初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.4.6

必見!那須高原でパラグライダーをするときの持ち物とは?

初めて那須高原でパラグライダーをする際に迷ってしまうのが持ち物と服装のこと。そこで今回は、どんな用意をすればパラグライダーを存分に楽しめるかまとめました。これを読んで知識を蓄えたら、実際にパラグライダーにチャレンジしてみてくださいね!

那須高原は都内から日帰りも可能な距離にあり、雄大な自然と四季折々の美しい景色、温泉を楽しむことができる地域として有名です。

そんな那須でオススメのアクティビティがパラグライダー!実はパラグライダーは初心者でも手軽に体験できるアクティビティなのです。とはいっても、初めてパラグライダーに挑戦するとなると気になるのが持ち物や服装のこと。

今回はこれからパラグライダーにチャレンジする方のために何を用意すればいいのか、また、どういったものがあると便利なのか、KPSパラグライダースクールの那須高原パラグライダー体験ツアーを例に一緒に学んでいきましょう。

パラグライダー体験ってどんなことをするの?

服装について考えるためには、ますどんなことをするのかを知る必要がありますよね。パラグライダーというと、高い山の上から空に飛び立つシーンを想像する方も多いと思います。

しかし、実際の「体験コース」では、飛び立つ前にはパラグライダーを背負って自分の足で芝生の上を走り回ります!着地の際も同じく軽く駆け足しながら着陸するイメージ。

たくさん体を動かしますので、運動するのに適している動きやすい服装を用意するようにしましょう。

トレッキングの服装を参考にしよう

パラグライダー体験をするときの服装で参考にしたいのがトレッキングの服装です。

パラグライダーも野外でのアクティビティなので、転んで擦り傷を作ってしまうことや、不意に木の枝で引っ掻いてしまうことなど予期せぬ怪我をすることもあります。

動きやすさはもちろん、山道での怪我にも配慮したトレッキングの服装はパラグライダー体験の際にもとても参考になります。

基本は長袖・長ズボン!!

基本の服装は長袖・長ズボン!!ケガ防止のためにもなるべく肌の露出が少ないものを用意しましょう。

野外でのアクティビティなので、その日の天候によっては地面が湿っていることや草に水滴が付いていることもあります。汚れてもいい服装を用意して思い切りパラグライダーを楽しみましょう!

なお、KPSパラグライダースクールでは300円でウェアのレンタルも行っています。身軽にパラグライダーを体験したい方はご利用してみてください。

靴はきちんと足を保護してくれるものを!

photo by Pixabay

photo by Pixabay

足下も肌の露出が少なく、きちんと足を保護してくれる運動靴を選びましょう。

靴底が平らな靴は滑りやすく不向きなので要注意!もちろん、運動には向かないハイヒールやサンダル、脱げやすいクロックス等は使えませんのでご注意ください!

KPSパラグライダースクールでは500円でシューズもレンタル可能です。

手袋も忘れずにチェック!

photo by モンベル

photo by モンベル

忘れがちなのが手袋!先ほどもご紹介したように、体験コースでは自分でパラグライダーを操作します。その際にラインとの摩擦で手のひらがすりむけたりすることも…また、汗で手が滑るのを防ぐためにも役立つ上に、転んだ時のケガも防止もしてくれる万能アイテムです。

手のひら部分に皮を使用しているワークグローブやマウンテンバイク用のグローブがベストですが、わざわざ買わなくても軍手で代用できるのでご安心を!KPSパラグライダースクールでは現地で販売もしています。

長い髪の毛は結ぼう!

髪の毛が装備にからみつくと事故の原因になる場合があるので、髪が長い場合はヘアゴムやバレッタなどでにまとめましょう。

その際、ヘルメットを被ることも考慮して、なるべく下の位置でまとめるようにしてくださいね!お団子も控えた方がベターです。

高原の天気って?気になる季節ごとの服装!

那須高原は夏でも気温が30度に届かない場合が多いので涼しく快適に過ごせる反面、汗をかいたあとには急に寒く感じることも…

特に体験コースでは順番を待っている間にじっとしていることも多く急激に寒くなることも予想されるので、温度調整ができるアイテムを持参するとより安心してツアーを楽しむことができます。

夏の場合

photo by モンベル

photo by モンベル

夏でもウインドブレーカーが一枚あると風を避けにもなりますし、急な雨にも対応できるので心強いです。汚れが落ちやすいのも嬉しいポイントです。

冬の場合

冬の場合は暖かい服装を意識しましょう。ダウンやジャケットはもちろん、首元の寒さ対策としてネックウォーマーもおすすめです。マフラーは装備に絡みつくと事故の原因となるので控えましょう。

手袋も軍手より防寒性の高いものがあると安心です。手がかじかんでうまく操作できないということも防ぐことができますよ。

+α あると便利なもの

タオルと着替え

パラグライダー体験をすると服にドロや草の水滴がつくことがありますし、意外と重たいパラグライダーの装備を背負ったまま斜面を駆け下りたり登ったりすると思っていた以上に汗をかいてしまいます。

タオルが一枚あれば安心ですし、着替えがあればパラグライダー後の那須高原観光も存分に楽しめるのでおすすめです。

日焼け止め

photo by Sunny Ripert

photo by Sunny Ripert

障害物のない高度の高い空を飛ぶパラグライダーではかなり日焼けすることが予想されます。

特に晴れた日には日差しがとても強い上に、ウェアで保護していない顔だけ日焼けしてしまうことも…気兼ねなく大空の旅を楽しむためにも用意していきましょう!

ぜひ体験してほしいツアー!

以上がパラグライダーをするときの服装と持ち物についてでした。

パラグライダーについて『どんなことをするのか』『どんな用意が必要なのか』お分かりいただけたでしょうか?少しずつイメージが湧いてきたら、あとは実際にパラグライダーにチャレンジするのみです♪

那須高原でオススメのパラグライダースクールは今回一緒にご紹介した「KPSパラグライダースクール」です!小学1年生から参加が可能で、安心安全にパラグライダー初体験を楽しむことができます。

KPSパラグライダースクールではパラグラダーを自分で操作して空中浮遊を体験する「半日体験コース」や「1日体験コース」と、プロのインストラクターと一緒に大空のフライトを楽しむ「タンデムフライト」コースがあるので興味に合ったものを選ぶことができます。

しかも、アウトドアレジャー専門サイト「そとあそび」から申し込むと料金がお安くなる特典も!!こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

■ 基本情報
・名称:KPSパラグライダースクール
・住所:栃木県那須郡那須町湯本弁天9000那須温泉ファミリースキー場
・アクセス:東北自動車道 那須IC下車30分

まとめ

いかがでしたか?今回はパラグライダーに適した服装と持ち物についてご紹介しました。

心置きなくパラグライダーを楽しむためにもしっかり事前に準備して、パラグライダー初体験を満喫してくださいね!

アウトドアレジャー専門サイト「そとあそび」では、KPSパラグライダースクールでのパラグライダー体験コースを詳しくご紹介しています!

もちろん那須高原以外の場所も多数ご用意しておりますので合わせてチェックしてみてくださいね!

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

ayumi.k

bell

Outfitterライター。育児を通して子どもに自然と触れ合い親しむ機会をあたえたいと思うように。スリル溢れる本格的なアクティビティはもちろん、子どもでも存分に楽しめる「そとあそび」のアクティビティをママ目線でご紹介します。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび