初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2015.12.20

これからの時期に!東京から日帰り可能な雪イベントまとめ

最近すっかり寒くなり、日本の雪深いエリアでは雪が積もりだしました。年明けには各地で雪のイベントが始まりますが、実は都心からでも日帰りで楽しめる所もあるんです!忙しいからといって、諦めていてはもったいないですよ!早速チェックしてお出かけの予定をたててみてはいかがでしょうか?!
photo by 極地狐

photo by 極地狐

今年も雪の降る季節がやってきました!都内は積雪量が例年少ないため、思いっきり雪で遊ぶことは難しいですが、日帰りできる距離で雪を楽しめるイベントがいくつかあるんです!

今回はそんな楽しい雪遊びのイベントをご紹介いたします!

神田小川町雪だるまフェア

東京から日帰りで雪のある場所に行くよりももっと近くで雪で遊べるイベントがあります。それが、神田で行われる”神田小川町雪だるまフェア”!

今年の1月に開催された雪だるまフェアでは、群馬県の嬬恋村から約80トンもの雪が直送され、東京に居ながらにしてパウダースノーを体感することが出来ました!

神田小川町雪だるまフェアのメインイベントとなる雪だるまコンテストでは、この運ばれた雪を使用してイベント前日に作られた雪だるま達が、当日街に並びます。

審査員が選ぶ最優秀賞・優秀賞の他に、来街者による投票で選ばれる”投票賞”もあるので、観るほうにも力が入りそう!お気に入りの雪だるまにぜひ投票しましょう!

今年は他にも雪を使った、かまくらやそり体験、トレジャーハンティングなど子供達が大喜びのイベントが盛りだくさん!

賑わっています(*^^*)

Posted by 神田小川町雪だるまフェア on 2015年1月17日

群馬のご当地グルメを頂けるフードコーナーや嬬恋村や八丈島の特産品の売店も充実!群馬の温泉地、万座温泉と鹿沢温泉から送られてきた温泉を使用した足湯まで設置され、大人も子供も一日中楽しめる素敵なイベントになりました。

嬬恋村はキャベツの産地で有名です(*^^*)

Posted by 神田小川町雪だるまフェア on 2015年1月17日

今年にも負けない盛りだくさんの内容で楽しめること間違いなしの来年の神田小川町雪だるまフェア!1月に開かれるのが待ち遠しいです!

■ 基本情報
・名称:神田小川町雪だるまフェア
・開催場所:小川広場、靖国通り
・アクセス:JR「御茶ノ水駅」徒歩7分、新宿線「小川町駅」徒歩0分、東京メトロ「新御茶ノ水駅」徒歩3分
・開催期間:2016年1月16日(土)~1月17日(日)
・電話番号:(神田小川町雪だるまフェア実行委員会)03-3295-2868

湯西川温泉 かまくら祭

日帰りで綺麗な雪景色が見たい!という方には日光で開かれる”湯西川温泉 かまくら祭”がオススメ。

湯西川水の郷スノーパークではながーい雪の滑り台や、巨大かまくらなど街中ではなかなか体験できない大規模な雪遊びに大人も子供も大興奮!

さらにメイン会場となる平家の里では、”かまくらバーベキュー”が体験可能!憧れのかまくらの中で、なんと美味しいバーベキューが頂けます。

周辺の商店街各所でも雪のぼんぼりと雪だるまが飾られ、街をあげてのお祭りムード!週末にはこたつが入ったかまくらも登場し、こたつにあたりながら無料サービスの甘酒を頂ける素敵なおもてなしもありますよ!

沢口河川敷にはたくさんのミニかまくらが登場!夜になると一つ一つに明かりが灯され幻想的な風景を作り出します。日本夜景遺産”歴史文化夜景遺産”にも認定されている貴重な夜景。

湯西川温泉のかまくら祭に来たからには絶対におさえておきたいスポットです!

■ 基本情報
・名称:湯西川温泉 かまくら祭
・開催地:栃木県日光市 湯西川温泉街
・アクセス:野岩鉄道湯西川温泉駅から日光交通バス湯西川温泉行き乗車約30分→「本家伴久旅館前」下車徒歩約15分
・開催期間:2016年1月23日(土)~3月6日(日)
・開催時間:9:00~21:00
・電話番号:(日光市観光協会)0288-22-1525
・料金:(平家の里メイン会場)大人510円、子供250円、(湯西川水の郷)大人800円、子供500円、その他会場は無料

いいやま雪まつり

長野の雪深い地域である飯山市。34年前に市民が日ごろ負担に感じている雪を資源として捉え、地域の活性化を図るために始まった”いいやま雪まつり”。

今や毎年の冬の名物イベントとして市をあげて盛り上がるお祭りとなっています。

恒例の人気のイベントは雪像コンテスト!雪まつり期間中に審査があり、優秀な作品には賞状と副賞として賞金が贈られます。中でも大型の部の雪像は迫力満点!雪の芸術作品を間近で楽しむことが出来ますよ!

今年行われた雪まつりではなんとギネスに挑戦も!雪玉を3つ重ねたスノーマンを1時間でどれだけ作れるかという挑戦に地元の人から観光客まで630名の方が参加しました。

結果、1585体という当時の新記録を打ち立て見事、ギネス世界記録(R)に認定されたのです!残念ながら現在は記録を塗り替えられてしまいましたが、大変盛り上がったイベントとなりました!

来年のイベント詳細はまだ未定ですが、今年に負けない楽しいイベントを企画しているはず!

信濃平にてかまくら祭りも同時開催しており、飯山駅より出ているシャトルバスで両方のイベント会場をまわることができます。

来年の飯山の雪まつりも雪を思う存分堪能できるイベントになること間違いなしですよ!

■ 基本情報
・名称:いいやま雪まつり
・開催地:城北グラウンド周辺 〒389-2253 長野県飯山市大字飯山2711-1
・アクセス:東京駅→(長野行新幹線あさま 最速79分)→長野駅→(JR飯山線49分)→飯山駅 ※当日は飯山駅よりメイン会場へのシャトルバス運行(小学生以上200円、2日間乗り放題)
・開催日:2016年2月13日(土)・14日(日)
・電話番号:(いいやま雪まつり実行委員会)0269-62-0156

最後に…

いかがでしたでしょうか?!今回は都心から日帰りで気軽にお出かけできるオススメの雪のイベントについてご紹介いたしました。

「でも見ているだけの雪のイベントだけではちょっと物足りない…」そんなアナタには日帰りもOKの雪で遊べるアクティビティツアーに参加してみては?!

アクティビティの予約ができるサイト「そとあそび」では冬にピッタリの楽しいアウトドアツアーをご紹介しています。

雪まつりに、雪のスポーツも楽しんで今シーズンの冬も思いっきり遊んじゃいましょう!

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

kaneko

kaneko

Outfitterライター。水泳をきっかけにスキューバに関心を持ち、そこからスノーボード、ランニングと陸上に移行。現在はボルダリング、クライミングを勉強中。自分の記事が新しいことに興味を持つきっかけになれたら嬉しいです!

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび