えなら、群馬の榛名神社がおすすめ!国の重要文化財に指定されている境内は厳かな雰囲気で、そこにいるだけでパワーをもらえそう。

榛名神社で御朱印いただいてきました

A post shared by ばた (@batatoyo) on

鳥居から本堂まで歩いて15分ほどの道のりは杉の大木や滝など自然に囲まれており、歩いているだけで楽しめます。水につけると文字が浮かび上がる珍しいおみくじもあり、訪れた際にはぜひ引いてみましょう!

榛名神社
  • 群馬県高崎市榛名山町849
  • 027-374-9050

・アクセス:JR「高崎駅」西口よりバスに乗り「榛名神社前」下車、徒歩15分
・営業時間:7:00~18:00 ※冬季は17:00まで
・定休日:無休
・料金:無料

第22位 【栃木】道の駅 うつのみや ろまんちっく村

東京ドーム10個分の広大な敷地をもつ「道の駅 うつのみや ろまんちっく村」。滞在体験型ファームパークをうたっており、体験農場やドッグランをはじめ、温泉やプール、宿泊施設まで備えた大規模な道の駅になっています。

道の駅の定番、農産物の直売所や地産の食材を楽しめる場所も充実しており、野菜が安くて美味しいとわざわざ遠方から購入に来る人もいるほど!中でも手打ち蕎麦は絶品と評判です。

道の駅 うつのみや ろまんちっく村
  • 栃木県宇都宮市新里町254
  • 028-665-8800

・アクセス:東北自動車道「宇都宮I.C.」より車で約5分
・営業時間:8:30~18:00(一部施設により異なる)
・定休日:毎月第2火曜日(8月は無休)※冬季に施設点検のため1週間程度の休園あり
・料金:無料

第21位 【茨城】筑波宇宙センター

photo by PIXTA

筑波研究学園都市の一画にある筑波宇宙センターは、緑に囲まれた広大な敷地の中で人工衛星の開発や運用をはじめ、ロケットの開発などを行っている、日本の宇宙開発の中枢を担う重要な施設。

ここで行われているさまざまな取り組みの様子を見学でき、本物のロケットエンジンや実物大の人工衛星の展示など、時期による内容が変わる企画展示もなんと無料で楽しむことができます。

ショップでは宇宙食も販売されており、一風変わったお土産としても人気です。

筑波宇宙センター
  • 茨城県つくば市千現2-1-1
  • 029-868-5000

・アクセス:つくばエクスプレス線「つくば駅」よりバスに乗車、「物質材料研究機構」下車、徒歩1分
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:不定休
・料金:無料(ガイド付きの施設見学ツアーは有料)

周辺のおすすめレジャー

筑波宇宙センターの北側には筑波山があり、自然豊かな環境が広がっています。周辺のレジャーなら、絶景を楽しめるパラグライダーがおすすめ。

つくば駅から送迎サービスを行っているスクールもあるので、観光の帰りに気軽に参加できます。

つくば駅から車で1時間ほどの桜川ではホーストレッキングも体験可能。シルバーウィークは馬に揺られながらの森林浴にもぴったりの季節ですよ!

第20位 【東京】根津美術館

photo by PIXTA

根津美術館は都心にありながら、閑静な雰囲気の中で国宝や重要文化財を鑑賞できる貴重な美術館。そのほとんどが、東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎のコレクションとなっています。


施設内に広がる庭園は、四季折々の表情が楽しめます。庭園内にはカフェもあり、美しい緑の風景を眺めながら一息…美術品と庭園、目の保養にはぴったりのスポットです。

根津美術館
  • 東京都港区南青山6-5-1
  • 03-3400-2536

・アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」より徒歩8分
・開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
・閉館日:月曜日・展示替期間・年末年始 ※ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日
・入館料:(特別展)一般1,300円 高校生以上1,000円、(コレクション展)一般1,100円、高校生以上800円

第19位 【群馬】華蔵寺(けぞうじ)公園遊園地

遊園地 #華蔵寺公園遊園地 #遊園地 #観覧車 #健寿 #enjoylife

A post shared by kenjunoshashin (@kenjunoshashin) on

小さいお子様連れでどこかで遊べる場所をお探しなら、華蔵寺公園遊園地がおすすめ!

なんと入園料は無料!アトラクションを楽しむには有料の「のりもの券」が必要ですが、2歳まではほとんどの乗り物が無料で遊べ、1歳からでも利用できるアトラクションがいくつかあります。

普段公園や屋内のプレイランドばかりになりがちで、マンネリ化しているママもこれならニッコリ。施設内には授乳室やオムツ替え台も充実しており、設備もばっちりです!

華蔵寺公園遊園地
  • 群馬県伊勢崎市華蔵寺町1
  • 0270-25-4478

・アクセス:北関東自動車道「波志江PAスマートI.C.」より車にて約5分
・営業時間:(3~11月)9:00~17:00、(12~2月)9:00~16:30
・定休日:毎週火曜日(祝祭日の場合は営業)、年末年始(12/29~1/1)※4月・8月は休園日なし
・料金:入園料無料 ※のりもの利用の際はのりもの券が必要

第18位 【東京】代官山T-SITE

That fasade texture are very cool @japan_architecture

A post shared by Junna (@junnasulaeman) on

秋も深まるシルバーウィーク、読書の秋を堪能したいなら代官山にあるT-SITEへお出かけしてみましょう!蔦屋書店を中心にカメラやおもちゃなど、おしゃれな雑貨を扱ったお店が集まっている落ち着いた雰囲気のスポットです。

朝市やサイン会などイベントも多く催されており、本目的でなくてもふらっと訪れて楽しむことができます。

深夜の2時まで営業しているのも魅力のひとつ。秋の夜長にゆっくりと自分にぴったりの一冊を探してみては?!

代官山T-SITE
  • 東京都渋谷区猿楽町16-15
  • 03-3770-7555

・アクセス:東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
・営業時間:7:00~26:00
・定休日:無休
・料金:無料

第17位 【栃木】那須サファリパーク

ガォー。 #那須 #サファリパーク #百獣の王 #バスツアー #激混み #肉食

A post shared by Jo Kikuchi (@jo_2o3o) on

普通の動物園も良いけれど、車で巡るサファリパークはまた違った魅力が満載!「那須サファリパーク」は都心からでも気軽に遊びに行くことができる、シルバーウィークのお出かけ先にぴったりのスポットです。

photo by PIXTA

自分の車や有料のレンタカー、大迫力の“ライオンバス”などに乗って動物たちの様子を車中から安全に観察できます。ホワイトライオンをはじめとした猛獣や、キリンやシマウマなどの草食動物など、約70種もの動物たちが広大な敷地内でのびのびと暮らしていますよ。

中でも、この時期おすすめのツアーは“ナイトサファリ”!9月・10月は毎週土曜日に開催され、30分おきに出発するバスに乗って夜のパーク内を巡ります。

昼間とはまったく違う表情を見せてくれる動物たちに驚きの連続!夜中でも、バスに寄ってくるキリンなどの草食動物にエサをあげることが可能です。

日中利用したレシートを受付時に提示すると一人当たり500円の割引サービスも。ぜひ昼と夜、両方の動物たちの様子を見比べてみましょう!

那須サファリパーク
  • 栃木県那須郡那須町高久乙3523番地
  • 0287-78-0838

・アクセス:「那須I.C.」より車にて約15分
・定休日:無休
・営業時間:【通常】8:00~17:00(平日は8:30~)※時期により異なる
・料金:【通常】中学生以上2,800円、3歳~小学生1,900円


ナイトサファリ

・開催期間:4/1~10/28の期間毎週土曜日開催(土・日・月の3連休は土・日開催) ※GWと夏休み期間は毎日開催
・開催時間:18:30~22:00 ※受付21:00まで
・所要時間:約40分
・料金:中学生以上2,400円、3歳~小学生1,800円

第16位 【群馬】たくみの里

photo by PIXTA

たくみの里は広大な敷地の中に、1つの村のようにさまざまな体験ができる”たくみの家”が点在している観光スポット。体験のほかにも見学やショッピング、日帰り温泉施設もあり、昔ながらの日本の風景を残している趣ある家々は散策をしているだけでも楽しめます。

体験は簡単なものから本格的な陶芸などさまざま。工作以外にも豆腐作りや蕎麦打ちもあり、すべて合わせると20種類以上にも及びます。

家々の間隔もかなりあるため、事前にやりたい体験を調べておいてから行くのがおすすめです。

たくみの里
  • 群馬県利根郡みなかみ町須川847
  • 0278-64-2210

・アクセス:JR上越新幹線「上毛高原駅」より車で約20分
・営業時間:9:00~17:00 ※施設により異なる
・定休日:施設により異なる
・料金:施設により異なる

周辺のおすすめレジャー

群馬のみなかみといえば、谷川岳!谷川岳は山と川、両方のレジャーを楽しめるアクティブ派必見のエリアです。

川ではカヌーはもちろん、ラフティングキャニオニングのツアーもたくさん!最近注目度がグングン上がっている、SUP(スタンドアップパドル)デビューにもぴったりです。

山では雪のないシーズンでも十分に楽しめます。ツリーイングという木登り体験を通して自然を身近に感じたり、高さ42mもある諏訪峡大橋からのバンジージャンプは紅葉の季節になるとより一層素晴らしい眺めになるのでおすすめです!

第15位 【千葉】DIC川村記念美術館

photo by PIXTA

印刷インキから始まり、現在ではさまざまな素材の製造・販売を行っている、DIC株式会社が収集した美術品を公開しているDIC川村記念美術館。そのコレクションは長谷川等伯の重要文化財から、横山大観、ピカソにレンブラントとその幅を広げ、その数は1,000点を超えています。

施設内には湖のある庭園があり、そこから見る風景はまるで西洋の風景画を切り取ったよう!湖畔にはレストランもあり、地元・千葉県の食材を素晴らしい庭を眺めながら頂くことができる癒しいっぱいの美術館です。

DIC川村記念美術館
  • 千葉県佐倉市坂戸631
  • 0120-498-130

・アクセス:「成田I.C.」より車で約30分
・営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
・定休日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始、展示替期間の臨時休館あり
・料金:展示内容により異なる

第14位 【神奈川】報国寺(竹寺)

photo by PIXTA

まだまだ残暑の残る時期には、涼しげな竹林で一服するのも素敵です。鎌倉にある報国寺は“竹寺”とも呼ばれており、禅とお茶と竹林を楽しめる寺として多くの観光客が訪れています。

拝観料200円がかかりますが、せっかくですから500円プラスして一緒に抹茶も楽しみましょう。奥深い竹林を眺めながら、ここでしか味わえない癒しのひとときを得ることができますよ。

報国寺(竹寺)
  • 神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4
  • 0467-22-0762

・アクセス:JR「鎌倉駅」よりバス(約12分)、下車徒歩3分。
・拝観時間:9:00~16:00
・定休日:無休
・拝観料:200円、抹茶(干菓子付)500円

第13位 【東京】東京ワンピースタワー

今や国民的アニメ作品である「ワンピース」。お子さんはもちろん、ワンピースファンなら必見の施設が2015年の春に東京タワーにオープンしました。

施設内にはワンピースの人気キャラクターにちなんだ体験型アトラクションや360度全方位型のスクリーンで見る迫力の映像など、あまり作品に詳しくない方でも楽しめる内容になっています。

中でも、観客参加型のライブショーは出演者の迫力の演技と光と音の演出で、まさにワンピースの世界!20秒に1回“驚き”のあるショーは必見です。

東京ワンピースタワー
  • 東京都港区芝公園4-2-8東京タワーフットタウン内
  • 03-5777-5308

・アクセス:都営大江戸線「赤羽橋駅」徒歩5分
・営業時間:10:00~22:00(最終入園は21:00)
・定休日:無休
・料金:(当日券)大人3,200円、高校・中学生2,700円、幼児・小学生1,600円

第12位 【神奈川】江の島

photo by PIXTA

湘南といえばやっぱり江の島!暑さも和らいだこの時期は江の島散策にもぴったりの季節です。日本三大弁財天が奉られている江の島神社はパワースポットとしても人気があり、連日多くの人が訪れています。

神社までの道のりは長く急な階段の道が続きますが、エスカー(エスカレーター)を使えばあっという間に楽々頂上までたどり着けます。

猫の島でも有名な江の島。途中に出会えるマイペースに暮らす猫たちに挨拶しながら自分の足で登っていくのも楽しいですよ!


江の島
  • 神奈川県藤沢市江の島

・アクセス:江ノ電「江ノ島駅」下車、徒歩14分

周辺のおすすめレジャー

湘南といえば、やっぱり海!江の島周辺のサーフィンスクールは通年営業しているところも多く、シルバーウィークでもウインドサーフィンヨットを楽しむことができます。

サーフィンのような激しい運動が苦手な方には、シーカヤックがおすすめ。いつもは湘南の海を眺めているだけの方も今年のシルバーウィークはアクティブに楽しんでみてはいかがでしょうか?!

第11位 【東京】昭和記念公園

photo by PIXTA

気持ちの良い気候の中、お出かけするならやっぱり緑豊かな公園!「昭和記念公園」は東京・立川にある国営の公園です。

広大な敷地の中は、遊具のある広場の他、バーベキューガーデンやボート乗り場、ドッグランなどバラエティーに富んでいます。さまざまな用途で楽しい時間を過ごすことができる公園として人気。

中でも、自然をテーマにしたスポットが充実しており、「トンボの湿地」や野鳥を観察できる「バードサンクチュアリ」など、お子さんと一緒に訪れたくなるものばかり!遊びの中で自然環境について学ぶことができますよ。

シルバーウィークシーズンの10月は22日と29日の2日間、無料で入園できる日があるため、その日を狙ってみるのも手です。

この時期に訪れるなら、「花の丘」はぜひとも立ち寄っておきたい場所。約15,000㎡の広大な花畑は、秋になると一面コスモスの花で埋め尽くされます。

photo by PIXTA

丘の上に立って周囲を見渡せば、感動必至の風景が!ぜひこの季節だけの絶景を堪能しましょう。

昭和記念公園
  • 東京都立川市緑町3173
  • 042-528-1751(国営昭和記念公園管理センター)

・アクセス:JR中央線「立川駅」あけぼの口より徒歩にて約10分
・開園時間:9:30~18:00 ※時期により異なる
・定休日:年末年始(12/31・1/1)、2月の第4月曜日とその翌日
・入園料:一般(15歳以上)410円、小人(小中学生)80円、65歳以上210円 ※駐車場料金は別途発生

第10位 【神奈川】カップヌードルミュージアム

photo by PIXTA

カップヌードルミュージアムはチキンラーメンやカップヌードルでおなじみの日清食品の体験型ミュージアム。創業者・安藤百福(ももふく)の創り出してきた食品たちの歴史を、アーティスティックな展示によって分かりやすく紹介しています。

世界中の麺料理を味わえるスペースや、自分自身が“麺”となり、さまざまなアスレチックで製造工程を体感できるカップヌードルパークなど、ラーメンにまつわるアトラクションばかり!

世界でひとつだけのオリジナルカップヌードルを作ることができる“マイカップヌードルファクトリー”は、行列ができるほどの人気ぶりです。

カップヌードルミュージアム
  • 神奈川県横浜市中区新港2-3-4
  • 045-345-0918

・アクセス:みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩8分
・開館時間:10:00~18:00(入館は17:00まで)
・休館日:毎週火曜日 (休館日が祝日の場合、翌日が休館日) 、年末年始
・料金:大人500円、高校生以下は無料(展示・アトラクションは別途必要)

第9位 【茨城】フォレストアドベンチャーつくば

茨城県つくばにある「フォレストアドベンチャーつくば」は、自然共生型アウトドアパーク。たくさんの木々に囲まれたアスレチックコースを全身を動かして攻略していきます!

挑戦できるコースは“アドベンチャーコース”と“キャノピーコース”の2つ。どちらも年齢や身長・体重制限がありますので、自分に合ったコースを選びます。

年齢の低いお子さんや運動が苦手な方が一緒の場合は、比較的安全性の高いキャノピーコースにチャレンジしてみましょう。

ドキドキのつり橋を渡ったり、ワイヤーを使ったスリル満点のジップスライドなど、どちらも楽しい遊びがいっぱいのコース!

暑すぎず、寒すぎないシルバーウィークのこの時期は、外で体を動かして遊ぶのにぴったり!家族や友達たちと一緒にワイワイ遊べるスポットです。

フォレストアドベンチャーつくば
  • 茨城県つくば市沼田1688
  • 090-4755-7800

・アクセス:筑波ケーブルカー「宮脇駅」より徒歩約17分
・営業時間:9:00~17:00 ※時期により異なる
・定休日:木曜日 ※祝日・学校休業期間を除く
・利用条件:コースによって異なる
・料金:(アドベンチャーコース)18歳以上3,600円、17歳以下2,600円(キャノピーコース)2,100円

第8位 【千葉】成田山 新勝寺

photo by PIXTA

その昔、平将門の乱が勃発した際に鎮まるようにと御尊像を成田に奉安し、21日間祈願をしたのち、そのまま関東を守る霊場として成田山新勝寺が開山されたと言われています。

全国でも有数の広さを誇る境内には御堂をはじめ、公園や美術館、図書館までもあり、すべてを見て回ろうとすると1日では足りないほど!

ボランティアガイドもいるので、まずは主要施設の説明を受けるのもおすすめです。

成田山 新勝寺
  • 千葉県成田市成田1番地
  • 0476-22-2111

・アクセス:京成電鉄「京成成田駅」またはJR線「成田駅」より徒歩10分
・参拝時間:24時間
・休業日:無休
・参拝料金:無料 ※霊光館、書道美術館は有料

【成田山新勝寺の詳細情報はこちら】

第7位 【神奈川】シーバス

photo by PIXTA

横浜観光の際にぜひ利用していただきたいシーバスは、横浜駅東口からみなとみらい、ピア赤レンガを経由して山下公園に到着する船。

人気の観光地である横浜はシルバーウィークも人でいっぱい!シーバスなら渋滞知らずで悠々と主要観光スポットへ向かうことができます。

横浜駅から山下公園直行便もありますが、各停泊所の周辺の景色を見ながらのクルージングがおすすめ。この時期は気候もちょうどいいので、シーバスデッキから気持ちの良い風を感じてみましょう!

シーバス
  • (山下公園のりば)神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
  • 045-671-7719

・アクセス:(山下公園のりば)みなとみらい線「元町・中華街駅」4番出口から徒歩約5分
・料金:行先によって異なる

第6位 【埼玉】埼玉県営大宮公園

photo by PIXTA

「シルバーウィークはやっぱり、運動をして過ごしたい!」そんな方にぴったりの埼玉県営大宮公園は明治18年に氷川公園の名称で誕生し、同31年には県営となった、現在ある県営公園の中では一番長い歴史を持っている公園。

園内には陸上競技場や体育館、サッカー場などがあり、体を動かす目的で多くの人が訪れています。中央には池ではボートも楽しむことができたり、ランニングコースもあるので、軽い運動にも最適!

大宮では盆栽祭開催中

A post shared by Yasutaka Komori (@yasutaka_komori) on

無料の小動物園もあるので、家族ならピクニック気分でお出かけするのにもおすすめです。


埼玉県営大宮公園
  • 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4丁目
  • 048-641-6391

・アクセス:東武野田線「大宮公園駅」または、「北大宮駅」から徒歩10分
・営業時間:施設により異なる
・定休日:無休 ※ただし、小動物園は原則として月曜日、12/29~31
・料金:無料

第5位 【千葉】マザー牧場

photo by PIXTA

関東でも屈指の有名観光スポット「マザー牧場」。

ヒツジや馬、アルパカなどたくさんの動物たちと触れ合えるほか、さつまいも堀りやチーズ&バター作りなどの体験ができる工房など、牧場の新鮮な空気の中のんびりと楽しい時間を過ごすことができます。

シルバーウィークの時期に遊びに行くなら、花畑は要チェック!初夏から9月中旬の間は鮮やかなピンク色の花を咲かせるペチュニアの一種“桃色吐息”が一面に咲き誇り、夢の世界のような風景を楽しむことができます。

photo by PIXTA

9月上旬からは真っ赤なサルビア、10月にはコスモスも開花。9~10月は、マザー牧場の花畑にとって、最も賑やかな季節といえます。素敵な写真を収めたいとお考えの方にはぜひ立ち寄っていただきたいおすすめのスポットです。


マザー牧場
  • 千葉県富津市田倉940-3
  • 0439-37-3211

・アクセス:JR「佐貫町駅」より路線バスにて約25分
・営業時間:(土日祝)9:00~17:00、(平日)9:30~16:30 ※時期により異なる
・休園日:2017年12月11~15日、2018年1月9~12日、1月16~18日
・料金:大人(中学生以上)1,500円、小人(4歳~小学6年生)800円 ※駐車料金は別途発生

第4位 【千葉】酒々井プレミアムアウトレット

2013年の4月にオープンした酒々井プレミアムアウトレットは成田空港より約15kmと近く、成田空港から直行バスも出ているので、空港からの行き帰りに立ち寄るのにぴったりのアウトレット。施設内は休日でもあまり混雑しておらず、快適に買い物ができると評判です。

子ども向けの遊び場も2か所設置されており、どちらもカフェの隣というファミリー層にも配慮が感じられるレイアウト。

シルバーウィークでも混雑なしで気持ちよく買い物がしたい方におすすめのショッピングスポットです。

酒々井プレミアムアウトレット
  • 千葉県印旛郡酒々井町飯積2-4-1
  • 043-481-6160

・アクセス:「酒々井I.C.」より約1km
・営業時間:10:00~20:00
・定休日:年1回(2月第3木曜日)

周辺のおすすめレジャー

千葉ののどかな自然の中でのホーストレッキングがおすすめ。レストランやカフェが併設されているクラブハウスが多く、ランチ付きのお得なコースやBBQオプション付きなどのツアーに参加すれば、運動と食欲の秋の両方が一緒に楽しめます。

少し足をのばして九十九里浜まで行けば、サーフィンも体験可能!未経験でもあっという間に波乗りを楽しめるようになれちゃいます。

第3位 【栃木】ツインリンクもてぎ

photo by PIXTA

モータースポーツをテーマにしたアミューズメント施設「ツインリンクもてぎ」。乗り物好きのコアなファンしか楽しめないスポットというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません!

ツインリンクもてぎは、レース場の他に、アスレチックパーク、遊園地、ミュージアム、さらにはキャンプ場やホテルまで備えられた、幅広い層が楽しめるオールマイティーなスポット。

乗り物をテーマにした遊園地では、小さなお子様から利用OKの乗り物から本格的なレーシングカートまで用意されています。写真付きのオリジナルライセンスカードも作成してもらえて、ドライバーに憧れるちびっ子たちはハイテンション間違いなしです!

大手自動車メーカー・ホンダの歴史を貴重な資料とともに見学できる「Honda Collection Hall」や、リッチなキャンプ・グランピングも楽しめるキャンプ場「森と星空のキャンプヴィレッジ」など、大人だけでも楽しめる施設も充実。

photo by PIXTA

豊かな緑に囲まれたフィールドで颯爽と乗り物を乗りこなし、ツインリンクもてぎを遊びつくしちゃいましょう!

ツインリンクもてぎ
  • 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
  • 0285-64-0001

・アクセス:JR「宇都宮駅」よりバスにて約90分
・営業時間:9:30~18:00 ※時期により異なる
・定休日:不定休
・入場料金:大人(高校生以上)1,000円、小人(小中学生)500円、幼児(3歳~未就学児)300円 ※駐車料金が別途発生

第2位 【神奈川】箱根彫刻の森美術館

photo by PIXTA

天気の良い日に行きたい美術館といえばやっぱり、箱根彫刻の森美術館!室内の展示はもちろん、緑が美しい敷地の中に点在する作品たちを散策しながら鑑賞できるところも、他の美術館にはない魅力のひとつです。

夏の恒例イベントとなっている、Tシャツ専門店「Desigh Tshirts Store graniph」とのコラボ企画、“グラニフX”では、アート作品をプリントしたオリジナルTシャツを展示・販売中!

10月4日まで開催予定となっているので、気になる方は9月のシルバーウィークがラストチャンスですよ!

箱根彫刻の森美術館
  • 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
  • 00460-82-1161

・アクセス:箱根登山鉄道「彫刻の森駅」下車、徒歩2分
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:無休
・料金:一般1,600円 大学生・高校生1,200円 小・中学生800円

第1位 【栃木】日光国立公園

photo by PIXTA

秋の日光国立公園はまさにハイシーズン!中禅寺湖や華厳の滝、竜頭の滝など紅葉の名スポットが目白押しです。湿原が広がる戦場ヶ原周辺の植物たちにも紅葉が見られ、紅葉樹以外でも秋の変化を楽しむことができます。

公園内のおすすめスポットは半月山を300mほど下ったところにある半月峠!正面に男体山、眼下には中禅寺湖、遠くには戦場ヶ原と1度にすべてを眺めることができる場所で、紅葉の時期には息をのむほどの絶景が広がります。

日光国立公園
  • 栃木県日光市
  • 0288-54-1076(日光国立公園管理事務所)

・アクセス:JR「日光駅」あるいは「黒磯駅」より、東野交通バス「那須湯本」下車

周辺のおすすめレジャー

日光・中禅寺湖では美しい紅葉と一緒にカヤックを楽しむことができるツアーも催行されており、湖畔からの景色とはまた違った視点から秋の彩りを鑑賞できるこの時期おすすめのレジャーです。

少し北へ行けば鬼怒川も流れており、ラフティングキャニオニングカヌーツアーで鬼怒川渓谷の絶景も楽しむことができますよ!

まとめ

いかがでしたか?!シルバーウィークの時期は気候もちょうどよく、何をするにも楽しめるので行楽にぴったり。気になるスポットがありましたら、お出かけしてみてくださいね!

第1位に輝いた日光国立公園は、自然を楽しめるアクティビティが豊富にある、そとあそびが特におすすめするお出かけスポットです。紅葉を楽しんだ後はぜひ体を動かして遊びましょう。

ランキング中にご紹介したアクティビティはすべて「そとあそび」から直接予約申し込みができます。そとあそび限定の予約特典のあるツアーもありますので、連休の予定を立てる際にはチェックをお忘れなく!

(編集部注*2016年8月24日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

kaneko

kaneko

Outfitterライター。水泳をきっかけにスキューバに関心を持ち、そこからスノーボード、ランニングと陸上に移行。現在はボルダリング、クライミングを勉強中。自分の記事が新しいことに興味を持つきっかけになれたら嬉しいです!

ツアーを予約する