初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2015.9.4

青の洞窟で有名な沖縄恩納村。億首川カヤックツアーで出会える生物まとめ

スキューバダイビングやシュノーケリングで人気の青の洞窟をはじめ、数多くの観光スポットがある沖縄県恩納村。恩納村を流れて太平洋に注ぐ億首川のマングローブ林は珍しい生物の宝庫。億首川のカヤックツアーで見られる生物をまとめてみました!
関連:【青の洞窟カヌー・カヤック

スキューバダイビングやシュノーケリングで人気の青の洞窟をはじめ、数多くの観光スポットがある沖縄県恩納村(おんなそん)。

恩納村を流れて太平洋に注ぐ億首川(おくくびがわ)の河口に群生するマングローブは、まさに生物の宝庫。億首川をカヤックで下るツアーでは、マングローブ林に棲む様々な珍しい生物を観察できます。

今回は億首川のカヤックツアーで見られる生物をまとめてみました!

マングローブとは?

photo by ako

photo by ako

マングローブとは、熱帯・亜熱帯地域の河口など、潮の満ち引きで海水と淡水が混じる場所に生育する植物の総称で、日本では主に沖縄でしか見られない貴重な植生です。

億首川の河口にはメヒルギ、オヒルギなどのマングローブが群生し、干潟(ひがた)やマングローブ植物そのものに棲む様々な生物が観察できます。

オキナワハクセンシオマネキ

億首川のマングローブ林の代表的な生き物であるオキナワハクセンシオマネキは、エビ目スナガニ科に分類されるカニの一種。甲の長さは12mm、甲の幅は18mmほど。

オスが大きなハサミを振って求愛する仕草が、潮が早く満ちるよう「おいでおいで」と招いている姿に見えることから、この名前が付いたそう。

ミナミコメツキガニ

エビ目ミナミコメツキガニ科に分類されるカニの一種で、甲の大きさが約10mmの小さなカニ。潮が引いた干潟の上で、足で体を担ぎ上げたような姿勢でゾロゾロと大群で歩き回ります。カニの多くは横に歩きますが、ミナミコメツキガニは前に歩くのが特徴。

エサは砂泥中のプランクトンなど。歩きながら砂泥をハサミから口に運んで濾(こ)して食べ、その砂をダンゴのようにして足元へ捨てる動作を繰り返します。

サギなどの鳥や大型のカニといった天敵が現れると、逃げこむ巣穴を持たない代わりに、足元の砂泥の中へ自分の体を素早くねじ込む特性をもっています。

ノコギリガザミ

Photo by Daiju Azuma

ワタリガニ科に分類されるカニの総称。甲の長さは約130mm、甲の幅は約200mmにも達し、両方のハサミ脚を広げると70cm以上にも。

マングローブの根元や砂泥干潟などに大きな巣穴を掘ります。英名(mangrove crab、マングローブのカニという意味)は、泥地やマングローブに多く生息することに由来。左右大きさの異なる巨大なハサミの力は強大で、乾電池も潰してしまうほど。

昼は巣穴に潜んでいますが夜は巣穴から出て活動し、満ち潮に乗って波打ち際付近でエサの貝類を食べます。縄張り意識が強く、特にオス同士が鉢合わせると喧嘩をします。

ケガニなどに比べるとメジャーではないものの、食用としても親しまれています。

ミナミトビハゼ

スズキ目ハゼ科トビハゼ属に分類されるハゼ。干潟の泥の上を胸ヒレで這って歩いたり、尾ヒレを使ってジャンプで移動します。カエルのように素早く連続ジャンプする姿は、かなりのご愛嬌。

潮が満ちてくると、水上をジャンプして水際の陸地まで逃げてくる習性があり、名前の由来になったのだとか。

眼球が頭頂部に突き出ていて、同じく干潟の上を這い回るムツゴロウに似ていますが、体長はムツゴロウの半分くらいで大人で10cmほど。

シレナシジミ

二枚貝綱シジミ科の二枚貝「シレナシジミ」。マングローブシジミ、ヒルギシジミとも呼ばれる日本一大型のシジミで、大きいと10cmを超えるものも。

本州や本土のシジミがせいぜい1cm程度であるのに対し、シレナシジミがここまで大型化した理由は、天敵のノコギリガザミから身を守るため、大きく固い殻を持つように進化したのだと考えられています。

外見は食用として食べ応えがありそうですが、中身は意外と少ない上に肉が泥臭くて固く、中国の南方などで食用とされる一方、日本では食用ではあまり好まれていません。

オキナワアナジャコ

Photo by Stemonitis

エビ目オキナワアナジャコ科に分類される甲殻類。左右非対称のハサミ持ち、甲殻は非常に固い。外見がロブスターに似ていて、通常は16~20cm程度の体長ですが、最大30cmにも。

2mもの深さの穴に生息し、夜行性で昼間は巣で休んでいます。穴掘りをして地中深くから有機物をもたらし、マングローブの生態系にとって重要な役割を果たしています。穴の上部に火山のような形の最大3mの高さになるシャコ塚を作り、その塚には様々な動植物、生物が共生しています。

クロサギ

Photo by John feather

コウノトリ目サギ科に分類される鳥類で、全長63cmくらいの中型のサギ。クロサギという名前ですが、体の色は黒色型と白色型の両方がいます。九州以北では黒色型が多く分布していますが、南西諸島では白色型の割合が高くなります。

主に海辺の岩場や珊瑚礁に生息しますが、干潟や河口にいることも。繁殖するための大群は作らず、単独あるいはペアで生活し、昼に活動します。

億首川はバードウォッチングの名所でもあり、カヤックツアー中にこのクロサギ以外にも、カワセミ、サギやシギの仲間などの野鳥も多く見られます。

億首川のカヤックツアーで素晴らしいマングローブの生命の息吹を感じて

マングローブの根は稚魚やカニ、エビなどが安心して暮らせる空間を作り出し、様々な生物の隠れ家となって多様な生態系を守ります。地球温暖化の主要因と言われる二酸化炭素のマングローブにおける吸収量は、日本の一般的な森林の約2倍もの温室効果ガス削減の見込みが。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、億首川で体験できるカヤックツアーの情報を掲載しています。

マングローブ林は、まさしく生命の源。沖縄恩納村・億首川のカヤックツアーで素晴らしい生命の息吹を感じてみませんか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で沖縄恩納村・億首川のマングローブカヤックツアーをチェックする

【関連記事】
沖縄恩納村の絶景スポット「青の洞窟」でシュノーケリングを楽しもう

沖縄本島・恩納村で体験ダイビング!みんなの口コミお教えします!

世界的な注目度!石垣島「青の洞窟」でシーカヤックツアーを体験しよう!

沖縄名護市周辺のシュノーケリングおすすめスポット3選

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

yuuko

Yuko.H

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび