初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

東京都

東京最大級の公園予定地「海の森」にて音楽イベント「TOKYO ISLAND」が7月20日に開催!

2015.07.17
まだ正式な住所も決まっていない、公園予定地で行われる入場無料の音楽イベント

まだ正式な住所も決まっていないお台場の先にある公園予定地、「海の森」。

その一角を使用して、入場無料の音楽イベント「TOKYO ISLAND」が2015年7月20日(月・海の日)に開催されます!!

会場となる海の森公園予定地は、東京港にあるゴミと建設発生土による埋立地。現在、そこに苗木を植え、数万人が立ち入ることが可能な巨大な森を作る「海の森プロジェクト」が進められています。

2020年に開催される東京オリンピックでは馬術や自転車、カヌー、ボート競技の会場として使用される予定で、巨大な緑地になる海の森が完成することにより、都市部の緑地化や地球温暖化防止などの環境保全につながるといいます。

まだ公園が完成していない今年はプロローグとして開催

VIVA LA ROCKやKESEN ROCK FESTIVALなど多くの音楽フェスティバルに携わってきた鹿野淳氏が「TOKYO ISLAND」のプロデューサーとして携わります。数組のアーティストとDJが出演し、2000人規模の集客を予定しての開催だそう。

さらに来年以降の公園完成後には、音楽に限らず、映画、スポーツ、マンガ、ファッション……さまざまなカルチャーを集結させた“東京でしか実現しない”フェスティバルを開催する計画なんだとか。今後の動向が見逃せません…!

今回出演が決定したのはCaravanや神聖かまってちゃん、SPECIAL OTHERS ACOUSTIC、戸渡陽太、まらしぃ、吉田ヨウヘイgroup、LILI LIMIT、宍戸翼(The Cheserasera)と、それぞれ異なったジャンルで注目されているアーティストたち。また、片平実(Getting Better)に加え、角舘健悟(Yogee New Waves)がDJとして参加が発表されました。

音楽フェスティバルやロックフェスティバルではなく、カルチャー・フェスであることにこだわっているという「TOKYO ISLAND」。今まで東京にはなかった、新しいカルチャー・フェスティバルが生まれる瞬間となるかもしれません。

会場には日よけテントなどの用意はなく、行く際には帽子やタオルなど、日焼けや熱中症対策が必須です。また、エリアによってレジャーシートの使用が可能となっています。

建設中の公園のため、土砂、斜面などで歩きづらい箇所や水はけが悪い箇所があるので、スニーカーや長靴など歩きやすい靴の対策と、カッパ等の雨具の用意も忘れずにしておきたいですね。

当日は有料のソフトドリンクやビール、キッチン・カーによるフードも出店予定。終演は日没(18時頃)までとなっています。

駅から会場までの徒歩、車、自転車でのアクセスは出来ないのため、専用シャトルバスチケットのご購入を忘れずに。

ディズニーランドから東京スカイツリー、そしてお台場の全景から背後の東京の街並み…パノラマ感溢れる絶景が楽しめる海の森で、音楽と共に日が暮れるまで楽しんでみてはいかがでしょうか?

そのほか、アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、東京都で体験できるアクティビティも紹介しています!ぜひ、見てみてくださいね!!

■TOKYO ISLAND(トーキョー・アイランド)
日時:2015年7月20日(月・祝)海の日※雨天決行・荒天中止
開場 11:00/開演 12:00 終演 18:00 頃(日没前予定)
料金:入場無料(シャトルバス利用料別)
アクセス:シャトルバスのみ
※発着所は東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)青海駅のみ
会場:海の森公園予定地
主催:TOKYO ISLAND実行委員会
共催:東京都港湾局
問合せ先:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)
詳しくは公式ホームページをご覧ください
TOKYO ISLAND http://tokyoisland.tokyo/2015/index.html

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

sotoasobi

sotoasobi

アウトドア・レジャー専門の予約サイト『そとあそび』が運営しています。自然との関わりを楽しむ人を増やしたいという想いを持って、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

ツアーを予約する