初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.7.4

初心者のためのトレッキング基本情報ガイド

トレッキング初心者が知っておきたい、安全に楽しめるトレッキングの基本情報やスポットをご紹介♪大自然の中を、思い思いの楽しみ方で歩いていくトレッキングは、若い女性ファンも増えています。
photo by taka

photo by taka

「さぁ、トレッキングに出かけよう!」

大自然の中を、思い思いの楽しみ方で歩いていくトレッキングは、近年、若い女性からの支持も得て大人気です♪

登山はちょっと敷居が高いなと思われる方も大丈夫!今回は、トレッキング初心者が知っておきたい、安全に楽しめるトレッキングの基本情報や、手軽に楽しめるトレッキングスポットをご紹介します!

ぜひトレッキングに行かれる際にお役立てください♪

そもそもトレッキングとは?

photo by EN

photo by EN

トレッキングとは「山歩き」のことです。「山歩き」というと「登山」という印象が強いですが、「登山」は山頂を目指して登っていくことが目的です。

一方トレッキングは、山の中を歩きながら散策するようなイメージです。山頂を必ずしも通らないという訳ではなく、「登山」よりも自由に自分の好きな目的で「山歩き」を楽しむことができます。

トレッキングの楽しみは様々。樹齢何年物の大木を見られるとか、その時期だけ咲くめずらしい花を見つけるとか、森に住む動物に出会ったり足跡をたどってみたり。川や滝、大きな岩組みなど見ごたえのある渓谷美に感動するなど、本当に行って良かったと感じるはずです!

大自然の中に入って新たな感動や発見ができること。トレッキングは、日頃の疲れをリフレッシュするのにもってこいのアクティビティなんです!

初心者のためのトレッキング基本装備

初心者にとって悩ましいのが、服装や持ち物についてです。値段は様々ですが、まず下記のものを揃えましょう。

1.トレッキングシューズ

photo by キャラバン(Caravan)C1_02S(30.0 440ブラウン): 登山・アウトドア用品登山用品・アウトドア用品の通販専門店 好日山荘

photo by 好日山荘

トレッキングの際はぜひトレッキング専用のシューズを履いていきましょう。

山の斜面を歩く場合、普通の運動靴では、足首などの保護が不十分だったり滑りやすかったりして、思わぬケガのもとになります。

トレッキングシューズは、ハイカットのものを選ぶと良いでしょう。歩き続けても疲れにくく、足首がしっかりと固定されているため捻挫などのリスクも減ります。

靴選びはとても重要です。長時間履くものですからサイズだけで判断せず、ぜひお店で実際に履いてみて選ばれることをおすすめします。

2.トレッキングポール(ステッキ)

photo by シナノ(SINANO)フォールダー FREE AL125 / カラー:ブルー(ブルー): 登山・アウトドア用品登山用品・アウトドア用品の通販専門店 好日山荘

photo by 好日山荘

トレッキング専用の杖です。使わなくても大丈夫と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これを使うことで、転倒の危険を減らし、疲労を軽減させることができます。初心者のうちは体も疲れやすいもの。ぜひ持っておいた方が良いでしょう。

トレッキングポールは伸縮自在のものが多く、自分の身長に合わせて使うことができますよ。

3.レインウェア

m_k_1128297_prbl

photo by モンベル

山の天気は変わりやすいもの。「さっきまではあんなに晴れていたのに!」という苦い体験をした方もいらっしゃるかもしれません。

レインウェアは雨が降ってきた時だけではなく、防寒具としても重宝します。たとえば風が強い時は、ウィンドブレーカーの役割を果たし、体温を保つことができます。軽いのでザックに入れても負担になりません。

レインウェアを選ぶポイントは、上下が分かれたセパレートタイプであること、“防水性”と“透湿性”が高い素材を選ぶことです。たとえば GORE-TEX、e-Vent 、Polartec、Pertexなど、年々使いやすい素材が開発され、超軽量のものやストレッチタイプも発売されています。

レインウェアを着るとどうしても汗をかきます。汗で風邪をひいてしまっては大変!快適な服装であれば、初心者も安心してトレッキングデビューを楽しめるはずです♪

4.ザック(リュックサック)

両手が使えるようにするには、持ち物をひとまとめにできるザックが必需品です。選ぶポイントは、容量と疲れにくさです。

荷物は、夏の短時間のトレッキングの場合、比較的少なくて済むので、普段使っている20Lのサイズのものを使用することも考えられます。しかし山の装備を入れるとなると、少し大きめの25~30Lくらいのものが安心です。

春・秋の場合は寒暖の差が激しいので、防寒用衣類も必要になってきます。また、1泊2日のトレッキングを今後検討されている方は、普通の2泊3日の旅行で使用するような35~40Lくらいのサイズを購入しておくと良いでしょう。

下記に持ち物リストを記載していますので、お手持ちの衣類などによって調整してください。

<持ち物リスト>
・タオル
・水筒(1~2L ※入れる飲み物がお茶などの場合、水もあるとケガをした時などに重宝します)
・レインウェア(セパレートタイプ)
・帽子
・手袋
・靴下
・下着
・中間着(長袖)
・防寒着
・ヘッドライトの替え電池
・時計
・登山用地図や地形図
・コンパス
・常備薬
・虫よけ
・ホイッスル
・救急セット(ばんそうこう、消毒液、ガーゼ、包帯、トゲ抜きなど)
・保険証
・カメラ
・食べ物(あめ、チョコレート、おにぎりなど)
・ごみ袋
・ティッシュやトイレットペーパー(口が閉まるタイプのビニール袋に入れておくと湿らず便利です。トイレットペーパーは芯を抜いておくと潰せるのでかさばりません)
・着替え(山から下りた時用)

ザックは利便性や耐久性などにおいて専用のものに越したことはありません。レインカバーがあったり、軽くて疲れにくい、破れにくいといった工夫がしてあったりします。とくに、胸と腰の位置で留められるタイプのザックは、疲れにくくおすすめです。

また、ポケットが多いものはすぐ取り出したいものを仕分でき、ストレス無く使用できます。荷物の入れ方は、軽いものが下、重いものが上です。こうすると、重量感が軽減され楽に持ち運びできますよ。

専門店などでは、お願いすればオモリを入れて背負わせてくれる店もあります。実際のフィット感を確かめ、長時間背負っていても疲れにくいものを選んでくださいね。

5.ヘッドライト

photo by モンベル

photo by モンベル

日帰りのトレッキングでも、ヘッドライトは必要です。道に迷ってしまったり、つい長居してしまったりして予定が遅れてしまった場合、山中は一気に暗くなり、ライトが無いと動けなくなってしまいます。

薄暗い時の移動では、足元がよく見えず捻挫してしまったり、周りが見えずケガをしやすくなります。そのため、ぜひ揃えておいてください。

トレッキングルートを考えるには?

photo by Choreograph

photo by Choreograph

観光マップやガイドブックを参考にされるのがいいですが、初心者の場合、所要時間に捉われると大変なことになります。

山の天候に左右されたり道に迷ったりする可能性もあるので、余裕を持ち、落ち着いて行動できるようなスケジュールを計画しましょう。

日帰りの場合、遅くとも15時くらいまでには下山できるように計画するのが安心です。

実際のところ、トレッキングにかかる時間以外に、交通事情によっても大きく左右されます。たとえば山間部ではバスの本数が少なかったり、運行終了が早かったりします。事前の情報収集と確認は万全にしておきましょう。

トレッキング時の歩き方についての注意

上りでは歩幅は狭く、ゆっくりが基本です。歩幅が大きいと、腰やヒザに負担がかかりやすく足を痛めてしまいます。下りでは、前傾姿勢で一歩一歩確実に足を運んでいってください。

上り下りどちらも、靴底が地面にフラットになるように意識して、体重が平均してかかるようにします。この歩き方だと疲れにくいのはもちろんですが、足を踏み外したり転倒したりするのを防ぐことができ、ケガの予防にもなります。

トレッキング初心者におすすめのスポットへ出かけてみよう!

初心者も楽しめるトレッキングスポットを地域ごとにご紹介します♪

【北海道】知床

湖越しの知床連山のダイナミックな展望がみごと!世界自然遺産に指定されている知床は、動植物を観察しながらゆっくりと歩くのがおすすめです。

地上遊歩道は一湖から五湖までを巡ります。知床五湖駐車場から始まる一方通行なので、初めてでも分かりやすく安心です。

5月10日~7月31日はヒグマ活動期なのでご注意を!地上遊歩道は登録ガイドによる引率が必須となります。ちなみに高架木道については自由散策が可能です。

「知床オプショナルツアーズ SOT!」のツアーなら体力に自信の無い方も安心!深い原生林や人があまり足を踏み入れない滝を訪れたり、森に住む動植物の生態も観察できたり、知床の魅力を満喫したい方におすすめです!

季節限定!鮭や鱒を見に行くコースや、流氷を見に行くコースもありますよ♪

■基本情報
・名称:知床オプショナルツアーズ SOT! ネイチャーウォッチング
・集合場所:北海道斜里郡斜里町ウトロ香川67 知床オプショナルツアーズ事務所
・対象年齢:小学1年生~
・所要時間:約1時間45分~
・料金:2,500円~

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では北海道で楽しめるトレッキングツアーをはじめ様々なアクティビティをたくさんご紹介しています!ぜひチェックしてみてくださいね!

【東北】八幡平(はちまんたい)

奥羽山脈の北部、岩手県・秋田県に広がる山々をまとめて八幡平と呼びます。急勾配はほとんど無く、登山道や木道も整備されているので、初心者も気軽にトレッキングが楽しめます。

いくつもの沼や湿原が点在しており、手付かずの自然を堪能できるのが魅力です。また、八幡平エリアには温泉地が多いので、トレッキングの前後に体を休めることができるのも嬉しいポイントです。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では東北地方で楽しめる様々なアクティビティをたくさんご紹介しています!ぜひチェックしてみてくださいね!

【関東】筑波山

photo by 筑波山 | Flickr - Photo Sharing!

photo by Nao Iizuka

日本百名山の中で一番標高が低いので、初心者も挑戦しやすく満足度の高い山です。

筑波山は、標高871mの「男体山」と標高877mの「女体山」から成り、どちらも登山コースが整備されています。ケーブルカーやロープウェイも出ているので疲れてしまった時も安心です。

神秘的な巨石の間をくぐり抜ける人気スポットもあり、心洗われるトレッキングになるでしょう。

筑波山へトレッキングに出かけるなら、一緒にアクティビティも楽しんでみませんか?筑波山を眺めながら大自然を満喫できるツアーがありますよ♪

【アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で筑波山を眺めながら自然を満喫できるアクティビティを今すぐチェックしてみる!】

【甲信越】八ヶ岳

photo by Untitled | Flickr - Photo Sharing!

photo by Ryan McBride

標高3,000m近い八ヶ岳の山々ですが、初心者も楽しめるコースが多数あります。

霧ヶ峰のコースは木道なども整備されており初心者向きです。梅雨どきにはレンゲツツジが咲き誇り、夏はニッコウキスゲが楽しめます。

西岳のコースなら森林浴を楽しめ、頂上に出た時の景色が一気に開けるところが爽快です。

白駒池周辺は駐車場まで整備されており行きやすく、池周辺の散策や紅葉が人気です。

「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選定されている信玄棒道は、緑が美しい自然散策路として人気の林間コースです。信玄棒道のある小淵沢町には温泉もあるのでぜひ立ち寄ってみては?

八ヶ岳にトレッキングに出かけるなら、一緒にアクティビティも楽しんでみませんか?たとえば小淵沢町で楽しむホーストレッキングをはじめ、八ヶ岳を眺めながら大自然を満喫できるツアーがたくさんありますよ♪

【アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で八ヶ岳を眺めながら自然を満喫できるアクティビティを今すぐチェックしてみる!】

【関西・近畿】伊吹山

photo by Untitled | Flickr - Photo Sharing!

photo by arataman

滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山の登山道は道幅が広いところが多く、初心者にもやさしいコースです。途中、伊吹山スキー場のゲレンデを通りますが、視界が開けて見渡す景色が気持ちいいです♪夏には色とりどりの可憐な花々が咲き誇ります。

とくに三合目はゆっくりしていただきたいところです。三合目西側の「高屋」には伝説があり、ヤマトタケルが山の神に出会ったとされています。また、三合目にしか見られないユウスゲの群生や、バードウォッチングのスポットとしても人気です。

伊吹山山頂の景色が手軽に見たい方は、伊吹山ドライブウェイの駐車場からスタートするのがおすすめです。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、関西・近畿地方で体験できるトレッキングツアーをはじめ様々なアクティビティをたくさんご紹介しています!ぜひチェックしてみてくださいね!

【九州・沖縄】屋久島

photo by 屋久島 (Yakushima) deer | Flickr - Photo Sharing!

photo by Peter Enyeart

鹿児島県の離島・屋久島のトレッキングコースは、初心者でも簡単に楽しめるものからあり、満足度の高いトレッキングが可能です。屋久島は非常によく雨が降るスポットなので、絶対に雨対策を万全にして出掛けてくださいね!

「ヤクスギランド」は、アクセス良好な原生林コースで、屋久島でもっとも手軽に屋久島の自然を楽しめます。

「白谷雲水峡」は、映画「もののけ姫」に登場した森のモデルとして有名ですが、トレッキング初心者でも訪れることができます。苔むした木々や豊かな水の流れる森をゆっくり噛みしめながら歩きたい場所です。

【九州・沖縄】西表島

沖縄県の離島・西表島は島の90%を亜熱帯植物が覆う島で、ジャングルトレッキングが体験できます!

沢や滝をめぐったり、マングローブ林をカヤックでクルージングしたり、キャニオニング、ケイビングまで楽しむなど、複数のアクティビティを組み合わせたツアーが特徴。

沖縄以外ではなかなか目にできない南国の自然の中、冒険心かきたてられるトレッキングが楽しめますよ。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、九州・沖縄地方で楽しめるトレッキングツアーをはじめ、様々なアクティビティをたくさんご紹介しています!ぜひチェックしてみてくださいね!

おわりに

初心者のためのトレッキング基本情報をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?初心者でも気軽に安全にトレッキングを楽しめるお手伝いになれば嬉しいです。

川や原生林、森に住む動植物との出会い、名もない湿原に咲く可憐な花々に感動し、心癒されるひととき。ちょっと足をのばせば行けるトレッキングは、想像以上に得られる感動の大きい体験です。

山地での運転や移動はどうしても疲れてしまうもの。ご紹介した疲れにくい装備などの対策はもちろん、無理せず近くで1泊したり温泉を利用したりしながら、楽しいレジャーを過ごしてくださいね。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、全国各地のトレッキングツアーをご紹介しています♪ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

【アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で全国各地のトレッキングツアーを検索してみる!】

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

F.JULI

F.JULI

自然や生き物と触れ合うことが好きです。旅行の計画をするのも好きで、一年に一回は両親も連れて家族旅行をしています。子どもからリタイア世代まで皆さんに楽しんで頂けるきっかけづくりができたら嬉しいです。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび