初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.10.21

新感覚アクティビティ、パドルボート(SUP)の乗り方や楽しみ方とは?

世界で人気急上昇中の「スタンドアップ パドルボード(SUP)」は、大きな専用ボードの上に乗り、パドルを漕いで水上を進む新感覚アクティビティ。SUP人気の理由と、その乗り方、楽しみ方について、初心者の方にもわかりやすく解説します!

英語の頭文字を取って「SUP」とも呼ばれる「スタンドアップ パドルボード(Stand Up Paddleboard)」は、別名「スタンドアップ パドルサーフィン」とも言われ、現在、世界で人気急上昇中のアクティビティ。サーフボードに似た大きな専用ボードの上に乗り、パドルを漕いで水上を進むものです。

SUPが人気を集めている理由と、その楽しみ方、乗り方について、初心者の方にもわかりやすく解説します!

SUPは初心者でも老若男女、誰でもすぐに楽しめる

photo by PIXTOKYO

photo by PIXTOKYO

SUPは海や川、湖はもちろん、池やプールもOKと場所を選ばないうえ、専用ボードはサーフボード以上に大きく浮力が高いため、安定性抜群!

SUPや水上スポーツ、アウトドア・レジャーが初めての方でも、老若男女誰でもすぐに楽しめます。ライフジャケットを着用すれば、泳ぎの苦手な方も大丈夫!

加えて、ランニングなどの有酸素運動と同等のフィットネス効果があり、短時間でもボード上でバランスを取りながら立つことで骨盤付近のインナーマッスルが鍛えられると、女性の注目の的になっています。

ウエストがキュッとくびれたり、ポッコリお腹が解消されるなど、シェイプアップ効果が高いという口コミが続々! 国内外の有名モデルやセレブの間でも話題沸騰中です。

人気急上昇の一番の理由は、バラエティ豊かな楽しみ方!

昨今、SUPの楽しみ方は多様化しており、のんびりクルージングして水上散歩するだけでなく、ボード上でヨガやピラティスをしたり、船では行きづらい場所で釣りを行ったり、当然、波乗りも。

SUPは波がなくても乗れるから、カヌー感覚でパドルを漕ぐだけで楽しいもの。SUPボードはカヌーより小さく軽く、パドルも片側の1本のみを漕ぎますので、軽快で手軽です。

お子様やペットのワンちゃんなどと一緒に、ゆったりタンデム(2人乗り)もできちゃいます!


気軽にできるレジャー、エクササイズとしても楽しめますし、慣れてきたら、高い波に乗ったり、渓流を下るリバーSUPなどなどと、楽しみ方は無限大!

さらには、水上のボードの上に立って見る景色は視点が高く、雄大な自然がひと味違った景色で見られるのも◎。

水辺でマイナスイオンを全身に浴びるヒーリング効果もあり、今までにない様々な水上の遊び方や自然の風景が堪能できるのが、何よりの人気の理由と言えるでしょう。

SUPのパドルの漕ぎ方、バランスの取り方って?

SUPは通常、ボードの上に立って乗るというイメージが強くありますが、実は寝ても座っても、何でもアリ!

しかしながら、SUPを本格的に楽しみたいなら、やはりボードの上に立つことが必要です。

ビギナーはいきなりボードの上で立とうとせず、まずはボード上でバランスを取ることから始めましょう。はじめは正座した状態でボードに乗り、パドルを漕ぐ練習をしながら、SUPに慣れると良いでしょう。

波の穏やかな場所、あるいは静水上でパドルを漕ぐレッスンを行うのがおすすめです。パドルが自分の身体より前にある状態をキープして漕ぐのがコツの1つ。

ボードは安定性が高いとはいえ、初心者はグラグラと揺れているように感じるはず。この不安定さがなくなるようバランスを取るのが、SUPを習得する秘訣です。

SUPの乗り方、ボードの上での立ち方は?

バランスを取ることに慣れてきたら、ボードの上ですぐに立ち上がらず、膝をついた状態でバランスが取れるかをチェック。

うまくバランスが取れていれば、左右どちらかの足から順番にゆっくり立ち上がり、ボードのセンターのラインを中心に均等にまたげばOKです。この時、目線を前方の地平線に合わせて立つと、バランスが取れやすいでしょう。


ボード上で立つことができたら、その後はSUPに慣れれば慣れるほど、スイスイと前進できるようになるでしょう。

上達したら、立つ位置をボードの前方や後方に移動したり、横を向いてサーフィンのように楽しんだり、ターンしたり。SUPの面白さがグングン増していくこと、間違いなしです!

SUPの乗り方を日本語字幕付きで解説した動画などもありますので、ぜひ参考にご覧になってみてはいかがでしょうか。

SUP初心者は、全装備レンタル料&レッスン料込のツアーに参加するのがおすすめ!

SUPは基本的には、一年を通して楽しめるアクティビティです。

ボード上で行うため、冬でも晴天時はそれほど寒く感じることはありません。ウェットスーツを着用すれば、気温・水温が低い時も難なくエンジョイすることができます。

ボードやパドル、リーシュコード(ボードの流れ止め)、ライフジャケットなどの装備は、アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」おすすめのSUP体験ツアーに参加すれば、装備レンタル料込でリーズナブルにSUPが楽しめます。

熟練インストラクターのレクチャーを受ければ、SUPの乗り方、ボードの上での立ち方も瞬く間にマスターできちゃうかも!?

関東は東京の旧中川や逗子、鎌倉、沖縄は青の洞窟、石垣島、宮古島など、美しい海や川、自然が満喫できるSUPツアーが目白押し!

新宿駅・東京駅から30分以内というアクセス至便な場所で手軽に参加できる「Outdoor Sports Club ZAC(ザック) 東京SUP体験」は、例年3月下旬から12月中までの開催で、6歳のお子様から60歳以上のシニア世代まで、ご家族でリバーSUPを楽しめます。

都内からのアクセスも抜群の環境で、まずは1度挑戦してみてはいかがでしょうか!

■ 基本情報
・名称:Outdoor Sports Club ZAC(ザック)「東京 SUP体験」
・集合場所:東京都江戸川区小松川1-7 Outdoor Sports Club ZAC 小松川公園 駐車場
・アクセス:【車】首都高速「小松川IC」から約10分【電車】都営地下鉄新宿線「東大島駅」小松川出口 徒歩約5分
・開催期間:3月下旬~12月(※コースによっては7月中旬〜9月中旬も開催)
・対象年齢:8歳以上
・料金:4500円〜

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、全国各地で楽しめるSUPツアーの詳細を写真付きで紹介しています。

開催場所やツアー会社によって、見どころやポイントは様々!ぜひご自分にぴったりのツアーを探してみてくださいね。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でSUP(パドルサーフィン)のツアーをチェックする

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

yuuko

Yuko.H

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび