初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.7.22

キャンプ初心者入門!今さら聞けない基本的な疑問を解決します。

キャンプが楽しい季節!興味はあるのにいろんなことが気になって断念してはいませんか?この記事では初心者入門と称して、初歩中の初歩の疑問を解決します!ぜひこれを読んで、この夏はキャンプに出掛けてみては?

キャンプを始めたいけど、道具はどうする?車はないけど電車でも行けるの?キャンプのあとどう過ごす?いろんなことが気になって、始めたいのに先送りになってしまってはいませんか?

この記事では、初心者のあなたのためにキャンプの基本的な疑問にお答えします。これを読んだら、もういつでもキャンプに行けちゃいますよ!

キャンプ場って何があるの?

photo byhoge asdf

photo byhoge asdf

トイレはあるの?水道はあるの?お風呂は?超初歩的な疑問ですが、行ったことがないと設備はどこまであるのか気になりますよね。ここではそんな疑問にお答えします。

トイレ、水道

キャンプ場の中でも、テントなどを持参して車で行くような「オートキャンプ場」という一番シンプルなキャンプ場でも、トイレ、水道があるところがほとんど。

水道の水は飲むことができる場合もありますが、シーズンしか使用していないと錆び臭かったりするので、飲用にはミネラルウォーターを持参するとよいでしょう。

トイレはだいたい屋外にあります。電気は付きますが、夜はテントからの道が真っ暗なので懐中電灯は必須。トイレの中には森の虫たちがいることがありますが、それもキャンプの醍醐味ですね。トイレ設備は場所に寄るので、事前にHPやツイッター情報で調べておくとよいでしょう。

お風呂は?

オートキャンプ場などもコインシャワーなどがあるところが一般的。近隣に温泉施設や、施設内に有料のお風呂を備えているところもあります。こちらも事前に検索するとリサーチできますよ。


夜は暗くなってしまうので、入浴のタイミングとしては、火を起こしてあとは焼くだけといったタイミングがおすすめ。

食事が終わって、片付けをして、と思っているとけっこう遅い時間になってしまいますよ。途中の汗は気にせず、日が沈む前に入って、あとはゆったり過ごすのをおすすめします。

ゴミはどうする?

ゴミは基本的に持ち帰りです。一部のキャンプ場ではゴミ置き場が用意されていたり、缶、瓶、ペットボトルの回収を行っているところもあるようですが、持ち帰るものだと思ってゴミ袋は用意しておきましょう。

最初からゴミが出ないように調理済みのものをジップロックなどに入れてもっていくなど、ゴミを減らす工夫もできます。自然の美観を守るのも、キャンパーの第一歩ですよ。


こういう商品も出ています。初心者を抜けたころに購入したい一品です。

キャンプの道具はどうすればいい?

photo byAndy Arthur

photo byAndy Arthur

キャンプで必要なテント、寝袋、ランタン、テーブル&チェア、コンロなどの調理器具、最初のうちは購入する必要はありません。キャンプ場でのレンタルや、レンタル業者などを上手に利用しましょう。

全国配送も行っている業者さんもあるようなので、旅行先やフェスで使いたい場合にも利用できて便利ですよ。

キャンプ場にはこれらキャンプ用品のすべてをオールレンタルをしてくれるところもあります。なんなら、設営から撤収までやってくれるところさえあるのです。

山梨県にある山ビッグホーンオートキャンプ場では、BBQセット付の手ぶらキャンププランが人気。

テント設営もプロがやってくれるので、きれいに設営されて快適。まだ手のかかる小さなお子様がいるご家庭などには、本当におすすめのプランです。

もちろんテントや装備のレンタルだけというプランもあります。どちらにしても手ぶらでキャンプに行けるのがうれしいですよね。

■基本情報
・名称:ビッグホーンオートキャンプ場
・住所:山梨県甲斐市上芦沢1159
・電話:055-277-0080
・開設期間:4/29~10/10(年によって異なる)
・チェックイン時間:13:00~18:00
・チェックアウト時間:7:00~11:00(レンタルプランは7:00~10:00)
・料金:5300円~/1区画4名の場合 

テントで寝るのはまだ不安。でもキャンプはしたい

そんなあなたにはコテージがおすすめ。コテージはキャンプじゃないと思う本格キャンパーもいるかもしれませんが、そんなことありません。初心者ならぜひ利用して、まずはアウトドアの良さを知ってもらうのが一番なんです。

東京都の秋川渓谷にあるコテージ森林村では、バストイレ付き、冷暖房完備のログハウスのコテージにお泊りできるので、虫や気温を気にすることなく快適に過ごすことができます。

しかもこのコテージ森林村までは、電車とバスだけを利用して行くこともできます。バーベキューセットもレンタルでき、しかも近隣のお肉屋さんから上質なお肉も手配してもらうことも可能!手軽なうえに豪華なBBQを味わうことができますよ。

もちろんホテルや観光地とは違うので、常に自然の音を聞きながら、川で遊んだり、ぼーっと火を眺めたり、家族と団らんしたりして癒されること間違いありません。都会の喧噪を忘れて、ゆっくりとした時間を過ごしてくださいね。

■基本情報
・名称:コテージ森林浴
・住所:東京都あきる野市乙津810
・アクセス:JR五日市線終点、「武蔵五日市駅」から西東京バス(数馬、払沢の滝入口、小岩藤倉行き)約15分『森林村』バス停下車
・チェックイン時間:14:00
・チェックアウト時間:10:00
・休業日:なし(水曜日は併設のレストランは休業)
・料金:2,7000円~/6名利用

車はあったほうがいい?

家からたくさんの荷物を持っていくなら、断然あったほうが楽ちんです。しかし、特に都心にお住まいの方などは自家用車を持たず、必要なときにレンタカーやカーシェアを利用されるご家庭も多いのでは?

ハイシーズンになると予約も取りづらく、道も混んでいるので運転も嫌だなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときにおすすめなのが、電車やバスで行けたり、食材が予約などできるキャンプ場。そんな便利なキャンプ場ってあるの?と疑問に思うかもしれませんが、実は今、そういうキャンプ場増えているんです。

首都圏なら若洲公園キャンプ場、城南島海浜公園、関西圏なら兵庫県のキャンプリゾート森のひとときなどがあります。ぜひ利用してみてくださいね。

関東、関西両エリアの手ぶらで楽しめるキャンプ場をご紹介したこちらの記事も、ぜひ参考にしてくださいね!

初心者にも嬉しい!手ぶらで大丈夫なキャンプ場10選【関東編】
初心者にも嬉しい!手ぶらで大丈夫なキャンプ場10選【関西編】

最低限あると便利なグッズ

手ぶらでOKなキャンプ場でも、持っていくと便利なものをご紹介します。バッグの中に入れてもかさばらないものがほとんどなので、ぜひ参考にしてくださいね。

・チャッカマン
・懐中電灯
・洗面用具
・着替え
・飲用水などの飲み物
・ガスバーナーとカセットコンロ用のガス、小鍋(鍋ややかん等を持参してお湯を沸かしたり、調理ができます)
・パンやカップラーメンなどの軽食
・ウォータージャグ(水汲みにあれば便利、空いた2Lペットボトルなどでも代用できます)

話題のグランピングがしたい

グランピングってご存知ですか?最近ちょっとしたブームになっている、豪華なキャンプのことを「グラマラス」と「キャンピング」を掛け合わせた造語で、「グランピング」といいます。

元々は海外のセレブで人気だったグランピングが日本でも注目を集めているんです。南房総にある白浜フラワーパークは、関東最南端のリゾートキャンプ施設。

アメリカンインディアンの気分を味わえるTIPIという三角のテントは雰囲気満点。キャンプ場には屋内外のプールやハンモックの貸出もありますよ。ぜひ贅沢なキャンプでキャンプデビューをしてみては?

■基本情報
・名称:白浜フラワーパーク
・営業時間:9:00~16:30
・定休日:年中無休
・料金:15,000円~(TIPIキャンプ4名利用の場合)

他にも絶対に押さえておくべき!日本のグランピングスポット16選 の記事が役に立ちます。ぜひグランピングスポットを探す参考にしてみては?

キャンプに行った後は何をすればいい?

意外に早いキャンプ場のチェックアウト時間。テントやレンタル器具を片付けて、荷造りして、そのあとどう過ごすかって意外に盲点なんですよね。でもせっかく自然に触れたのだから、もっと奥深くまで味わってみませんか?

ここではキャンプ地として人気の奥多摩エリアのアクティビティを参考にご紹介。

多摩川で爽快ラフティング

JR青梅線「御岳駅」から徒歩2分のところにあるアウトドア会社「コンセプト」。リバーアクティビティ専門の会社で、初心者から参加できるラフティングツアーを開催しています。

ラフティングとは、ラフトと呼ばれるボートに乗りこみ川下りをする爽快アクティビティ。キャンプ帰りの半日を使って、存分に楽しむことができますよ。

小学5年生から参加することができるので、夏休みの思い出にもなりますね。

■基本情報
・名所:コンセプト 奥多摩(多摩川)ラフティングツアー
・コース名:【7月9日〜9月30日の期間限定】奥多摩(多摩川)ラフティングツアー 半日
・所要時間:約3時間
・集合時間:9:00/13:00
・対象年齢:小学5年生以上(※小学生の参加には保護者の同伴が必要です)
・開催期間:7月9日〜9月30日
・集合場所:東京都青梅市御岳本町265 コンセプトリバーハウス(JR青梅線御嶽(みたけ)駅徒歩2分)
・料金:6,500円~

■基本情報
・名所:コンセプト 奥多摩(多摩川)ラフティングツアー
・コース名:奥多摩(多摩川)ラフティングツアー 半日
・所要時間:約3時間
・集合時間:9:30/13:00
・対象年齢:小学5年生以上 (※小学生の参加には保護者の同伴が必要です)
・開催期間:3月1日~7月8日、10月1日〜11月30日
・集合場所:東京都青梅市御岳本町265 コンセプトリバーハウス(JR青梅線御嶽(みたけ)駅徒歩2分)
・料金:5500円~

いかがでしたか?

道具がなくても、車がなくても、大丈夫!あとはキャンプに行きたい気持ちと一歩踏み出す勇気だけ!ぜひこの機会にアウトドアデビューしてみてくださいね!

レジャー・アクティビティの予約サイト「そとあそび」では初心者から参加できるアクティビティツアーを多数ご用意しています。ぜひこちらもお出かけの参考にしてくださいね。

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

irie kei

irie kei

南国生まれ、島育ち。夏はシュノーケリング、ダイビング、冬はスノーボードとアウトドア大好き。今年は流行りのボルダリングに挑戦予定。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび