初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.7.14

まだ暖かい!11月の沖縄でシュノーケリング

亜熱帯の島、沖縄では、冬でもシュノーケリングが楽しめます。夏の賑わいが一段落する11月。ゆったり快適に過ごせるこの季節だからこそ、沖縄でシュノーケリングを楽しんでみませんか?

せっかく11月に休みが取れたけど温泉って気分じゃないし……。紅葉を見に山へ出かけるのもいいけど、やっぱり海に行きたい!

そんな海派のみなさん、海は夏だけじゃないですよ!

亜熱帯の島、沖縄では、一年中、冬でもシュノーケリングが楽しめるんです!11月の沖縄は天候も安定しており、最高気温が25度近くになる日もあるほど。風が強かったり、曇りの日は肌寒く感じることもありますが、サンダル履きでも違和感ない暖かさなんです。

また、夏よりも海の透明度が観光客が少なく、ゆったりと旅を楽しむことができるのも、11月の沖縄のいいところ。日程にもよりますが、旅行費用がお手頃になるのも11月から。賢く旅行するにはもってこいの季節と言ってもいいかもしれませんね。

今回は、そんな11月の沖縄で楽しめる沖縄シュノーケリングツアーと、11月ならではの魅力をご紹介させていただきます!

冬の沖縄でシュノーケリングツアーを予約するなら「そとあそび」で!

シュノーケリングって、夏のハイシーズンしか楽しめないもの…という印象をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、冬の沖縄で楽しめるシュノーケリングツアーを沢山ご紹介しております!

日本最大級の琉球菊花サンゴである通称バラサンゴを目にしたり、ウミガメとも高確率で遭遇できる「シーカヤック青年隊 《ボートで行く!》【海亀と大サンゴ礁】シュノーケル 半日ツアー」は、小学3年生以上が対象で3月~11月上旬まで開催。

人気の青の洞窟周辺で美しいサンゴ礁が眺められる「マナエンジョイダイビング 【6歳からOK】さんごのお花畑シュノーケリング」は通年開催しているなど、沖縄ならではの自然を堪能できるシュノーケリングツアーばかりです!

そもそもシュノーケリングって?

シュノーケリングとは、水中で呼吸するためのシュノーケルと専用マスク、フィン(足ひれ)を装着し、海面近くや浅瀬を泳ぎながら、海中の美しい景色を楽しむアクティビティです。

体験以外では「Cカード」というライセンス取得が必要なスキューバダイビングとは異なり、ライセンスや資格が不要なシュノーケリングは、初心者やお子様でも手軽に楽しめるもの。

シュノーケリングの服装は、ウェットスーツやラッシュガード、ライフジャケットを身につけるのが基本スタイルで、泳ぎの苦手な方や体力に自信のない方でも気軽にできるのが、大きな魅力です。

11月の沖縄の気温・水温

photo by HANE Sayaka

photo by HANE Sayaka

11月の沖縄の平均気温は22.5度ほどで、東京の初夏、6月と同じくらい。最高気温は25度近くまで上がる日も! 台風シーズンも過ぎ、晴天率も高く、穏やかな海が広がります。

この時期の平均的な水温も、23~25度程度とまだ高く、ウェットスーツを着用すれば、気持ち良くシュノーケリングが行えます。

日差しには夏の名残が感じられるものの、湿気がなく、快適に過ごせるのも◎。とはいえ、朝晩は肌寒くなりますので、パーカーや薄手のジャケットなど、羽織るものを持っていると安心ですよ。

11月に見られる魚の種類は?

photo by Wikipedia

photo by Wikipedia

11月のシュノーケリングは海中風景も魅力的。ウミウシやイソマグロ、グルクマ(スズキ目サバ科の食用魚)が多く見られるのもこの頃。ウィンターシーズンに出産や子育てのため、沖縄へとやって来る巨大なザトウクジラにも出会えるかも!

400種類を超えるサンゴが生息する沖縄の海では、スズメダイやチョウチョウウオなど、色とりどりの熱帯魚を一年を通して目にすることができます。ディズニー&ピクサーのアニメ映画『ファインディング・ドリー』でも人気のクマノミもいっぱい!

エメラルドグリーンに輝くサンゴ礁の海でカラフルな魚たちが踊るように泳ぐ、夢のような光景が眺められます。沖縄のシュノーケリングツアーでは、水中カメラの貸し出しをしているツアー会社もありますので、写真を撮影したい方は、問い合わせてみてくださいね。

旅行代金ってどれくらい?

photo by freeangle

photo by freeangle

沖縄に出かけるとなると、気になるのがやはり旅費ではないでしょうか。大体の目安になりますが、羽田空港発の4人家族の2泊3日のパッケージツアー(往復航空券+ホテル+レンタカー)で5万円前後と、最も高額な8月の半分程度です。

アクティビティのプランやホテルのランクなどによっても変わってきますが、月を通してツアー代金が安定しており、オフシーズンの11月は、シュノーケリングにも観光にもおすすめの時期。

ただし、祝日11月3日の「文化の日」の並びによって連休ができると、価格が倍の10万円程度まで跳ね上がるので、注意が必要です。

11月の沖縄のイベント


せっかく11月に沖縄を訪れるなら、現地のイベントにも参加したり観光したりしてみてはいかがですか!?

例年10月下旬から11月初旬の日曜に那覇市国際通りで開催される「首里城祭 琉球王朝絵巻行列」をはじめ、冬の沖縄は、見どころのあるイベントが目白押し!

11月下旬の2日間に渡って那覇市の中心街にあるコザゲート通り周辺などで行われる国際色豊かな音楽・芸能イベント「沖縄国際カーニバル」は、約2000人の様々な国籍の人々が東西に分かれ、重さ約10トン、長さ約80メートルの綱を引き合う「国際大綱挽(おおつなひき)」やサンバのパレードなどが見ものです。

他にも、11月中旬から下旬の週末の3日間、那覇市奥武山(おうのやま)公園内の沖縄セルラーパーク那覇で催される地域物産展「離島フェア」や、11月はじめの土日に実施される石垣島最大の祭り「石垣島まつり」といった大きな催事が多数開かれます。

花火美しく、観る人もまた華やかで #年の瀬 #写真で #思い出巡り #読谷まつり #琉装 #花火

Hiroyuki Oshiroさん(@annie_leather)が投稿した写真 –

10月末から11月初旬頃にかけての2日間で執り行われる「読谷まつり」では、約400人の村民が大合唱や大合奏を披露。琉球舞踊や獅子舞、空手の見世物に加え、盛大な花火が熱気溢れる会場をさらに盛り上げます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏の良さも感じられつつ過ごしやすさが増す沖縄の11月。時間帯によっては海をひとりじめできちゃう可能性も!?沖縄の美しい海をゆっくり満喫してきちゃってください♪

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では沖縄で楽しめるシュノーケリング・スノーケリングツアーをたくさん紹介しています。是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

(編集部注*2015年12月20日に公開された記事を再編集したものです。)

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

関連キーワード

ライター

sayakahane

HANESayaka

旅行と海が大好きです。子供と一緒に楽しめるアウトドアに興味があります!

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび