初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2015.7.19

気になるスキューバダイビングの費用!このくらい用意しておけば大丈夫!

スキューバダイビングに興味はあるけれど費用が分からず先延ばしになっている人も多いはず!今すぐ始められるスキューバダイビングの費用をご説明します!
関連:【スキューバダイビング
photo by jackmac34

photo by jackmac34

新しいことを始める時、費用がどのくらいというのは気になるポイントですよね。スキューバダイビングも費用が気になり、なんとなく先延ばしになっている人が多いのではないでしょうか?

そんな方々のために、今日は「このくらい用意しておけば大丈夫」というスキューバダイビングの費用についてお伝えします。これでスキューバダイビングの計画もバッチリですね!

スキューバダイビングの費用はコースによって変わる

スキューバダイビングの費用はコースによって異なります。様々なダイビングコースの中で、今日ご紹介するのは「体験スキューバダイビング」と「オープンウォーター・ダイバーコース」。アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で紹介しているダイビングショップ10店を参考にしてお伝えします。

体験スキューバダイビングの概要

体験スキューバダイビングとは、ライセンスを取る前に体験できるコースで、みなさんが今すぐできるスキューバダイビングです。午前か午後のみの半日コースとお昼を挟む1日コースがありますが、コース内容はほとんど変わりません。

コースの流れを簡単に紹介すると、まずスキューバダイビンの基本知識を教えてもらい、浅瀬の水の中で基本スキル練習、準備ができたら実際に海に潜ります。海に潜っている時間は40分程度、休憩を挟んで2本潜るのが定番。このような感じです。

体験スキューバダイビングの費用

体験スキューバダイビングの気になる費用は、上記の流れで10,000〜15,000円です。お昼を挟む場合の食費は含まれていませんが、その他スキューバダイビングに必要なものは全て含まれています。

オープンウォーター・ダイバーコースの概要

オープンウォーター・ダイバーコースは、みなさんが最初に手にするライセンスを取得できるコースで、だいたい3〜4日かかります。

その内容は学科講習、浅い水中での基本スキル練習、実際に海に潜っての講習の3本立て。全て修了したらライセンス申請を行い、後日ダイバーとしての認定証がみなさんの手元に届く、という流れになっています。

オープンウォーター・ダイバーコースの費用

上記のような流れのオープンウォーター・ダイバーコースの費用は、60,000〜85,000円となっています。数日間の講習になるので宿泊費、食費などがこの他に必要な費用となります。

スキューバダイビングの費用はロケーションで変わる

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で紹介しているスキューバダイビングショップは、全て海の近くにあるので上記のような費用になりますが、海なし県のスキューバダイビングショップがダイビングツアーを企画した場合、交通費が加算されるため費用が若干上がります。

例えば、東京都内にあるダイビングショップが体験スキューバダイビングのツアーを組んだ場合17,000〜20,000円台になります。

オープンウォーター・ダイバーコースの費用は、ロケーションによる違いはあまりありません。金額の違いは宿泊費が含まれているか否かが大きなポイントです。

スキューバダイビングコース費用に含まれないもの

スキューバダイビングショップのホームページを覗いてみると、「これ以外に請求させることはありません」とトータル費用を提示しているショップと、「費用に含まれるもの・含まれないもの」という注意書きがしてあるショップがあります。

「もっと費用がかかるの!?」と驚かなくて済むように、スキューバダイビングコース費用に含まれない可能性が高いものをご紹介しておきます!

スキューバダイビングショップまでの交通費

家からスキューバダイビングショップまでの交通費は基本コース費用外です。宿泊先とショップ間の送迎は、コース期間中は費用に含まれていることがほとんどです。

スキューバダイビングコース中の宿泊費

まれに宿泊施設付きのスキューバダイビングショップがありますが、基本宿泊費は別途かかると思っていた方がいい費用です。東京都内発着のツアーが組まれている場合、宿泊費込みの料金設定があるところもあります。

スキューバダイビングコース中の食費

日帰りコースでも宿泊コースでも、スキューバダイビングコース中の食費は基本含まれていません。

スキューバダイビング器材レンタル費用

スキューバダイビング器材のレンタル費用については、しっかり確認することをお勧めします。

スキューバダイビングではたくさんの器材を使用します。器材の種類によっては1日あたりのレンタル費用、もしくはコース期間中のレンタル費用が設定されている物があります。

レンタル費用の追加があってもトータル費用はだいたい前記の金額内です。

スキューバダイビングでのボート使用料

photo by なお

photo by なお

スキューバダイビングで潜るスポットは、ビーチに近いところからボートで行く距離のところまであちこちにあります。ボートを使用した場合別途費用がかかることがあるので、こちらも確認しておくといいですよ!

オープンウォーター・ダイバーコースのテキスト代

スキューバダイビングのライセンス取得コースの場合、テキスト代がコース費用に含まれないものとして別記されていることがあります。また、それに伴いコース修了後のライセンス申請手数料も、別途かかる費用に書かれていることがあります。

いかがでしょうか?スキューバダイビングの計画・費用計算はできそうですか?

スキューバダイビングショップによってはキャンペーンを行っていたり家族(複数)で申し込むと割引になったりと、お財布にやさしい企画がいろいろあります。アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」も含め、スキューバダイビングショップをチェックしてみてください!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でスキューバダイビングショップをチェックする!

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。 小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび