初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.8.5

レンタルOK!逗子でスタンドアップバドル(SUP)を体験しよう

イチから用意するとお金がかかるスタンドアップパドル(SUP)。用具をレンタルできるツアーならお得に体験することができます。今回はスタンドアップパドルに必要なアイテムや逗子で体験できるツアーをご紹介します!

photo by pixabay

近年大きく注目を浴びるアクテビティ、スタンドアップパドル(SUP)。サーフボードに乗り、パドルで漕いでゆっくりと水上散歩すれば美しい周囲の風景を楽しむことができます。

今からでも始めたい!と思っても「何を準備すればいいんだろう?」「お金がかかりそう」なんて思ったりしていませんか?

スタンドアップパドルのツアーに参加すれば多くの用品はレンタル可能で安く参加することができますが、中には自分で準備するべきものや持参したほうがよいものもあります。

そこで今回は、スタンドアップパドルツアーでレンタルできるもの、自分で用意しておくものやマリンスポーツが盛んな逗子でのスタンドアップパドル体験ツアーをご紹介します!

スタンドアップパドル(SUP)で用意するもの

photo by pixabay

スタンドアップパドルをするには、主に以下のものが必要になります。

・ボード
・パドル
・リッシュコード(体とボードをつなぐヒモ)
・マリンシューズ or スポーツサンダル
・水着かウェットスーツ
・ライフジャケット or 救命胴衣
・タオル

これらを全部買って揃えるのはお金もかかりますし、試しにちょっとだけやってみたいという人には敷居が高いですよね。

そんなあなたにオススメなのがツアー参加!スタンドアップパドルのツアーに参加すれば、多くのものをレンタルで済ますことが可能です。

レンタルできるもの

photo by PIXTOKYO

photo by PIXTOKYO

スタンドアップパドルで使用するボードはインフレータブルタイプとハードタイプがあります。

ハードタイプは頑丈で安定感もありますが、その分重くかさばって持ち運びづらい難点があります。インフレータブルタイプはハードタイプほど強度はありませんが、使用直前に器具を使ってエアーを入れて使うので、持ち運ぶのが容易だという利点があります。

ハードタイプは主にレースやサーフィンなど本格的に使う用途で使われ、インフレータブルタイプは主にフィットネスや釣りなどレジャーや趣味の用途で使われます。

価格帯はインフレータブルタイプは安いもので数万円、一般的なもので十数万円ほど。ハードタイプはだいたい十数万円ほどの値段で高いものでは二十万、三十万するものもあります。

安価なボードだとしても、ちょっとやってみたいから買ってみる‥‥というには手が出しにくい値段です。

スタンドアップパドルのツアーであれば、ボードやパドルがなんと無料でレンタルできます。

ツアーに参加するのならわざわざボードを買ったり、また現地まで持ってくる必要はありません。気軽に買える値段じゃないからこそ、レンタルで済ませられるのは嬉しいですよね。

また、ツアーでは救命胴衣やウェットスーツといった安全装備もレンタル可能です。救命胴衣はなくても楽しむことはできますが、万一のことを考えると用意したいもの。こういった安全対策も万全です。

タオルやシューズなどもレンタルしてくれるケースが有りますが、そういったもののレンタルはほとんどが有料なので自分で持って行くと安上がりです。

自分で持っていくもの

photo by Caito

photo by Caito

自分で用意するものは装備以外のごく一部になります。水着やタオル、着替えは必ず持って行きましょう。

またサンダルか濡れていい靴も必需品。裸足でもスタンドアップパドルを楽しめないこともないのですが、ボードの上で滑る危険性があるのでちゃんとした靴を用意した方が安全です。

サンダルは普通のビーチサンダルはいけません。普通のビーチサンダルだと脱げてしまって危ないからです。かかとが固定できるタイプのスポーツサンダルを選びましょう。できれば「マリンシューズ」「アクアシューズ」「ウォーターシューズ」と言われるような靴を用意するのがおすすめです。

紫外線防止でサングラスを着用される方もしくは眼鏡着用の方は、眼鏡が海に落ちないようにストラップを付けると良いでしょう。

あったほうがいいもの

夏場は日焼け対策をしていくことをおすすめします。日焼け止めやラッシュガード、帽子(飛ばないようにヒモやストラップ着用)があると良いかもしれません。季節によっては虫除けスプレーも持って行くと便利です。

また、もしもの時のために保険証又は保険証のコピーが必要なツアーもありますので、事前によくチェックしておきましょう。

基本的な持ち物に関しては以上ですが、ツアーの参加前にツアーのホームページや問い合わせで持ち物を確認すると良いでしょう。

逗子の海でスタンドアップパドルを始めよう!

波が穏やかで、天気が良ければ遠くに富士山や江ノ島を見ることができる美しい海、逗子海岸。東京からも近いここはスタンドアップパドルを始めるのにピッタリです。

その逗子海岸でスタンドアップパドルを楽しめる「ウインドサーフィンKaya」の「SUP半日コース」は、初めてのスタンドアップパドルに最適なツアーです。

こちらでは2時間のツアーで、ボードに乗って美しい逗子湾をクルージングすることができます。

こちらのツアーは初心者向け。レンタルできるボードは安定感があるハードボードを使用しており、初心者でも比較的容易にバランスをとることが出来ます。

またパドリングもしっかりと教えてくれますし、体力に自信がなくても疲れたらボードの上で座ったり寝転んだりして休むことも可能。

初心者の方でも思いっきりスタンドアップパドルの魅力を満喫できるツアーです。

レンタル品もボード、パドル、ライフジャケット、ウェットスーツと基本的な装備を全部貸してくれますので、水着やタオルなどの最小限の基本的な荷物で参加できるのも安心ですよ。

■基本情報
・名称:ウインドサーフィンKaya 逗子 SUPクルージング
・コース名:【東京から直通1本!遠浅で波おだやかな逗子の海をSUPクルージング!】 SUP半日コース
・集合場所:神奈川県逗子市新宿2-11-7 ウインドサーフィンKaya
・対象年齢:小学3年生以上
・開催期間:通年
・料金:4,320円~
・所要時間:約2時間

いかがでしたか?

1人でスタンドアップパドルを始めるには色々なものが必要でお金もかかりますが、道具をレンタルできるツアーで始めればもっとお得に体験することができます。ぜひこうしたツアーに参加してスタンドアップパドルを始めてみてくださいね。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、道具一式をレンタルできる全国のスタンドアップパドルツアーを数多く紹介しています。興味がある方はぜひチェックしてみてください!

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

BWMT

BWMT

趣味は自転車と山登りと国内旅行で、よく写真を撮りに出かけます。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび