初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

ラフティング体験レポート・特集

ラフティング@ネイチャーナビゲーター 【体験レポート】

ラフティング未経験の二人の運命は?!大激流の春のみなかみ!ネイチャーナビゲーター 【体験レポート】です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ラフティングをネイチャーナビゲーターで体験

  【ラフティング未経験の二人の運命は?!】

雲ひとつない快晴の空のもと、2人の初めてのラフティング体験が始まります。

体験場所は、群馬県の利根川。

日本でも屈指の急流です。

しかも、春は雪解け水が川に流れ込み、

1年で1番エキサイティングなラフティングが楽しめる時期。
今回2人が体験するコースは、

ラフティング+ランチ&温泉がついた「ネイチャーナビゲーター」の1日コース。

ラフティングボートで25kmも川を下るこの時期限定のコースです。(6月末まで)

アウトドアスポーツの経験がほとんどない朝津君と、泳げないと断言する高橋さん・・・。
はたして二人はラフティングを楽しむことは出来るのでしょうか?

さっそく、二人の体験レポートを読んでみよう!!

ネイチャー・ナビゲーター みなかみラフティングのサービス詳細・予約はこちら

2-top

【初めてのラフティング】

当日、目覚ましが鳴る5分前にパチッと目が覚めて、朝5時半には家を出発。
車の中で、初めてのラフティングはどうなることやらと色々想像を膨らませていました。

雪解け水が流れ込む一年で一番水量の多いこの時期に、

未経験の私は大丈夫なのかと、正直とても心配でした。
ゴールデンウィーク真っ只中の今日、

朝早くから渋滞していたにもかかわらず、

集合時間の一時間前には水上に到着。

高速道路を降りてすぐの便利な場所なので、

東京からも、実家の新潟からも、意外と近く感じました。
今日は谷川岳がクッキリ見えるほどの快晴!
とっても自然豊かで空気がおいしく、

桃の花や山桜の、白や濃いピンクの花が

緑に映えていてとてもキレイ。
私が今日下る利根川には遊歩道や公園があり、

ボートから眺める景色に期待が膨らみました。

【一安心】

集合場所に到着してすぐ、『免責承諾書』を記入し保険に加入。
本日参加したネイチャーナビゲーターさんでは、

オープン以来無事故とのこと。
自然相手のこの遊び、何が起こるかわからないので、

少々不安な私に安心感を与えてくれました。

皆が集まって、着替えの説明が始まりました。

私はラフティングの道具は全く持っておらず、

水着以外、何から何まで全部お借りしました。
サイズも豊富に揃っていて、どれもピッタリでした。
寒がりの私が雪解け水の冷たさに耐えられるのか心配でしたが、

ウェットスーツは結構暖かくて、意外と快適でした。

【スタート地点に到着】

ボートのある河原へバスで移動。
インストラクターのHanaさんのトークで、車内の雰囲気も一気に和みました。
河原に着いて、Hanaさんからラフティングについての安全説明が30分程ありました。

ボートの漕ぎ方、川に落ちた人の助け方、

怪我をしないように(させないように)パドルのTグリップは離さない、等々、

覚える事は結構ありました。
大丈夫かなぁ、、ちょっと不安。。
でもその反面、自分達の力で川を下っていくのだ、と実感しました。

【ついにやるぞ!】

いよいよラフティング開始!

怖がっていたのに、なんと先頭の席を選んでしまいました。

かなりの水量で、所々に白波が立っています。

ウェットスーツにスプレージャケット、

ライフジャケットを着込んでいるので暖かいのですが、

ブーツに染み込んでくる水はやっぱり冷たい!
結構波もあって、ボードが上下に揺れています。
緊張の中、一生懸命パドルを漕いでいたら、

インストラクターのKobaさんの

「はい、しゃがんで〜!」

という声の直後に、バシャーン!!

スタート直後から全身に川の水を浴びてしまいました。

テンションがいきなり上がってしまい、

何だか分からないけど笑いが止まりません!

冷たいと思っていた水も、

スプレージャケットがはじいてくれて全然平気です。
とにかく楽しい!

また白波の立ってる所に行きたい!

さっきまで怖がっていたのに、

いつの間にかそんな気持ちになっていました。

最初に先頭の席を選んで良かったかもしれません。

【きれいな景色とランチ】

激流ポイントを過ぎて一息ついていると、

水上の素晴らしい景色が視界に飛び込んできました。
この時期は、雪をかぶった谷川岳と、

川沿いに咲いている桃や桜のピンクの花がとっても綺麗で、

この景色をボートにプカプカ浮きながら優雅に見られるなんて、

贅沢だなぁ、と思いました。
その後、『激流ポイント』と『優雅にプカプカ』を何度か繰り返していたら、

あっという間にお昼の休憩場所の矢瀬公園に着いてしまいました。

「え?もう2時間も経ったの?」とびっくりしていると、

Kobaさんが、15Kmも川を下ってきたのだと教えてくれました。

でも私は一日コースだから、

まだ半分残っている! 嬉しい!

と、内心ほっとしました。
芝生の上で裸足になって青空の下で食べたお弁当は、

本当においしかったです。

暖かいお茶と、無料で借りられるフリースのサービスも嬉しかったです。

【落としちゃえー!】

さあ、午後の部のスタート!

またまた先頭の席を選びました。

水がかかった方が面白いんです、本当に!
後半は少々余裕が出てきたのか、

ロープにあまり捕まらず、

景色もしっかり楽しんでいました。

一年でも最も水量の多い時期ということで、

激流ポイントも多かったのですが、

ボートから落ちることは殆ど無いんだな、

と思いました。
が、少し落ちてみたかった(落としてみたかった)私は、

Kobaさんの巧みなトークで、

落ちても(落としても)いい瞬間をわかり易く教えてもらい、

隣に座っていた男の子を川に突き落としました。

面白かったです。

ガイドさんが教えてくれるポイントでは、

落ちても平気なんだなぁ、

と実感しました。
そんな中、ボート内では落とし合いが始まりました。

私も落ちました(泳げません)が、

ライフジャケットを着ていたので、

全く大丈夫でした。
川に落ちて満足でしたが、その後だんだん寒くなってきました。

この時期落ちたい方は、最後の方で落ちることをお勧めします。

【帰りに温泉に…】

ラフティング終了!

想像以上に楽しかったのと、

この後の温泉!

満足感でいっぱいです。
脇腹や二の腕を引き締めようと

必死にパドルを漕いでいたので、

そこまで寒くはなりませんでしたが、

雪解け水に浸かった体を温泉で暖めている時間は、

本当に格別でした。

【また、チャレンジします!】

最初は、ラフティングは危険で、若い人がやるスポーツ、

などと思っていましたが、全く違いました。

なんといっても、日常の生活から抜け出して、

自然と親しむには最高だと思います。
ボートで優雅に良い景色を眺めつつ、

無理なく全身運動ができるこのスポーツ、

友達や兄弟はもちろん、

両親にも是非お勧めしたい、

と思いました。
夏になると、

川に落ちてラッコのようにプカプカ浮いてしばらく川を下ったり、

7,8mもの高さの岩から川に飛び降りたりと、

今回とは違った楽しみ方があるようなので、

また是非、別の機会にも挑戦したいと思います。

ネイチャー・ナビゲーター みなかみラフティングのサービス詳細・予約はこちら

雪解け、激流ラフティング@水上(みなかみ)に初挑戦!

【え?ラフティング??眠いよ〜】


僕は今まで川であそんだこともあまりなく、

ラフティングといわれてもあまりピンときませんでした。
また僕は面倒くさがり屋で、

ラフティングで色々準備がたいへんそうだし

のんびり花見でもした方が安全で楽しいんじゃないか?

と朝早くて眠いこともあり、

あまりテンションがあがらないまま水上(みなかみ)町に入りました。

 【目パッチリ!】

ところが水上町にはいると急に目がさめました。
とにかく景色がきれい!

空気も美味しい!

僕たちがラフティングに参加したのは5月のあたまで、

山桜・芝桜・桃などなど、

山の木々の緑を下地に色とりどりの花が

とても鮮やかに映えていました。
今まで人生の中で

「空気がおいしい」

なんて感じたことが無いのに、、、

わかるものなんですね!

空気が澄んでいる!

空気が軽い!

そんなこんなで僕のテンションは水上町に入るとガンガンあがっていきました。

【ガイドさんの言うことは聞くもんだ】

集合場所に無事に到着して、

しばらくしてガイドさんから着替えの説明がありました。

この日は快晴で普通に過ごせば汗ばむくらいの陽気でした。

じゃぁ薄着でいいやとおもったら、

ガイドさんが

「今日は雪解け水がいっぱい流れてくるから水は少し冷たく感じる」

と教えてくれました。

そして後でガイドさんのいうことを聞いて

本当によかったと心の底から思いました。

 【バスで移動】


とにかく着替えを済ませてバスに乗り込みスタート地点へ出発!

集合場所からラフティングのスタート地点までは車で20分ぐらい。

移動の間もガイドさんの小話や景色を楽しみました。

【笑顔を忘れるな】

スタート地点に到着しガイドさんから

パドリングの説明、船から落ちたときの説明、

落ちた人の救助の説明などなど

実際にラフティングをやるうえで必要なこと説明してくれました。

口での説明だけでなく、

予行練習のように実際に体を動かしながら

練習させてくれたのでとてもわかりやすかったです。
やっぱり心のどこかで

「船からおちたらどうしよう、溺れたらどうしよう」

という不安があったらしく、

しっかり説明してもらって安心しました。

「落ちても笑顔を忘れるな!」

と何か人生の哲学のようなものまで学びました。

【刺激がほしい!】

集合写真をとりおえていよいよラフティングスタート。

とおもったらいきなりアップダウンが激しいところに突入。

一番前に座っていたこともあり、もろに水を被りました。
しかし最初に水を被ったので逆にふっきれました。
というより遅かれ早かれ水にぬれるんだから

濡れるのを楽しまなくちゃしょうがない!

水の冷たさもなれるうちに全然気にならなくなってきて、

水を被るのが楽しくなってきました。
むしろ水を被れるような激流のほうが面白い!
僕の乗っていた船は、

僕を含めてラフティング初心者ばかりで

パドリングがなかなか上手くいかなかったけど、

それでもガイドさんが上手く誘導してくれて、

できるだけ流れがキツイようなところに連れて行ってもらいました。
一緒に乗っていた女の子達も流れが激しいところに行きたいと言ってたし、

やっぱりみんな刺激に飢えてるんだなぁとしみじみ思いました。

【あっという間に…】

だんだんとラフティングに慣れてきて

景色を楽しむ余裕が出来てきたところで

ランチポイントに到着。

半日コースの人はここで終了。
ここまでで既に約15kmも下ってきており、

水上町のとなりにある月夜野町まできていました。
ラフティングをはじめて2時間も経過してるのに、

やってる本人は気がつかないものなんですね。

目の前の波を越えるのに必死だから

あっという間に時間が過ぎちゃう。
特に今日は雪解け水のお陰で水量が多く流れも早くて、

逆にもうすこし流れが緩くて景色を楽しむ余裕が欲しいくらいでした。
本当にあっという間に終わってしまったから、

半日コースだともの足りなかったかもしれないです。

もちろん僕が初心者だから慣れるまで時間が掛かったせいもあるんですけど。

【お昼ごはんも大満足】

お昼は親水公園という大きな公園で唐揚げ弁当をたべました。

焼きそばまでついていてとても満足しました。

あつがりの僕は日差しが強かったので

芝生に寝転がるだけで十分でしたが、

体が中々温まらない人もいて、

そんな人にはあったかいお茶を出したり、

乾いてあったかいフリースを貸し出してくれたりと、

細かい心遣いがとてもよかったです。

【達成感】

無事にゴールに到着すると目の前はすぐ温泉です。
船から落ちて濡れネズミになっていたのでとても助かりました。

他の人も「ファイナルファンタジー」などで

水をけっこう被っていたので急いで温泉に駆け込んでいました。

温泉側がタオルやシャンプーなど

全てを用意してくれていたのでなんにもいりません。
思えばこのラフティングツアーは

ガイドの人たちなどがウェットスーツやブーツ、

タオルなど全て準備してくれていて、

自分はなにも用意してないなぁ。
と少し温泉につかりながら反省したのですが、

だからこそ面倒くさがり屋の自分が

このツアーを終えることが出来たんだと、

心地よい疲労感と達成感に浸っていました。
綺麗な景色を見て運動をして

最後に温泉に浸かってと、

一日のうちにいろんなアクティビティを

こなすことが出来てとても満足しました。
また夏になれば

川の景色や周りの景色も様変わりすると思うので、

気が向いたらまた手ぶらで気軽に参加したいなぁと思います。

ネイチャー・ナビゲーター みなかみラフティングのサービス詳細・予約はこちら

【ラフティング@ネイチャーナビゲーターのご紹介】

ラフティング暦10年。

1999年〜2001年にかけて日本代表として

ラフティング世界大会にも出場を果たしたとのこと。

■今回参加したサービス
体験コース:ネイチャーナビゲーター 水上ラフティング 1日コース
所要時間:6時間30分ほど
距離:群馬県・利根川の水上〜沼田までの約25kmほど
安全にラフティングを楽しむことにこだわり、

水上でサービスを開始して今シーズンで9年目を迎える老舗。

代表はRAJ(日本リバーガイド協会)の理事を務める。

RAJとは、ラフティングの安全性を高めるために発足した民間団体で、

現在ラフティングのガイド資格を唯一発行する団体とのこと。

ネイチャーナビゲーターのガイドは、全員がRAJのガイド資格を保有している。

(開業以来5万人以上の人が参加したが、保険を摘要するような怪我や事故は皆無とのこと。)

常に決まったコースを下るのではなく、

当日の水量や天候や参加者の体力レベルなどを考え、

日々一番適切と考えられるコースを選択するなど、

状況に合わせた柔軟な安全対策を行っているとのこと。

また、初心者や女性のことを考え、

施設や装備にもこだわっている。

スキー場施設を集合場所として使用しているため、

駐車場にはかなり余裕がある。

トイレや更衣室は広々としており女性には特にうれしい。

ラフティング装備も、

春先の雪解け水でも快適にラフティングを楽しんでもらえるよう、

ウエットスーツの他、ウエットジャケット・スプレイジャケット・

ウェットブーツなど様々なアイテムが用意されており、

気温や天候に合わせ快適な組合せを選択することが出来る。

ネイチャー・ナビゲーター みなかみラフティングのサービス詳細・予約はこちら

【ラフティング紹介の一覧へ】