初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.7.8

ワカサギ釣りを楽しむなら「道具」と「餌」がポイント!

ワカサギ釣り体験で重要な「道具」と「餌」。今回はワカサギ釣り初心者の方のために、おすすめの道具の選び方や餌の種類・使い方をご紹介します。こちらの記事を参考にワカサギ釣りデビューをしてみましょう!

今回はワカサギ釣り初心者の方のために、基本的な道具と餌について解説!

ワカサギ釣りに挑戦してみたいけど、「どんな道具が必要なんだろう?」「餌は何を使うの?」といった疑問に答えていきます。さらに、初心者の方に優しいワカサギ釣り体験ツアーも紹介しますので、記事の最後まで要チェックですよ!

ワカサギ釣りとは

ワカサギ釣りは普通の川釣りや海釣りとは異なり、氷の上に穴をあけて釣りを楽しむスタイル。湖が氷結する前には、ビニルハウスのような形をしたドーム船でもワカサギ釣りを満喫できます。

そして、なんといってもワカサギ釣りで重要なポイントは「道具」と「餌」!それでは、早速「道具」と「餌」について詳しく解説していきましょう。

道具1:竿

釣り道具として欠かせないものといえば「竿(さお)」。ワカサギ釣りにおいて竿は一本が基本で、全長30cm~40cmほどの短めの竿がおすすめ!

ドーム船でも氷上でもスペースが限られているので、短めの竿一本が初心者にとって扱いやすいと言えるでしょう。感度の良さから竿先はなるべく柔らかいものを選ぶと良いですよ♪

代表的な竿の種類として「手ばね竿」・「手巻きリール」・「電動リール」があります。手ばね竿は手で糸を手繰る竿なので、抵抗のある初心者の方には手巻きリールや電動リールの方がおすすめ。手巻きリールや電動リールの場合は小型で軽量のものを選びましょう。

いきなり竿を買うのはちょっと‥‥という方は、釣り場にレンタルがないか確認してみてくださいね。まずは釣りを体験してみて、気になったら自分好みの竿を探すのもアリですよ!

道具2:仕掛け

ワカサギを捕まえる仕掛けは「糸」と「針」からなります。糸はナイロン製の0.6号~0.8号程度が扱いやすいと言われていて、30m程度の長さで十分。

針は釣具店で「ワカサギ用」として売られているものを用意しましょう。針の本数が5本針~15本針と種類があり、初心者の方や子どもには「5本程度(~7本)」がおすすめ。

針の本数が多いと仕掛けが絡んだり、服に引っかかったりといったトラブルの原因になってしまうことも。慣れてきたら少しずつ針の本数を増やしていきましょう!

道具3:オモリ

仕掛けを水底に沈めるために必要なオモリ。初心者の方には「1号・2号のナス型オモリ」がおすすめ。仕掛けの一番下に取り付けましょう。

1号の方が軽いので、感度が良く小さな魚の食いつきでも分かります。一方、特別深い場所、流れや水中にうねりがある場所ではより重い2号が有効。それほど高くないので、いくつか買って予備も準備しておくと安心です。

その他にも餌を切るための「ハサミ」や仕掛けやハサミをしまっておく「小物入れ」も用意すると便利ですよ♪

餌は赤虫と紅サシが基本

ワカサギ釣りを成功するためには「餌」も重要なポイント。餌が多様化してきている中でシーズン始まりの頃は「赤虫」、晩秋以降の水温が低い季節では「紅サシ」・「白サシ」が多く使用されます。赤虫は仕掛けに付けるのに少々コツを要するので、初心者の方には「紅サシ」がおすすめです!

餌の量は一人一袋あれば十分。レジャー目的で一日中釣りを楽しむのではないなら、二人で一袋でも足ります。紅サシは紫外線を当てると白くなってしまうので、暗所で保管することをお忘れなく!

紅サシは仕掛けの針に刺した後、ハサミで尻尾側を少し切ってエキスを出すようにすると、ワカサギを誘うには効果的。また餌の量に不安がある場合は半分に切って使用しましょう。ワカサギは新鮮な餌を好むので、色が薄くなったりふやけたりしてきたら餌の交換を!

餌(虫)に抵抗がある方のために・・・

ワカサギ釣りには活きた餌を使用するのが一番良いですが、虫を触るのにどうしても抵抗があるという方は加工餌を利用しましょう。

例えば「紅雪」というワカサギ釣り専用のものがあり、ゆっくり染み出るエキスの効果でワカサギを引き寄せるそう。寒冷地対応タイプで、氷上でも凍らないそうです。

おすすめワカサギ釣り体験ツアーのご紹介

道具や餌を準備するのは面倒くさい、初めてでどう準備したら良いか分からないという方には、ツアーがおすすめ。煩わしい準備をする必要もなく、手軽にワカサギ釣り体験ができちゃいますよ♪

北海道・南富良野(かなやま湖)ワカサギ釣り

北海道富良野で楽しむワカサギ釣りは「かまやま湖」が舞台。氷上釣りで、その場で釣ったワカサギを天ぷらにして楽しめます。

釣りに必要な道具は全てレンタルしてくれ、レンタル料金は参加料に含まれています。防寒対策だけして行くのみです!しかも、富良野市内から無料送迎バスも出してくれるので便利ですよ♪

■ 基本情報
・名称:ガイドラインアウトドアクラブ 北海道・南富良野(かなやま湖)ワカサギ釣り
・集合場所:北海道空知郡南富良野町字幾寅 「南ふらの道の駅」※南ふらの物産センター・エントランスロビー集合 ※送迎により変動あり
・集合時間:8:00/12:30 ※集合場所により変動あり
・開催期間:12月中旬〜3月下旬 ※湖の凍結・水位状況によって変動あり
・対象年齢:5歳以上
・料金:5,400円~
・所要時間:約2時間15分

福島県・桧原湖(ひばらこ)ワカサギ釣り

福島県桧原湖で楽しむワカサギ釣り体験は、湖が氷結前でもドーム船でワカサギ釣りを楽しめます。氷結後には釣り小屋で氷上穴釣りが楽しめますよ!

こちらももちろん必要な釣り道具一式は全てレンタルしてくれ、参加料金にレンタル料込み。地元在住のガイドが釣り方をレクチャーしてくれるので、初心者の方でも安心して参加できますよ♪

■ 基本情報
・名称:アウトドアスポーツクラブ バックス 桧原湖ワカサギ釣り
・集合場所:福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093-955 バックスわかさぎ店
・集合時間:8:30/12:00
・開催期間:11/1~3月下旬(氷が融けるまで)
・対象年齢:小学1年生以上
・料金:5,600円~
・所要時間:約3時間15分ほど

ワカサギ釣りに大切なポイントである「道具」と「餌」の解説はいかがでしたか?ワカサギ釣りに初めて挑戦したいという方は、ガイドもいて特別な準備も必要がない体験ツアーが一番気軽に始められるのでおすすめ。慣れてきたら、自分好みの道具を揃えていくのも楽しいと思いますよ!

レジャー・アクティビティの予約サイト「そとあそび」ではワカサギ釣り以外にも春夏秋冬で楽しめるレジャーを多数ご紹介!旬なレジャーを検索するのにぜひ、利用してみてください。

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

chiba

chiba

近くの公園から山登りまで自然と触れ合うのが好き。国内外、旅行して自然の写真をよく撮ります。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび